2013年2月アーカイブ

ゆずの効能・成分

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ゆずの栄養価は昔から高い評価を得ていて、風邪の特効薬として重宝されたり、皮を刻んで皮膚に塗ると、アカギレやヒビなどに効くので治療薬としても用いられてきました。
また、昔から冬至にはゆず風呂に入る習慣があります。ゆず風呂に入ると体が温まるそうです。また、無病息災でいられるとも言われています。

ゆずにはビタミンCをはじめ、ぺクチン、クエン酸、リモネン、カルシウム、鉄分、ビタミンA、ミネラルなど、豊富な栄養成分が含まれています。最も多く含まれるビタミンCは、レモンの約2倍、みかんの約4倍、リンゴの約40倍も含まれているそうです。

曽於市のゆず商品を沢山食べて、元気に美しくなりませんか。
  ゆず商品等の問い合せは、曽於市観光特産開発センター(0986-28-0111)へお気軽にどうぞ。

 

   8月中旬のゆず(曽於市)IMG_5989-01.JPG

 

                  10月下旬のゆず(曽於市)

IMG_0750-01.JPG
 

曽於市にゆず三昧料理の店

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市内の食彩亭「磯華」は、ゆずを使った新発売の「ゆず三昧料理」を提供しています。(前日までの予約が必要です)

お手ごろな価格となっておりますので、是非食べにお越し下さい。

曽於市にゆず三昧料理の店

食彩亭「磯華」

住所曽於市末吉町新町1-4-5
電話番号0986-76-0537又は3355
定休日月3回 不定休
営業時間昼:11:00~14:00
夜:17:00~22:00

 

ゆずの収穫・加工体験

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターは、ゆずのPR及び食農教育の一環として、毎年ゆずの収穫・加工体験を行っています。

平成24年は、3回の「ゆずの収穫・加工体験」を行いました。
今回は10月21日(日)に実施した「ゆずの収穫・加工体験」を紹介します。内容は、
  1. ゆずの収穫体験
  2. ゆず料理(ゆず味噌・ゆず焼団子・ゆずジュース)体験
  3. 昼食は磯華にて、新作の「ゆず三昧定食」を味わいました。
参加者は、曽於市の特産品であるゆずについて多くのことを学べたこと、自分達で作ったゆず加工品と料理屋さんのゆず三昧料理を美味しく食べられ大満足でした。
 
 
まず、西留ガイドがゆずの栽培やゆずの特徴等について説明がありました。
ゆず収穫体験

  

ゆずの収穫を楽しむ参加者
ゆずを袋一杯持って帰り、ゆずジャム等の料理に挑戦する人もいました。
ゆず収穫を楽しむ参加者

 

ゆず料理の体験で、ゆず味噌・ゆず焼団子・ゆずジュースを作りました。
ゆず加工を楽しむ参加者

 

曽於市のゆず商品を紹介します

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ゆずの里・曽於市では、様々なゆず商品を販売していますので一部を紹介します。詳細は「そおかいネット」の商品ラィンアップに掲載していますので、ご覧下さい。

㈱メセナ食彩センター

ギフトセット「ゆず吉くん」6本セット
ギフトセット「ゆず吉くん」6本セット

 

ゆずゼリー 8個入り・10個入り・18個入り
ゆずゼリー 8個入り・10個入り・18個入り

 

ゆずノンオイルドレッシング
ゆずノンオイルドレッシング

 

青ゆず胡椒
青ゆず胡椒
赤ゆず胡椒
赤ゆず胡椒

 


川畑菓子舗

 

ゆず最中
ゆず最中

 

ゆずようかん
ゆずようかん

 

曽於市は九州一のゆず生産地

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

ゆずの原産国は中国で、奈良時代に日本に伝来しました。今では、生産量は四国が多いですが、曽於市は九州一の生産地となっています。

曽於市で収穫されたゆずは、大半が(株)メセナ食彩センターで加工され、県内外へ販売されています。

【ゆず商品等の問い合せは】

曽於市観光特産開発センター(0986-28-0111)へお気軽にどうぞ。

色づいたゆず:10月下旬 色づいたゆず:10月下旬 曽於市ゆず祭り 曽於市ゆず祭り

 

 

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • IMG_0750-01.JPG
  • IMG_5989-01.JPG
  • 曽於市にゆず三昧料理の店
  • ゆず加工を楽しむ参加者
  • ゆず収穫を楽しむ参加者
  • ゆず収穫体験
  • ゆずようかん
  • ゆず最中
  • 赤ゆず胡椒
  • 青ゆず胡椒

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。