観光情報

 末吉町にある社会就労支援センター「のどか園」さんでは、社会福祉活動として、季節の野菜・果樹・ハーブ・季節の花等の農園生産、農産加工、レストラン等の幅広い事業が行われています。
 今回は、のどか園の見学・収穫体験、自家製のマンゴーを使ってドライフルーツ作り、その後イタリアンランチ・マンゴー食べて、ゆっくり過ごしませんか。ドライフルーツはお土産です。
 定員を少人数のグループとさせて頂きますので、早めのお申し込みをお願いします。

 


                お問い合わせ・申込み先
                  曽於市観光特産開発センター
                   電 話 0986-28-0111
                   FAX 0986-79-1147

  日     時:7月20日(木)10時30分~13時
  日     時:8月2日(水) 10時30分~13時
  開 催 場 所:のどか園
  内     容:①マンゴーのティータイム ②ドライフルーツ作り
          ③イタリアンの昼食④マンゴー農園の見学
  料     金:1,800円(材料費・昼食・保険・ガイド料)
  定     員:各10名(事前申込み必要)
  集 合 場 所:のどか園
  集 合 時 間:10時15分

         ※持参する物:エプロン、三角巾
         ※ドライフルーツは乾燥に12時間かかるため、
          持ち帰りは翌日になります。

manngo-20170713-001.JPG

  曽於市でブルーベリー収穫体験を計画致しました。
このブルーベリーは、アルカリ性食品で、かつビタミンCや視力改善効果のあるアントシアニン等が豊富であることから、人気が高まっています。
 沢山の参加をお待ちしています。

 

 日  時:7月5日(水) 8時30分~
                  7月11日(火) 8時30分~
  集合時間:8時20分
  集合場所:曽於市観光特産開発センター(道の駅すえよしの一角)
  料  金:参加費600円(食べ放題=300gは自分で収穫して
       持ち帰り)
       お持ち帰りは 1kg:1,300円
   
    ※ 事前申し込みが必要です。
      参加される場合は、各日前日までにご連絡下さい。
   
                             
                             
                             
                             
                              お問い合わせ・申込み先
                                   曽於市観光特産開発センター
                                    電 話:0986-28-0111
                                    FAX:0986-79-1147
 
 

 曽於市観光特産開発センターは、今人気の「そば打ちの講習会」を企画いたしました。 
  つなぎなしの細くて長いそば打ちに挑戦して頂きたいことから、
そば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、細くて長い生粉打ちのそばに挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お持ち帰り(保冷バックを忘れずに)
皆様の参加をお待ちしています。

            お問い合わせ・申込先  
                              曽於市観光特産開発センター
                  電 話:0986-28-0111
                                      FAX:0986-79-1147
                                       
 1.日 時     6月17日(土)10時~13時 
 2.場 所    曽於市大隅農産加工センター
            電話 099-482-5928
    3.内 容        つなぎなしの10割そば打ち
    4.昼 食    ①手作りそば(食べ方は当日のお楽しみ)
 5.料 金        1,300円/人(昼食・保険等)
 6.定 員        先着20人(事前申し込み必要)
 7.主 催        曽於市観光特産開発センター
          グリーンツーリズム協議会
 8.集合場所   曽於市大隅農産加工センター
           (大隅町の昭南病院の近く)
 9.集合時間   9時45分
10 .申込先        曽於市観光特産開発センター                 
11.準備するもの  三角巾・エプロン・保冷バックsobauti-20170606.jpg

 さわやかな新緑の季節、豊かな大自然の森・渓谷・滝に肌で触れてみませんか。気持ちの良いマイナスイオンがたっぷり、きっと身も心も癒される気持ちの良い散策になると思います。
 散策は、植物に詳しい國武氏が説明しながら、案内致します。新たな発見を求めてご参加下さい。沢山のご参加をお待ちしております。
散策後は、特製弁当を楽しんで頂きます。

                  


  お問い合わせ・申し込み先
                                   曽於市観光特産開発センター
                                   電話 0986-28-0111
                                   FAX 0986-79-1147

日 時    6月10日(土) 9時~13時    
場 所        悠久の森、(大川原峡、)桐原の滝
集合時間   8時45分
集合場所   大川原峡キャンプ場 管理棟
参加料    1,100円(弁当・保険・ガイド料)
定 員        30名(事前申込みが必要)


 ※歩きやすい靴、服装でお願い致します。yuukilyuunomori-0002.JPG


 

そば打ち講習会の参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

   曽於市観光特産開発センターは、今人気の「そば打ちの講習会」を企画いたしました。 
  つなぎなしの細くて長いそば打ちに挑戦して頂きたいことから、
そば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、細くて長い生粉打ちのそばに挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お昼に召し上がれます。
皆様の参加をお待ちしています。

            お問い合わせ・申込先  
                                曽於市観光特産開発センター
                    電 話:0986-28-0111
                              FAX:0986-79-1147

                                       
   1.日 時     4月20日(木)10時~13時 
   2.場 所    曽於市大隅農産加工センター
              電話 099-482-5928
    3.内 容        つなぎなしの10割そば打ち
    4.昼 食    ①手作りそば(食べ方は当日のお楽しみ)
   5.料 金        1,300円/人(昼食・保険等)
   6.定 員        先着20人(事前申し込み必要)
   7.主 催        曽於市観光特産開発センター
            グリーンツーリズム協議会
   8.集合場所   曽於市大隅農産加工センター
             (大隅町の昭南病院の近く)
   9.集合時間   9時45分
  10 .申込先        曽於市観光特産開発センター                 
  11.準備するもの  三角巾・エプロン
 

20170407-0001.JPG

 曽於市と都城市は、霧島ジオパークを知って頂くため、次のとおり霧島ジオパーク・ウォーキングを開催します。大川原峡から関之尾滝までの12kmを、観光ガイドと一緒に地質や植物を観察しながら散策します。沢山の参加をお待ちしています。

            

            お問い合わせ・申込み先(鹿児島県の人)
                  曽於市観光特産開発センター
                                    電 話  0986-28-0111
                             お問い合わせ・申込み先(宮崎県の人)
                                    (一社)都城観光協会
                                    電 話  0986-23-2460

1.日 時      4月22日(土) 9時~15時
                     雨天の場合は中止

2.場 所      大川原峡、桐原の滝、三連轟、溝ノ口洞穴、関之尾滝
3.参加料   1,500円(弁当、豚汁、保険・ガイド料等)
4.主 催      曽於市観光特産開発センター、曽於市、
       都城観光協会、都城市
                     霧島ジオパーク活性化会議
5.定 員       先着40人(鹿児島県・宮崎県各20人)
6.集合場所    大川原峡キャンプ場(鹿児島県の人)
                  滝の駅(宮崎県の人)
7.集合時間 8時40分(鹿児島県の人)
                   8時10分(宮崎県の人)
8.申し込み     事前予約必要(先着順)

