台湾と曽於市の文化交流(呂さん一行第1回)

| コメント(0) | トラックバック(0)

  

 1月20日~24日、台湾から六家族19名に曽於市にきて頂きました。
初日は,鹿児島空港でお出迎え、道の駅たからべ(きらら館)で昼食、霧島神宮、溝ノ口洞穴のプチ探検や市長を表敬訪問、歓迎交流会を行いました。

 

  霧島神宮ではたまたま結婚式があり、白無垢姿の花嫁さんに,羽織袴の
  花婿さんを見られて感激でした20170211-0001.JPG

 

   溝ノ口洞穴でプチ探検です。全員注目、何が見えるのでしょうか?20170211-0004.JPG

 

    溝ノ口洞穴(よこ13.8m、高さ8.6m)前ではいチーズ20170211-0004-1.JPG

  

            市長を表敬訪問です20170211-004.JPG

 

 

   この後、宿泊するメセナ温泉に移動し、美味しい料理で歓迎会です20170211-0005.JPG

「市川本古事記 天語り」の開催について

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市には神話の伝承地があり、神話の中に出てくる「檍(あおき)」などの地名も末吉町に残っています。今年度から初めて曽於市内外の方々に末吉町南之郷古事記伝説を知って頂きたく、古事記の世界を表現した女優柴田美保子氏による「天語り」を開催する事となりました。
 国産み、神産みの夫婦神・イザナギとイザナミの物語をマークエステル氏の絵をスクリーンに投影し、語りと絵、踊りや音楽で伝えます。
 なお、当日は栄楽公園にて「そお市民祭」も開催されておりますので、どちらの会場にもお足をお運びくださいますよう宜しくお願い申し上げます。

 


 開催日 :平成28年11月13日(日)
 開  場 :10時00分~
 開  演 :10時15分(終了予定11時15分)
 場  所 :曽於市末吉総合センター 大研修室
 ※入場無料

 

 

                     【お問い合わせ先】
                      曽於市観光特産開発センター            
                        古事記天語り実行委員会
                         0986-28-0111古事記(表)-01.png

 

古事記(裏)-01.png

投谷八幡宮ツアーの参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

 大隅町にある投谷八幡宮は、曽於市で唯一の県指定文化財となっている貴重な神社です。また、鳥居から下ったところに神社がある珍しい神社でもあります。
 この投谷八幡宮で市指定無形文化財である豊年(ほぜ)祭が開催されます。この時行われる浜殿下りの神事は、弥五郎どん祭りの浜下りの原形との説もあります。
 この他、投谷八幡宮の敷地内に不思議な2つの大石を祀った石體(しゃくたい)神社があります。この神秘的な石體神社を知って欲しいものです。
 このため、投谷八幡宮、豊年祭、石體神社の素晴らしさを多くの人に知って頂きたいことから、投谷八幡宮ツアーを次のとおり企画しました。多くの参加をお待ちしています。

                                   (問い合わせ・申込先)
                                     曽於市観光特産開発センタ-
                                           電話  0986-28-0111

日 時       10月16日(日)   9時から12時30分
場 所       投谷八幡宮(大隅町大谷)                                    
内 容       投谷八幡宮、豊年祭(秋祭り)、石體神社
集合時間     8時40分 
集合場所     投谷八幡宮
料 金       1,000円(弁当・お茶・保険・資料・ガイド料)
申込み       事前申し込みが必要です
その他    甘酒の振る舞いあり 


   
             豊年祭(秋祭り)の様子IMG_0687-01.JPG
 

「田の神様&石橋発見」研修会  【第2回 石橋】

| コメント(0) | トラックバック(0)

    曽於市観光特産開発センターは6月23日、「そお市発掘・盛り上げ隊」・「観光ボランティアガイドの会」・「曽於市でSOO快に暮らSOO会」の会員を対象に、観光ガイドの寺島さんの案内で「田の神様&石橋発見」の研修会を行いました。
今回は第二回で「石橋」です
 

 

 大隅町月野 太田神社鳥居前前橋
     河川名 神社前用水路  、架設年  不明(鎌倉時代?)2807.04-0719-001.JPG

 

 

