「田の神様&石橋発見」研修会  【第2回 石橋】

| コメント(0) | トラックバック(0)

    曽於市観光特産開発センターは6月23日、「そお市発掘・盛り上げ隊」・「観光ボランティアガイドの会」・「曽於市でSOO快に暮らSOO会」の会員を対象に、観光ガイドの寺島さんの案内で「田の神様&石橋発見」の研修会を行いました。
今回は第二回で「石橋」です
 

 

 大隅町月野 太田神社鳥居前前橋
     河川名 神社前用水路  、架設年  不明(鎌倉時代?)2807.04-0719-001.JPG

 

 

  大隅町岩本  岩本橋
     河川名 月野川 、 架設年1916年(大正5年)
     橋の上はコンクリート舗装され、手作りの手摺りも現在も使われています280704-0723-002.JPG

 

 

 

  県道68号の志布志に向かう途中  市柴橋
       河川名 菱田川 、架設年1906年(明治39年)
       車が走っているように見えますが、車は並行して作られた別の橋を
   走っています(市柴橋は現在は使われていません)28.07.04-0733-003.JPG

 

 

  末吉町宮原   霜月田橋
      河川名 菱田川 、架設年1932年(昭和7年)
  「総工費2046円」と記されています(現在のお金に換算すると・・・)280704-0743-004.JPG

 

 

 財部町北俣  西ノ村バス亭近く  桜木橋
     河川名 後川 、架設年 1949年(昭和24年)
   現在も使われている
28.07.04-0768-005.JPG

 

 

    財部町下財部 夏木バス亭より入る 夏木橋
       河川名  吉ケ谷川  、架設年1913年(大正2年)
       現在も使われている280704-0786-006-001.JPG
 

「田の神様&石橋発見」研修会  【第1回 田の神様】

| コメント(0) | トラックバック(0)

  曽於市観光特産開発センターは6月23日、「そお市発掘・盛り上げ隊」・「観光ボランティアガイドの会」・「曽於市でSOO快に暮らSOO会」の会員を対象に、観光ガイドの寺島さんの案内で「田の神様&石橋発見」の研修会を行いました。

 田の神は、南九州独特の文化で旧薩摩藩領のみに分布している全国的にも珍しい石像の神様です。江戸中期頃より、五穀豊穣・豊年豊作を願い、農民を中心に祀られ、今日まで約300年近く引き継がれた民族文化財です。現在、一番多い市町村はえびの市で140体、曽於市では138体が確認されています。
田の神は、一般的な特徴として、農民型・神官型・僧侶型があります。そして、女性の神様・ほこら型や自然石や文字の刻字のみの神様もあります。
 

大隅町の太田神社、1906年(明治39年)作成、僧侶型
  目・鼻・口がはっきりしており杓子・スリコギ共にしっかり握りしめている2016.7.3-715-001.JPG

 

 大隅町月野 広津田、1847年(弘化4年)作成、僧侶型
  高さ140㎝(台含む)幅85㎝あり、田の神としては大きな田の神さあ

2016.7.3-5312-002.JPG

 

           道路を挟んだ隣の田んぼでは、農家の方が作業されています2016.7.3-0727-003.JPG

 

 久しぶりの天気で、近くの保育園より、ちっちゃな園児がリュックを背負って
 歩いてきました。(リュックは、おやつ?お弁当でしょうか)2016.7.3-0731-004.JPG

 

   末吉町山中顕彰館敷地内 1769年(明和6年)作成、神官型
        大淀川を見るように立っている立派な田の神さあ2016.7.3-0749-005.JPG

 

    部町南俣新田  1930年(昭和5年)作成、僧侶型
        寺島ガイドによる説明 
      台を含めて150㎝、台の前には3個の米俵が彫られている2016.7.3-0754-006.JPG

 

              財部町七村  作成不詳、農民型
            自然石による石垣で囲まれて祀られている
          横に小型の田の神がある。作成不詳、僧侶型2016.7.3-0765-007.JPG