                     注:歩きやすい服装と飲み物持参でご参加下さい。

 20170315-00001.JPG

投谷八幡宮ツアーの参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

 大隅町にある投谷八幡宮は、曽於市で唯一の県指定文化財となっている貴重な神社です。また、鳥居から下ったところに神社がある珍しい神社でもあります。
 この投谷八幡宮で市指定無形文化財である豊年(ほぜ)祭が開催されます。この時行われる浜殿下りの神事は、弥五郎どん祭りの浜下りの原形との説もあります。
 この他、投谷八幡宮の敷地内に不思議な2つの大石を祀った石體(しゃくたい)神社があります。この神秘的な石體神社を知って欲しいものです。
 このため、投谷八幡宮、豊年祭、石體神社の素晴らしさを多くの人に知って頂きたいことから、投谷八幡宮ツアーを次のとおり企画しました。多くの参加をお待ちしています。

                                   (問い合わせ・申込先)
                                     曽於市観光特産開発センタ-
                                           電話  0986-28-0111

日 時       10月16日(日)   9時から12時30分
場 所       投谷八幡宮(大隅町大谷)                                    
内 容       投谷八幡宮、豊年祭(秋祭り)、石體神社
集合時間     8時40分 
集合場所     投谷八幡宮
料 金       1,000円(弁当・お茶・保険・資料・ガイド料)
申込み       事前申し込みが必要です
その他    甘酒の振る舞いあり 


   
             豊年祭(秋祭り)の様子IMG_0687-01.JPG
 

  今年もブルーベリーの美味しい季節となりました。そこで曽於市観光特産開発センターは、毎年恒例のブルーベリー収穫体験を計画しました。
このブルーベリーは、アルカリ性食品でかつ、ビタミンCや視力改善効果のあるアントシアニン等が豊富であることから人気が高まっています。
 たくさんのご参加をお待ちしております。

 

  日  時:7月6日(水) 9時10分~
       7月12日(火) 9時10分~
  集合時間:9時00分
  集合場所:曽於市観光特産開発センター(道の駅すえよしの敷地内)
  料  金:参加費600円
       (食べ放題=300gは自分で収穫して持ち帰り)
       お持ち帰りは 1kg:1,300円
 
※ 事前にお申し込みが必要です。
  参加希望の方は、各日前日までに下記までご連絡下さい。

 

 

                           お問い合わせ・申込み先
                                曽於市観光特産開発センター
                                  電 話:0986-28-0111
                                  FAX:0986-79-1147

2016_06_24-IMG_7986.JPG

 曽於市は旧末吉町、大隅町、財部町が合併して今年で10周年になった記念として、第1回目の「曽於市どろんこ祭り」が、財部温泉健康センター横の田んぼで5月29日に開催されました。それに伴い曽於市観光特産開発センターはツアーを企画して、鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)さんが鹿児島市内からツアーのお客様を連れて来てくださいました。 今回のツアーの内容は「どろんこ祭り」の見学と毎回大人気の旬の野菜の収穫や、ナンチク直売所の見学など今回も見所満載のツアーを行いました。


      人気のトマト収穫体験
      みなさん思い思いに試食しながらトマトやナスを摘み取っていました2016_05_29-002.JPG

 

                          ナスもたわわに実って美味しそうですね~2016_05_29-005.JPG

 

                            場所が変わってどろんこ祭り会場です
                            応援の観客も多く大変賑わっています2016_05_29-015.JPG

 

        身体中泥だらけになりながら、どのチームもファインプレーでした2016_05_29-064-01.JPG

 

                               こちらは尻相撲
                           子供達が一生懸命頑張りました2016_05_29-084.JPG

 

                     どろんこバレーの決勝戦です
                     どのチームも強くて見てる側も力が入りました2016_05_29-114.JPG

 新緑の目映い季節である5月11日に、曽於市観光特産開発センターは「新緑の悠久の森・桐原の滝ウォーキング」を企画し行いました。
 寺島ガイド案内のもと、豊かな大自然の森や滝を散策しました。ウォーキングは、一般で参加されたお客様の他に、横浜の修学旅行生を受け入れているグリーンツーリズムの方々も一緒に参加されました。
 途中山菜の収穫体験をしたり、マイナスイオンをたっぷり浴びながら楽しく歩きました。昼食は「きたん市場」に作って頂いた特製田舎弁当と、収穫した山菜を天ぷらにしておいしく頂きました。
その後、修学旅行生の方々は10割そば作り体験に参加したり、長野農園でトマトの収穫体験をしたりと曽於市と新緑を満喫した一日でした。   


          ウォーキングを始める前に、寺島ガイドの説明を聞いています2016_05_11-019.JPG

 

                      なんと!トマトの収穫も食べるのも初体験
                     美味しかった~2016_05_11-052.JPG

そば打ち講習会の参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

  曽於市観光特産開発センターは、今人気の「そば打ちの講習会」を企画いたしました。 
  つなぎなしの細くて長いそば打ちに挑戦して頂きたいことから、そば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、細くて長い生粉打ちのそばに挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お昼に召し上がれます。
先着20名様で締め切りますので、早めの申し込みをお願い致します。みなさまの沢山のご参加お待ちしております。


            お問い合わせ・申込先  
                                         曽於市観光特産開発センター
                  電 話:0986-28-0111
                                             FAX:0986-79-1147

                                       
 1.日  時      6月29日(水)10時~13時 
 2.場  所     曽於市大隅農産加工センター
              電話 099-482-5928
   3.内  容            つなぎなしの10割そば打ち
 4.昼  食    ①手作りそば(しじみそば)
 5.料  金            1,200円/人(昼食・保険等)
 6.定  員            先着20人(事前申し込み必要)
 7.主  催            曽於市観光特産開発センター
           グリーンツーリズム協議会
 8.集合場所      曽於市大隅農産加工センター
                    (大隅町の昭南病院の近く)
 9.集合時間      9時45分
10.申 込 先      曽於市観光特産開発センター                 
11.準備するもの   三角巾・エプロン

 曽於市末吉町の、社会就労支援センター「のどか園」さんは、社会福祉活動として、季節の野菜・果樹・ハーブ・季節の花等の農園生産、農産加工、レストラン等の幅広い事業を行われています。
 今回は、「のどか園」を支援する意味も込めまして、次のような体験を企画しました。焼いたピッツァやビスコッティの焼き菓子、ブレンドして頂いたハーブティーはお土産としてお持ち帰り頂きます。また、ハーブティの試飲もして頂きます。体験後は、レストランでイタリアンの昼食をとって頂きます。
 すべてが楽しく美味しい体験ですが、定員に限りがありますので、早めのお申し込みをお願い致します。

                              
                お問い合わせ・申込み先
                                                  曽於市観光特産開発センター
                                                       電 話 0986-28-0111
                                                       FAX   0986-79-1147


日      時:6月6日(月)・13(月)9時30分~13時
開  催  場  所:のどか園   (曽於市末吉町諏訪方)
内      容:①ピッツァ作り②イタリアン焼菓子(ビスコッティ)作り
                     ③ハーブ教室 ④イタリアンの昼食   ⑤マンゴー農園の見学

料            金:2,200円(材料費・昼食・保険・ガイド料)
定            員:各10名(事前申込み必要)
集  合  場  所:のどか園
集  合  時  間:9時15分
                     