  大隅町岩本  岩本橋
     河川名 月野川 、 架設年1916年(大正5年)
     橋の上はコンクリート舗装され、手作りの手摺りも現在も使われています280704-0723-002.JPG

 

 

 

  県道68号の志布志に向かう途中  市柴橋
       河川名 菱田川 、架設年1906年(明治39年)
       車が走っているように見えますが、車は並行して作られた別の橋を
   走っています(市柴橋は現在は使われていません)28.07.04-0733-003.JPG

 

 

  末吉町宮原   霜月田橋
      河川名 菱田川 、架設年1932年(昭和7年)
  「総工費2046円」と記されています(現在のお金に換算すると・・・)280704-0743-004.JPG

 

 

 財部町北俣  西ノ村バス亭近く  桜木橋
     河川名 後川 、架設年 1949年(昭和24年)
   現在も使われている
28.07.04-0768-005.JPG

 

 

    財部町下財部 夏木バス亭より入る 夏木橋
       河川名  吉ケ谷川  、架設年1913年(大正2年)
       現在も使われている280704-0786-006-001.JPG
 

「田の神様&石橋発見」研修会  【第1回 田の神様】

| コメント(0) | トラックバック(0)

  曽於市観光特産開発センターは6月23日、「そお市発掘・盛り上げ隊」・「観光ボランティアガイドの会」・「曽於市でSOO快に暮らSOO会」の会員を対象に、観光ガイドの寺島さんの案内で「田の神様&石橋発見」の研修会を行いました。

 田の神は、南九州独特の文化で旧薩摩藩領のみに分布している全国的にも珍しい石像の神様です。江戸中期頃より、五穀豊穣・豊年豊作を願い、農民を中心に祀られ、今日まで約300年近く引き継がれた民族文化財です。現在、一番多い市町村はえびの市で140体、曽於市では138体が確認されています。
田の神は、一般的な特徴として、農民型・神官型・僧侶型があります。そして、女性の神様・ほこら型や自然石や文字の刻字のみの神様もあります。
 

大隅町の太田神社、1906年(明治39年)作成、僧侶型
  目・鼻・口がはっきりしており杓子・スリコギ共にしっかり握りしめている2016.7.3-715-001.JPG

 

 大隅町月野 広津田、1847年(弘化4年)作成、僧侶型
  高さ140㎝(台含む)幅85㎝あり、田の神としては大きな田の神さあ

2016.7.3-5312-002.JPG

 

           道路を挟んだ隣の田んぼでは、農家の方が作業されています2016.7.3-0727-003.JPG

 

 久しぶりの天気で、近くの保育園より、ちっちゃな園児がリュックを背負って
 歩いてきました。(リュックは、おやつ?お弁当でしょうか)2016.7.3-0731-004.JPG

 

   末吉町山中顕彰館敷地内 1769年(明和6年)作成、神官型
        大淀川を見るように立っている立派な田の神さあ2016.7.3-0749-005.JPG

 

    部町南俣新田  1930年(昭和5年)作成、僧侶型
        寺島ガイドによる説明 
      台を含めて150㎝、台の前には3個の米俵が彫られている2016.7.3-0754-006.JPG

 

              財部町七村  作成不詳、農民型
            自然石による石垣で囲まれて祀られている
          横に小型の田の神がある。作成不詳、僧侶型2016.7.3-0765-007.JPG

 

 財部町北俣苅原田公民館敷地内  1811年(文化8年)作成、武将型
  怒ったような表情や仕草をした力強い田の神さあ
   この田の神は伊集院方面の小山田口から来たことが背部に彫られている2016.7.3-0776-008.JPG

 

  財部町大川原 北地区公民館敷地内 1780年(安永9年)作成、僧侶型
     完全彩色の田の神で、毎年六月灯のころに彩色するとのこと2016.7.3-0790-009.JPG


 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 20171031-0003.JPG
  • 201710-0003.JPG
  • 20171031-0002.JPG
  • 20171031-0001.JPG
  • 20170928-4231-0005.JPG
  • 20170928-4219-0004.JPG
  • 20170928-4230-0003.JPG
  • 20170928-4216-0002.JPG
  • 20170928-4214-0001.JPG
  • manngo-20170713-001.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。