 

 財部町北俣苅原田公民館敷地内  1811年(文化8年)作成、武将型
  怒ったような表情や仕草をした力強い田の神さあ
   この田の神は伊集院方面の小山田口から来たことが背部に彫られている2016.7.3-0776-008.JPG

 

  財部町大川原 北地区公民館敷地内 1780年(安永9年)作成、僧侶型
     完全彩色の田の神で、毎年六月灯のころに彩色するとのこと2016.7.3-0790-009.JPG


 

ブルーベリー収穫体験の参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

  今年もブルーベリーの美味しい季節となりました。そこで曽於市観光特産開発センターは、毎年恒例のブルーベリー収穫体験を計画しました。
このブルーベリーは、アルカリ性食品でかつ、ビタミンCや視力改善効果のあるアントシアニン等が豊富であることから人気が高まっています。
 たくさんのご参加をお待ちしております。

 

  日  時:7月6日(水) 9時10分~
       7月12日(火) 9時10分~
  集合時間:9時00分
  集合場所:曽於市観光特産開発センター(道の駅すえよしの敷地内)
  料  金:参加費600円
       (食べ放題=300gは自分で収穫して持ち帰り)
       お持ち帰りは 1kg:1,300円
 
※ 事前にお申し込みが必要です。
  参加希望の方は、各日前日までに下記までご連絡下さい。

 

 

                           お問い合わせ・申込み先
                                曽於市観光特産開発センター
                                  電 話:0986-28-0111
                                  FAX:0986-79-1147

2016_06_24-IMG_7986.JPG

防災研修会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 6月1日 曽於市観光特産開発センターでは、梅雨に入る前に防災についての話を「曽於市役所危機管理監の江崎氏」を講師にお招きして「防災についての研修」を行いました。自分達の居る場所がどのような地形になっているかをまず知ることが大切であり、また正常化の偏見を持たず、常に危機感を持って対応する事等色々と勉強になりました。これからも研修を重ねて、安全に案内ができるように努めて行きたいと思いました。


 ※気象庁ホームページの「土砂災害警戒判定メッシュ情報」で、大雨警報が発表された時に土砂災害発生の危険度が高まっている詳細な領域を把握することが出来ます。ご参考までに。

 

2016_06_01-IMG_0500.JPG

「どろんこ祭りツアー」が行われました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市は旧末吉町、大隅町、財部町が合併して今年で10周年になった記念として、第1回目の「曽於市どろんこ祭り」が、財部温泉健康センター横の田んぼで5月29日に開催されました。それに伴い曽於市観光特産開発センターはツアーを企画して、鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)さんが鹿児島市内からツアーのお客様を連れて来てくださいました。 今回のツアーの内容は「どろんこ祭り」の見学と毎回大人気の旬の野菜の収穫や、ナンチク直売所の見学など今回も見所満載のツアーを行いました。


      人気のトマト収穫体験
      みなさん思い思いに試食しながらトマトやナスを摘み取っていました2016_05_29-002.JPG

 

                          ナスもたわわに実って美味しそうですね~2016_05_29-005.JPG

 

                            場所が変わってどろんこ祭り会場です
                            応援の観客も多く大変賑わっています2016_05_29-015.JPG

 

        身体中泥だらけになりながら、どのチームもファインプレーでした2016_05_29-064-01.JPG

 

                               こちらは尻相撲
                           子供達が一生懸命頑張りました2016_05_29-084.JPG

 

                     どろんこバレーの決勝戦です
                     どのチームも強くて見てる側も力が入りました2016_05_29-114.JPG

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • sakura20180926-0003.JPG
  • sakura20180926-0002.JPG
  • sakura20180926-0001.JPG
  • 20180921-0003.JPG
  • 2010921-0002.JPG
  • 20180921-0001.JPG
  • 2017.6.17-2018.01.08-001.JPG
  • 20180102-4651-005.JPG
  • 20180102-4646-004.JPG
  • 2010102-4643-003.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。