                ※持参する物:エプロン、三角巾2015.6.18-029.JPG

 曽於市観光特産開発センターは4月17日に、曽於市大隅町にある大隅農産加工センターにて「そば打ち体験」の講習会を開催しました。
 今回は21名の申し込みがあり、親子やお友達同士などで参加されていました。
 毎回季節ごとに色んな味の蕎麦に挑戦しますが、今回のそば打ち体験は「山菜そば」に挑戦しました。そば打ちはいつもの通り、講師の持田先生が、そば粉の混ぜ方等基本的な事を行程ごとでポイントの説明をされながら実演してくだいました。
 参加者は、初めてのそば打ち体験に試行錯誤しながら、なんとか完成しお土産に持って帰られました。お昼は山菜の天ぷらとお蕎麦をみなさんで味わっておられました。                
 次回の「そば打ち体験」は6月の開催を予定しておりますので、興味のある方は是非「曽於市観光特産開発センター」電話0986-28-0111までお問い合わせ、お申し込みください。

 

       まずはそば打ちに欠かせない道具の説明を荒武講師から教わります2016_05_07-001.JPG

 

              持田講師の実演をみなさん熱心に聞いて習得しています2016_05_07-009.JPG

 

                        お蕎麦と一緒に食べる山菜の天ぷらです             
                        美味しそうですね~2016_05_07-016.JPG

 曽於市観光特産開発センターと都城観光協会が連携した「霧島ジオパークトレッキング」を4月23日(土)に開催しました。
霧島ジオパークとしての曽於市の大川原峡から都城市の関之尾の滝までの地域の魅力、又今回初めて新緑映えるこの時季に地質や植物を観察しながら霧島ジオパークトレッキング5回目の開催となりました。

 当日はスタッフも含め約53名が都城市と曽於市から参加し、大川原峡~桐原の滝~三連轟~溝ノ口洞穴~関之尾滝までの12kmのコースを、途中雨が降り出しましたがガイドの説明を聞きながら6時間かけて全員がゴールしました。


                                 開会式で松尾所長の挨拶です2016_04_23-IMG_1881.JPG

 

                   霧島ジオ担当の石川さんによるジオパークの説明2016_04_23-IMG_1887.JPG

 

                            さあー出発です
                          Aグループのガイドは、國武ガイドです2016_04_23-IMG_1892.JPG

 

                        大川原峡に来ました
                        Bグループのガイドは牧之瀬ガイドです2016_04_23-IMG_1893.JPG

 

                     ガイドの説明を聞きながらゆっくり散策です2016_04_23-IMG_1901.JPG

 

            全国のパワースポット100選、日本百名洞にも認定された
          溝ノ口洞穴を見学しました2016_04_23-IMG_1910.JPG

 

   中谷小学校で昼食です(特製田舎弁当と豚汁です)
 途中雨が降り出し、少々濡れた方もいらっしいましたが長距離を歩いたので、 お腹も空き皆さん笑顔で美味しく頂きました2016_04_23-IMG_1911.JPG

 

         昼食後も雨が降り続け長い距離の散策でしたが皆さん満足気です2016_04_23-IMG_1916.JPG

 

                    閉会式で都城観光協会西川会長の挨拶です2016_04_23-IMG_1920.JPG

 3月に行った「曽於の春!先取り体験ツアー」は好評により、第2弾が4月5日に行われました。このツアーは曽於市の春をいち早く満喫してもらおうと、野菜の収穫や養蜂場の見学、農業用ダムの見学など見所満載のツアーを鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)さんとタイアップして行いました。

 


 道の駅すえよしのテナントである「新屋養蜂場」さんの養蜂場見学と蜂蜜の試食をしました。巣箱から取り出される蜂蜜。取れたての蜂蜜はキラキラに輝いており、甘くてとても美味しかったです。ほとんどのお客様が初体験で感動されていました。2016_04_05-IMG_0035.JPG

 

 

    蜜蜂の巣箱から出し、遠心分離器にかけた蜜を味見させてもらいました2016_04_05-IMG_0036.JPG

 

 

 その後、ツアーでおなじみの「長野農園」さんでトマトの収穫体験。トマトの新鮮な甘い香りの中で、試食しながらみなさんトマトの摘み取りに満足されていました。2016_04_05-IMG_0048.JPG

 

 昼食は「じゃらん」による道の駅のレストランで満足度九州一になった評判の「道の駅すえよし 四季祭レストラン」で地元産の食材を使ったランチバイキングで美味しく舌鼓
  
  
 

 昼食後は椎茸栽培地で椎茸狩り。椎茸の大きさに皆さん驚いておられました。袋一杯に収穫されて大満足。「乾すときは裏を上にして下さいね」とアドバイスを頂きました。2016_04_05-IMG_0053.JPG

 

 

いよいよ谷川内ダムへ。この「谷川内ダム」は農業用ダムとして活躍中。管理棟の見学、職員の方からダムの説明を受け、春風を感じながらダムの周辺をのんびりと散策をしました。2016_04_05-IMG_0075.JPG

 鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、3月25日(金)に「桜見学と収穫体験・グルメてんこもりの旅」ツアーの参加者を募集しています.

■行程
鹿児島中央駅(8:15)出発==《高速》==
・道の駅すえよし(休憩と買い物)曽於市ガイドと合流==
・養蜂場「見学・試食」お土産付==
・茶園「芝桜鑑賞&地元の和菓子とお茶の振る舞い」==
・弥五郎の里「桜の名所」・・昼食「やごろう亭」大成畜産直営店(やごろう豚黒豚)
 揚げたてのヒレカツ定食をどうぞ!ご希望の方は【豚テキ】に変更もできます
・霧島「がまこう庵」買い物・手造り蕎麦で有名。自家製の品物は旨い!お土産付
・霧島神宮参拝・・今年の祈願は?==
・道の駅たからべ(休憩と買い物)==
《高速》==鹿児島中央駅(17:30)頃到着予定

■集合場所/時間: 鹿児島中央駅西口切子の搭前/8時00分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・体験料・
             昼食代・添乗員経費・消費税
■添乗員/同行します
■旅行代金:5,900円(税込)
■募集人員:28名  最小催行人員:20名
■詳しくは、別途ご送付する資料及び旅行条件書をご覧ください。

※申込み締切は出発日の10日前になっておりますので、3月15日(火)までに下記の申込み先までお願い致します。
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

桜見学-002.png

  1月3日(日)「幸運の財大吉 」神社巡りツアーに24名のお客様が鹿児島市より参加されました。
曽於市は、旧3町の財部町・大隅町・末吉町より一文字をとると「財大吉}となり、幸運に恵まれるということで、新春に旧3町にある、6神社を巡るツアーを当開発センターが企画したものです。
スタートは大隅町からで末吉町から財部町というルートで神社巡りをしました。
参加者の皆さんは、ガイドの吉川さんから神社の歴史や特徴の説明を聞いた後、今年はいい年となるようにとの思いを込めて、熱心に参拝をされてました。
当センターからは、名前の入った中級の認定書と御守りの他、紅白のお餅を参加者全員にプレゼントし、大変喜ばれました。
 

 

    最初の投谷八幡宮では、保存会の皆様からふるまいがありました28.1.3-00001.JPG

 

 

       岩川八幡宮では宮司さんから説明がありました28.1.3-00002.JPG

 

 

     諏訪神社では吉川ガイドより歴史や特徴の説明がありました28.1.3-00003.JPG

 

 

     熊野神社では、鬼追いについての説明を熱心に聞いてました28.1.3-00004.JPG

 

 

              澤田神社での様子28.1.3-00005.JPG

 

          日光神社での参拝の様子28.1.3-00006.JPG 

観光特産開発センターと曽於市は、霧島ジオパークを知って頂くため、次のとおり都城市と連携して霧島ジオパーク・トレッキングを開催します。大川原峡から関之尾滝までの12kmを、観光ガイドと一緒に地質や植物を観察しながら散策します。沢山の参加をお待ちしています。
               お問い合わせ・申込み先
                  曽於市観光特産開発センター
                                    電 話  0986-28-0111

1.日 時      12月12日(土) 9時~15時
                     ※雨天の場合は13日(日)に順延
2.場 所      大川原峡、桐原の滝、三連轟、溝ノ口洞穴、関之尾滝
3.参加料   1,300円(弁当、豚汁、保険・ガイド料等)
4.主 催      曽於市観光特産開発センター、曽於市、都城観光協会、
       都城市、 霧島ジオパーク活性化会議
5.定 員      先着40人(鹿児島県・宮崎県各20人)
6.集合場所    大川原峡キャンプ場
7.集合時間 8時40分
8.申し込み    事前予約必要(先着順)

    注:歩きやすい服装と飲み物持参でご参加下さい。

 鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、12月19日(土)に「曽於の旬の食材収穫」ツアーの参加者を募集しています.

■行程
 鹿児島中央駅(8:00)出発==《東九州自動車道》==道の駅すえよし==椎茸の収穫体験==トマトの収穫体験==ナンチク直売所(お肉の買い物)==昼食:「ゆず三昧料理」(今だけここだけ!もうすぐ終了!)==国の野菜指定産地の白菜畑で収穫体験、さつまいも貯蔵庫見学(全国から注文殺到の「冷凍焼き芋わたしのお芋さま」の秘密に迫る!)==焼き芋の試飲・試食 ==ティータイム(名産品新登場!曽於茶スイーツ)==道の駅おおすみ弥五郎伝説の里==《九州道》==鹿児島中央駅(17:30)頃到着

■集合場所/時間: 鹿児島中央駅西口切子の搭前/7時45分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・食事代・有料道路通行料・
             体験料・ガイド料・添乗員経費・消費税
■食事条件:1回
■添乗員/同行します
■旅行代金:6,000円(税込)
■最小催行人員:15名
 ※注意事項~収穫体験があるため汚れても良い服装でお越しください。
■詳しくは、別途ご送付する資料及び旅行条件書をご覧ください。

※申込み締切は出発日の10日前になっておりますので、12月9日(水)までに下記の申込み先までお願い致します。
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

曽於の旬の食材収穫ツアー-01.png

 都城まちづくり株式会社主催による都城盆地博覧会(通称:ボンパク)が、曽於市財部町にある大川原峡キャンプ場周辺でで 10月17日(土)と24日(土)の2回開催されました。
これは曽於市観光特産開発センターが企画し、毎年ボンパクと連携しているものです。
参加者は、都城在住の方が中心ですが、三股町や志布志市、遠くは宮崎市や鹿児島市からも参加され、2日間で約50名の参加となりました。
曽於市観光ボランティアガイドの吉川さんの説明を聞きながら、最初に桐原の滝を見学、次いで大川原峡の渓谷を散策した後、悠久の森へ向かい散策を満喫しました。


                                 出発前に準備体操をしました。 003-01.JPG

         

                  曽於市観光ガイドの吉川さんの説明は、楽しいです。IMG_4235-01.JPG

 

                     桐原の滝です。 マイナスイオンで癒されます。IMG_4226-01.JPG

 

               悠久の森の入り口で、熱心に説明に聞き入る参加者の皆さんIMG_4238-01.JPG

 

                    さあ、 悠久の森の散策をスタートさせましょう。IMG_4242-01.JPG

 

                     悠久の森の中は、まるで別世界のようです。IMG_5462-01.JPG

 

 初めて訪れた参加者も多く、都城在住の方からは、「近くの曽於市に、これほど自然の豊かなところがあるとは知らなかった。」という声も聞かれました。
また、アンケートでは、来年もぜひ参加したいという声を多くいただきました。

 鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、11月1日(日)に「鬼神太鼓とそお市民祭」ツアーの参加者を募集しています.

 

■行程
 鹿児島中央駅西口(7:30)出発==《東九州自動車道》==道の駅すえよし(曽於おもてなし隊合流)==全国鬼サミットにてオープニングアトラクションの鬼神太鼓を観賞==熊野神社(鬼追いの郷)、山中貞則顕彰館==昼食:今だけここだけ!「ゆず三昧料理」==そお市民祭(自由行動:研ナオコさんのステージをはじめとした芸能と特産品販売をお楽しみください)==道の駅すえよし ==《東九州自動車道》 ==鹿児島中央駅西口(16:30)頃到着

 

■集合場所/時間: 鹿児島中央駅西口切子の搭前/7時15分

■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・食事代・有料道路通行料・
             ガイド料・添乗員経費・消費税等
■食事条件:昼1回
■添乗員/同行します
■旅行代金:4,600円(税込)
■最小催行人員:22名
■お渡しします旅行条件書をご覧の上でお申し込みください。
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 鬼神太鼓とそお市民祭-02.png

 

 9月23日(水)そお生きいき健康センターにて、「そば打ち体験」の講習会を開催しました。
参加者は、ご家族、ご夫婦、お一人での参加と様々でした。
エプロンと三角巾を着けて準備を整えた後、講師の持田先生が、そば粉の混ぜ方や、生地の伸ばし方、切り方を実演し、ポイントの説明をしました。
参加者は、その見事なそば打ちを見て感心をしていました。
実際に生地を伸ばしてみると、思ったようにいかない方もいらっしゃいましたが、全員なんとかそば打ちを完成させ、お土産に持って帰ることができました。
お昼は、持田先生の打ったそばを全員で舌鼓し、その繊細なそばに熟練の技が感じられました。                
この「そば打ち体験」の第2回目を10月22日(木)に開催予定です。
 

 

       参加者全員で持田講師の説明を熱心に聞いています2015.09.23-00028.JPG

 

 

         親子で仲良くそば打ち体験に参加されました2015.09.23-000011.JPG

 

 

          生地を伸ばすのは意外と難しいですね2015.09.23-000009.JPG

 

 

  包丁で1.5㎜巾くらいに切ります。細くてなが~い麺ができました2015.09.23-000021.JPG

曽於市観光特産開発センターは、9月に募集したら好評だったので、「そば打ちの講習会【第2弾】」を企画いたしました。 
内容は前回と全く同じで、つなぎなしの細くて長いそば打ちに挑戦して頂きたいことから、そば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、細くて長い生粉打ちのそばに挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お昼に召し上がれます。
皆様の参加をお待ちしています。

            【お問い合わせ・申し込み先】  
              曽於市観光特産開発センター
                 電 話:0986-28-0111
                                      FAX:0986-79-1147


1.日 時        10月22日(木) 10時~13時 
2.開催場所    そお生きいき健康センター(曽於市末吉町)
               電話 0986-76-5353
3.集合時間    9時45分
4.集合場所    そお生きいき健康センター
5.内 容           つなぎなしの10割そば打ち
6.昼 食      手作りそば
7.料 金           1,200円/人(昼食・保険等)
8.定 員           先着20人(事前申し込み必要)
9.準備するもの  三角巾・エプロン

【主催】        曽於市観光特産開発センター
 

そば打ち講習会の参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターは、今人気の「そば打ちの講習会」を企画いたしました。 
つなぎなしの細くて長いそば打ちに挑戦して頂きたいことから、そば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、細くて長い生粉打ちのそばに挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お昼に召し上がれます。
皆様の参加をお待ちしています。

            【お問い合わせ・申し込み先】  
               曽於市観光特産開発センター
                  電 話:0986-28-0111
                                     FAX:0986-79-1147


 1.日 時       9月23日(水) 10時~13時 
 2.開催場所     そお生きいき健康センター(曽於市末吉町)
               電話 0986-76-5353
 3.集合時間     9時45分
 4.集合場所       そお生きいき健康センター
 5.内 容            つなぎなしの10割そば打ち
 6.昼 食       手作りそば
 7.料 金           1,200円/人(昼食・保険等)
 8.定 員           先着20人(事前申し込み必要)
 9.準備するもの   三角巾・エプロン

【主催】        曽於市観光特産開発センター
        グリーンツーリズム協議会

曽於市には美味しいブルーベリーを生産している農園が数多くあります。
このブルーベリーは、アルカリ性食品で、かつビタミンCや視力改善効果のあるアントシアニン等が豊富であることから、人気が高まっています。
 曽於市の素晴らしいブルーベリーを広く知って頂くこと及び栽培農家を支援するため、収穫体験を次のとおり企画しましたので、沢山の参加をお待ちしています。


お問い合わせ・申込み先
           曽於市観光特産開発センター
                                  電 話:0986-28-0111
                                  FAX:0986-79-1147

【共通】
  申し込み:事前申し込み必要です
集合時間:9時
   料   金:曽於市観光特産開発センターへ問い合わせ下さい


【A:松村農園】
日  時:8月7日(金)9時00分~
集合場所:曽於市観光特産開発センター(道の駅すえよしの一角)

【B:由宇子ファーム】
日  時:8月12日(水)9時00分~
集合場所:由宇子ファーム
(末吉町二之方4185-1)
 

 鹿児島県旅行業共同組合(魅旅)は、8月9日(日)「芙蓉部隊劇鑑賞と曽於の戦跡巡り」ツアーの参加者を募集しています。

■行程
 鹿児島中央駅西口(8:30)出発==高速道路==道の駅おおすみ弥五郎伝説の里(休憩)==芙蓉之搭 全員で献花、戦跡巡り(地下発電所)他==末吉町「愛の里」鶏の炭火焼き定食(昼食)==芙蓉部隊の演劇『JUDY~Great Unknown Squadron~』鑑賞==道の駅おおすみ弥五郎伝説の里(休憩) ==高速道路 ==鹿児島中央駅西口(18:00)頃到着予定


■集合場所/時間: 鹿児島中央駅西口切子の搭前/8時15分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速道路通行代・昼食代・
             観劇代・献花代・ガイド料・添乗員経費・消費税
■添乗員/同行します
■旅行代金:6,800円(税込)
■最小催行人員:30名

※詳しくは別途お渡しします旅行条件書にてご確認ください
 

【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業共同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

劇鑑賞と戦跡巡りツアー2-001.png

 鹿児島県旅行業共同組合(魅旅)は、7月16日(木)「夏の曽於・美味しいもの探し」グルメツアーの参加者を募集しています.

 

■行程
 鹿児島中央駅西口(8:30)出発==高速道路==道の駅おおすみ弥五郎伝説の里(休憩)==曽於市の広大な畑地帯で弥五郎すいか収穫体験と試食==道の駅すえよしでレストランバイキング(昼食)==悠久の森散策(全国遊歩百選の森)==農園にて無農薬のゴーヤ(ちょっぴりジュースの試飲と試食)とトマト収穫体験==道の駅すえよし(休憩) ==高速道路 ==鹿児島中央駅西口(17:30)頃到着予定

 

■集合場所/時間: 鹿児島中央駅西口切子の搭/8時15分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・昼食代・収穫体験料・高速道路代・
             ガイド料・添乗員経費・消費税
■添乗員/同行します
■旅行代金:5,500円(税込)
■最小催行人員:30名
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業共同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

美味しいもの巡りツアー-001.png

 曽於市観光特産開発センターは、末吉町にある社会就労支援センター「のどか園」と協同で6月9日と16日の2回にわたり「ピッツア作り等の体験」を行いました。
 参加者は9日が12人中男性2人、女性10人。16日は女性のみの10人でした。
 内容は、①ピッツァ作り、②ハーブ教室、③イタリアンの昼食、④マンゴー農園の見学を行いました。

             ピッツァ作りについての手順の説明を受けている参加者
   9日2015.6.18-002.JPG

 

  16日2015.6.18-IMG_4923.JPG

 

       説明を聞きながらピッツアの生地を上手に伸ばしています
 9日       2015.6.18-006.JPG

 

  16日2015.6.18-IMG_4926.JPG

 

               次は、伸ばした生地に手作りピッツアソースを塗り
                トッピングを盛りつけます2015.6.18-011.JPG

 

              ピザ釜に、盛りつけたピザ生地を入れていきます
  9日2015.6.18-019.JPG

 

 16日2015.6.18-IMG_4928.JPG

 

                     上手く焼き上がって大満足!
                    焼き上がったピザはお持ち帰りできます2015.6.18-025.JPG

 

      トッピングはソーセージ、バジル、アスパラ、ズッキーニとチーズです
      美味しそうに仕上がりました2015.6.18-029.JPG

   

   ハーブ教室で、レモングラスのハーブティーを飲んで一息ついています2015.6.18-035.JPG

 

                「のどか園」の敷地内にある立派なマンゴーです
                たわわに実って美味しそう2015.6.18-039.JPG

 

2日間とも生憎の雨でしたが、滅多に出来ない体験をされて、満足されたことと思います。

曽於市観光特産開発センターはこのような面白い企画をこれからも計画していく予定ですので、「曽於市観光ツアー情報」を是非ご覧になってください。

曽於市でブルーベリー収穫体験を計画致しました。
このブルーベリーは、アルカリ性食品で、かつビタミンCや視力改善効果のあるアントシアニン等が豊富であることから、人気が高まっています。
 沢山の参加をお待ちしています。

 

  日  時:7月3日(金) 9時10分~
  集合時間:9時00分
  集合場所:曽於市観光特産開発センター(道の駅すえよしの一角)
  料  金:参加費600円
                 (食べ放題=300gは自分で収穫して持ち帰り)
       お持ち帰りは 1kg:1,300円
 
               ※事前申し込み必要です

 


                お問い合わせ・申込み先
                           曽於市観光特産開発センター
                                  電 話:0986-28-0111
                                  FAX:0986-79-1147

戦跡巡りの参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

 太平洋戦争末期、生きて帰ることのない「十死零生」の特攻作戦で、若い多くの命が散華しました。
 このような中、芙蓉部隊の指揮官美濃部少佐が悲劇の特攻作戦に異を唱え、正攻法である夜襲攻撃を進言し夜襲部隊編成を認めてもらいました。そして、帝国海軍航空部隊「芙蓉部隊」が秘密基地である岩川飛行場から沖縄方面へ飛び立って行きました。
 戦後70年の節目の年、「そおし発掘・盛り上げ隊」は、太平洋戦争と曽於市の関わりを知って頂くため、市内の隠れた戦跡巡り(座学もあり)を企画しましたので、多くの参加をお待ちしています。

 

1,日  時   7月20日(月) 13時30分~16時30分
2.場  所   芙蓉之搭、地下発電所、無線壕、覚照寺
3.参 加 料    会員400円(未会員は+入会金500円)
4.主  催   そおし発掘・盛り上げ隊
5.定  員       先着30人(要事前予約)
6.集合場所       弥五郎伝説の里  健康ふれあい館
7.集合時間       13時15分


                 (お問い合わせ・申し込み先)      
                                        曽於市観光特産開発センター(事務局)
                                            電話 0986-28-0111
                                            FAX 0986-79-1147
 

 曽於市末吉町にある社会就労支援センター「のどか園」さんは、社会福祉活動として、季節の花・野菜・ハーブ・フルーツ等の栽培、農産加工、レストラン等の事業を幅広く行なっています。

 この事業を応援するため、曽於市観光特産開発センターは、「のどか園」さんでピッツァ作り体験を企画しました。
 嬉しいことに焼いたピッツァ、及びブレンドしたハーブティーは、お土産としてお持ち帰り頂きます。また、評判のハーブティの試飲やマンゴー農園等の見学もして頂きます。
体験後は、レストランでイタリアンの昼食をご賞味ください。
楽しくおいしい時間が過ごせる体験にたくさんの参加をお待ちしています。  

                              
          お問い合わせ・申込み先
                                   曽於市観光特産開発センター
                                      電 話 0986-28-0111
                                      FAX  0986-79-1147


    日     時:6月9日(火)・16日(火)9時30分~13時
    開 催 場 所:のどか園    (末吉町諏訪方10231)
    内     容:①ピッツァ作り ②ハーブ教室 ③イタリアンの昼食
                        ④マンゴー農園のの見学
    料         金:2,200円(材料費・昼食・保険・ガイド料)
    定     員:各12名(事前申込み必要)
    集 合 場 所:のどか園
    集 合 時 間:9時15分
                     
                ※持参する物:エプロン、三角巾

 鹿児島県旅行業共同組合(魅旅)は、5月30日(土)& 6月7日(日)に「鹿屋&曽於の語り部と巡る大隅半島の戦跡をたどる旅」ツアーの参加者を募集しています.

■行程
 鹿児島中央駅(9:00)==(貸し切りバス)==高速==鹿屋(笠之原)==鹿屋航空基地史料館(名物海軍カレー)昼食と見学(館内ガイドがご案内します)==フェスティバロ(ハーブティ&ケーキ)お茶タイムとお買い物== 串良海軍航空基地・見学&と地下壕電司令室後・・戦史ガイドがご案内します==高速 ==曽於市・岩川飛行場(芙蓉之塔)曽於の語り部がご案内します==道の駅おおすみ弥五郎伝説の里・休憩と買い物 ==高速 ==鹿児島中央駅(17:30)頃到着予定
 

■集合場所/時間 鹿児島中央駅 9時00分

■旅行代金に含まれる物:貸し切りバス代・高速代・昼食代・語り部代・
            添乗員費用・消費税
■最小催行人員:25名


 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業共同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

せんせき-20150509-330.png 

 

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、5月24日(日)に曽於おもてなし隊と行く「曽於ホタル祭りでだれやめ&清流のホタル観賞」ツアーの参加者を募集しています。

内容は、①美味しいトマトとキャベツの収穫体験(お持ち帰りお土産付き)、②ホタル祭り会場へ移動し、「ホタルと水車の夕べ」で演芸会を観賞(夕食付き)、③清流の郷・菅牟田(すがむた)の水車の見学、④約2㎞に渡るホタルの乱舞を歩いて観賞します。この日だけの限定ツアーです。ホタルの観賞の際には、曽於おもてなし隊が解りやすく説明をいたします。自然豊かな曽於市へ、きれいなホタルの光を観に来られませんか。たくさんの参加をお待ちしています。

■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の搭前/12時45分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・
             トマト狩り体験料/キャベツ収穫体験料・
             夕食代・ガイド料・添乗員経費・消費税
■食事条件:夜1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:25名 
■募集定員:40名
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 ホタル祭り1-2015.5.7.png

   さわやかな新緑の季節、豊かな大自然の森・渓谷・滝に肌で触れてみませんか。気持ちの良いマイナスイオンがたっぷり、きっと身も心も癒される気持ちの良い散策になると思います。
散策は、観光ボランティアガイドが説明しながら、案内致します。新たな発見を求めてご参加下さい。沢山のご参加をお待ちしております。
散策後は、特製弁当を楽しんで頂きます。
 

    お問い合わせ・申し込み先
                    曽於市観光特産開発センター
                    電話 0986-28-0111
                    FAX 0986-79-1147

 

日 時    5月10日(日) 9時~13時    
場 所           悠久の森、大川原峡、桐原の滝
集合時間   8時45分
集合場所   大川原峡キャンプ場 管理棟
参加料    1,000円(弁当・保険・ガイド料)
定 員           30名(事前申込みが必要)
 

※歩きやすい靴、服装でお願い致します

     

           水と岩が織りなす大川原峡270407-0001.jpg

 

 

       全国遊歩百選の森に認定されている 「悠久の森」270407-0002.JPG

溝ノ口岩穴祭りツアーの募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、4月5日に神秘的な祭事を見学する「溝ノ口岩穴祭りツアー」の参加者を募集しています。たくさんの参加をお待ちしています。
 なお、乗降場所は鹿児島中央駅西口、鹿児島駅、吉野(早馬バス停)、桜島SAです。

 溝ノ口岩穴祭り-002.png

 

(見所満載のツアー)
①溝ノ口岩穴祭りは、パワースポットである溝ノ口洞穴で行われることから非常に神秘的です。また、交通の不便な山の中で行われることから、多くの人に知られていない穴場で、必見の祭りです。

②溝ノ口洞穴は、鹿児島県指定天然記念物で日本のパワースポットにも選ばれています。 この洞穴は漆黒の世界ですので、懐中電灯を持ってプチ探検をします。(一寸先は漆黒の世界!懐中電灯をご持参ください)

③祭りでは地元で継承されている神秘的な「奴踊り」と「刀踊り」を鑑賞します。

④昼食は、道の駅たからべの名物「黒豚 軟骨味噌煮」を魅旅スペシャル定食で!
 地元物産などのお買い物もお楽しみ♪

⑤お隣・都城市の「高千穂牧場」で雄大な景観の観賞、ラブリーな動物とのふれあい、足湯でリラックス、お買い物(雨天時は高千穂牧場を変更して「トマトときゅうりの収穫体験(曽於市)」になります、収穫分は格安価格でお買上げとなります)

(行 程)
鹿児島中央駅(8:00発)==《吉野経由・有料道路》==道の駅すえよし
==溝ノ口洞穴(プチ洞穴探検、祭り見学)
==【昼食】道の駅たからべ==高千穂牧場
(*雨天時は曽於市での「トマトときゅうりの収穫体験」に変更になります)
==《吉野経由・高速道路》==鹿児島中央駅(17:15頃着)

☆バスを降りてから溝ノ口洞穴まで植物観察をしながら片道1.3キロ歩きます。歩きや すい靴でご参加ください。

■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の搭前/7時45分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・有料道路代・食事代・ガイド料・
             添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回 ■添乗員:同行します ◆最小催行人数:20名
■雨天決行
■雨天時は「高千穂牧場」には行かず「トマトときゅうりの収穫体験(曽於市)」に変更になります 。

[お問合わせ・お申し込み先]    鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
  ℡099-201-9897(受付時間 平日AM9:00~PM5:30)
  〒892-0816 鹿児島市山下町17-5   http://www.mitabi.net
   鹿児島県知事登録2-216号 総合旅行業務取扱管理者 大熊信久

曽於市観光ボランティアガイドのスキルアップを図るため、自然散策分野のガイド研修会を10月3日に引き続き2月9日に行いました。
講師は、くすの木自然館代表理事の浜本奈鼓先生です。

                

                 最初に悠久の森で現地研修を行いました
                 自然散策のガイド方法や注意事項を学びました2014.02.12-IMG_3810.JPG

 

 研修中に野鳥の鳴き声が!何という鳥だろうか?すかさず本を取り出し調べます2014.02.12-IMG_3815.JPG

 

           今日は最も寒いようで、土手に霜柱が横向きに立っていました!2014.02.12-IMG_3825.JPG

 

                 山の神の所では、山の神や田の神の勉強をしました2014.02.12-IMG_3828.JPG

 

切り株にコケが生えています。このコケの所に種が落ち、ここからまた新しい生命が誕生するそうです2014.02.12-IMG_3833.JPG

 

   午後から「インタープリター養成講座テキスト」に基づき座学を行いました2014.02.12-IMG_3859.JPG

1月26日・27日、宮崎観光ホテルで「九州観光ボランティアガイド研修会 in 宮崎」が開催されましたので、「曽於市観光ボランティアガイドの会」から2名出席しました。

基調講演は、何と落語家の春風亭 昇乃進氏ではござらぬか。落語家の観点から分かりやすく話すコツを説明されました。今までと少し違う感じでしたが、落語家独特の新たなスキルを学べて参考になりました。


事例発表会は、4つの事例が発表されました。地域の魅力を伝えることで、そこに人と人とのつながりが生まれ、人づくり、町づくりにつながるとの説明等がありました。2015.01.26:1:宮崎-001.jpg

 

夕方から情報交換会です。飲食をしながら、同じガイド同士による様々な交流・意見交換が行われました。2015.01.26:2:宮崎-001.jpg

 

27日は次の4つに分かれて分科会です。また、各分科会においても、6~7人程度のグループに分かれてワークショップが活発に行われました。
①ガイド(団体)を楽しくする取り組み、 ②トラブルの解消・対応策、
③ガイド料金のあり方、 ④ガイド(団体)の現状とこれから2015.01.27:3:宮崎-001.jpg

 

今回の研修により、九州それぞれのガイドがそれぞれの地域で、今までよりも腕を上げて観光ガイドに精出されることでしょう。その結果、観光客はより一層満足されることでしょう。ガンバレ九州の観光ボランティアガイド

観光協会理事等の観光視察

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月21日、曽於市観光協会理事と曽於市議会文化観光議員連盟は、合同で曽於市内の観光視察を行いました。
視察場所は、大川原峡、悠久の森、桐原の滝、三連轟、溝ノ口発電所です。案内は曽於市観光特産開発センター所長で曽於市観光協会理事の吉川ガイドです。
まず、バスの中で吉川ガイドから曽於市観光特産開発センターにおける観光の取り組み状況の説明、現地では霧島ジオパークの話や植物についての説明があり、参加者は専門的なガイド付き自然散策の素晴らしさに感動されていました。
 

 大川原峡の散策後、桜のテングス病、黄色く咲いているロウバイの説明を
 聞きました
20150122-0553-001.JPG

 

 「悠久の森」の入り口で概要を聞いて、森の散策に入り、ウラジロがなぜ
 縁起の良いものか、滝の神秘性などに聞き入っていました
20150122-0554-002.JPG

 

 三連轟では「三段福岩」、「甌穴(おうけつ)」について学びました
 溝ノ口発電所では、明治43年に出来たこと、27mの落差があること等
 を学びました20150122-0562-003.JPG
 

「曽於市観光ボランティアガイドの会」は、曽於市観光ツアーのガイドを引き受けており、曽於市の観光振興に大いに貢献しています。
この「曽於市観光ボランティアガイドの会」は、年も押し迫った12月26日、ガイド研修会とガイドの慰労を兼ねた忘年会を開催しました。


高木会長の挨拶で始まりました
自分の声が最後列の人に聞こえているかどうか確認してから話されるのは、ガイドとして流石です2014.12.28-IMG_3564.JPG

 

本日の講師は、事務局である曽於市観光特産開発センターの吉川と児玉です2014.12.28-IMG_3569.JPG

 

ガイドに必要なガイドの心得、クレーム対応、お客様はガイドに何を期待しているか等の研修を受けました2014.12.28-IMG_3572.JPG

 

           研修後、1年間の慰労を兼ねた忘年会です
           いつの間にか、参加者がド~ンと増えています
           これが「曽於市観光ボランティアガイドの会」の良さなのかも2014.12.28-IMG_3574.JPG

 

             五位塚市長も師走の忙しい時に、駆けつけて下さいました2014.12.28-IMG_3578.JPG

 

                  新人紹介です。3人は民謡歌手としての会員です
                  この他、沢山の新人紹介がありました2014.12.28-IMG_3585.JPG

 

今回は会員に芸能発表をお願いしたら、面白いのが出てくるわ・出てくるわ
何とモンペイやエプロンを準備していらっしゃたのか2014.12.28-IMG_3600.JPG

 

                  あら~、綺麗な着物も持って来ていらっしゃたのか
                  いつの間に着替えられたのか2014.12.28-IMG_3596.JPG

 

この踊りは何だ。手作りの小道具が色々あり、笑わせようと頑張っています
この心がガイドに必要な「おもてなし」では
もう芸能一座が結成出来そうな雰囲気でした
何が飛び出すのかワクワクの、楽しみ~な忘年会でした2014.12.28-IMG_3603.JPG

最終回の第4回は、末吉高校生との交流体験です。


最初に末吉高校とインドネシアの高校の学校紹介、その後意見交換を行いました2014.12.28-IMG_2493.JPG

 

           続いて3班に分かれて交流体験です
           ①班(お茶): 日本文化に初めて触れた茶一服に感動
           茶立て、上手に出来るかな。着物姿に感激もされたようです2014.12.28-IMG_2525.JPG

 

        ②班(菓子作り):かるかん作りの見学後、プリン作りに挑戦2014.12.28-IMG_2519.JPG

 

         ③班(書道):書道に挑戦!初めてなのに上手に書けたようです2014.12.28-IMG_2529.JPG

 

              次は部活動の見学です
              ①空手部:きびきびした女性の選手にビックリ
              空手の型を見学後、空手の基本を練習しました。え~ィ2014.12.28-IMG_2537.JPG

 

         ②弓道部:弓道の見学をしましたが、これまた女性の選手です
         袴姿の凛凛しい女学生に感激2014.12.28-IMG_2534.JPG

 

              部活動の後、生徒同士で楽しそうに雑談をしていました
              何やら日本のアニメの話のようです2014.12.28-IMG_2531.JPG

 

   インドネシアと曽於市の高校生が交流したという事実証明書の調印です
   両校の先生がインドネシア語と日本語の両方の証明書にサインしました2014.12.28-IMG_1165.JPG

 

       サンタクロースの服を着た末吉高校の生徒から歌が送られました2014.12.28-IMG_1170.JPG

 

             インドネシアの生徒から御礼の踊りや歌が披露されました2014.12.28-IMG_1173.JPG

 

        最後に末吉高校正面玄関で記念撮影をして、お別れしました2014.12.28-IMG_2549.JPG

 

これで曽於市での体験・交流が終わりました。
インドネシアの皆様お疲れ様でした。
また曽於市で会えることを心より祈っています。

第3回は岩川保育園の園児たちとのふれあい、ひょっとこ踊りの鑑賞・体験です。


   言葉は通じないけど、すぐに打ち解けてインドネシア(高校生)の
   お兄ちゃんに、おんぶにだっこで大はしゃぎです2014.12.26-IMG_2456.JPG

 

         おねーちゃんに抱かれて、はいチーズ2014.12.26-IMG_2463.JPG

 

      インドネシアの高校生は子供が大好きとのことです2014.12.26-IMG_2467.JPG

 

    次はひょっとこ踊りの鑑賞です
     始めて見るひょううきんなお面と動きにビックリしたようです2014.12.26-IMG_2469.JPG

 

       ひょっとこ踊りの西留会長からの説明です2014.12.26-IMG_2473.JPG

 

      園児たちも交えてひょっとこ踊りの体験です
       インドネシアの人は初めてのことにも積極的でした2014.12.26-IMG_2480.JPG

 

          最後に全員で記念撮影です2014.12.26-IMG_2492.JPG

 

第4回は末吉高校での様々な交流です。

 第2回は、そば粉100%の「そば打ち体験」を紹介します

 

       まず、持田講師がそば打ちの手本を見せましたinndnesia-no2-261225-0001.JPG

 

 

          そば打ちの方法が分かったぞー
           そば粉と水を回し棒でよーく混ぜますinndonesia-no2-261225-0002.JPG

 

        始めてのそば打ちにみんな楽しそうですinndonesia-no2-261225-0003.JPG

 


           厚さ1.5㎜に延ばしますinndonesia-no2-261225-0004.JPG

 

 

 始めてでしたが、こんなに細い麺ができました。麺に郷土料理の「がね」
 を乗せて「がねそば」の出来上がりです。おにぎり、たかな巻きおにぎり
 と一緒に食べましたinndonesioa-no2-261225-0005.JPG

 

       

         自分で打ったそばの昼食に大喜びですinndonesia-no2-261225-0006.JPG

 

 第3回は、ひょっとこ踊りの鑑賞・体験と岩川保育園の園児との交流です。
 

  インドネシアの国立68高校ジャカルタの生徒16名、国立1高校デポック女生徒4名、引率の先生4名の総勢24名が、12月16日曽於市に来られました。
これは曽於市観光特産開発センターが福岡の旅行会社にお願いしていたのが、やっと実現したものです

 

 16日、風が強く非常に寒い中、赤道直下の国から曽於市に到着しましたinndonesia-261225-001.JPG

 


           各民泊先のご家族と対面ですinndonesia-261225-002.JPG

 

 


           民泊先の夫婦に対面して一安心ですinndonesia-261225-003.JPG

 

 

    お会いできて高校生も民泊のお母さんもホッとしたようですinndonesia-261225-004.JPG

 

 

 12月17日、それぞれの民泊先から市役所へ集合して来られましたので、
 五位塚市長より歓迎の挨拶ですinndonesia-261225-005.JPG

 

 

  

  民泊先代表の持田様から挨拶です。(左は通訳のアフマド バルカさん)inndonesi261225-006.JPG

 

 

  高校生代表は、民泊先のご家族が非常に優しく、お料理もとっても
   美味しかったと挨拶されました
inndonesia-261225-007.JPG

 

 

        市役所ロビーで五位塚市長を囲んで記念撮影inndonesia-261225-008.JPG

 第2回は、そば打ち体験を紹介します。

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、平成27年1月7日(水)に「曽於の奇習 鬼追い」ツアーの参加者を募集しています。

この鬼追いは、鹿児島県指定無形民俗文化財で、日本一の暴れ鬼としても有名です。暴れ鬼の御幣をもぎ取れば1年間健康、また鬼に叩かれても1年間健康であると言われています。たくさんの参加をお待ちしています。

見所は
   ①歴史ある五輪塔・仁王像等の説明
   ②山中貞則顕彰館の見学
   ③ユーモラスなひょっとこ踊り
   ④ライトアップされた幻想的な鬼神太鼓
   ⑤地域住民と交流しながら、鬼追いづくしの田舎料理、
    鬼追い焼酎の夕食
   ⑥大迫力の鬼追い
   ⑦豆まきの豆をもらって健康
    
 
      ※曽於のおもてなし隊が楽しく案内します
     
     
■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の塔の前   13時45分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・食事代・ガイド料・
             体験料・添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:25名(定員42名)
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

鬼追い1-001.png

 鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、12月20日(土)に「曽於のおいしいもの巡り」ツアーの参加者を募集しています。

内容は、次のようなグルメ満載の美味しいツアーですので、たくさんの参加をお待ちしています。
   ①甘~いトマトの試食・収穫体験・プレゼント
   ②白菜畑の散策・収穫体験・プレゼント
   ③九州一の柚子の里で「ゆず三昧料理」の昼食
   ④薩摩鴨、薩摩黒鴨の見学・試食・買い物
   ⑤ガチョウとしゃべる飼育員さんも必見
   ⑥鼻炎・アレルギー・高血圧に効果があると言われている
    「くろず納豆」
   ⑦曽於茶と甘~い焼き芋・ほしいもの試食と買い物 
   ⑧ナンチク直売所で牛肉・豚肉・加工品の買い物 
   ⑨がねコンテストで優勝した「がね」のプレゼント
      ※曽於のおもてなし隊長が楽しく案内します
      ※生産者と楽しく交流が図れます
     
■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の塔の前   8時15分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・食事代・ガイド料・
             体験料・添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:25名(定員42名)
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

曽於のおいしいもの巡りツアー002-01.png

 

流鏑馬ツアー(2/2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市観光特産開発センターは、末吉町 住吉神社の豊祭(ほぜ)で行われる流鏑馬の素晴らしさを知って頂くために、11月23日(日)流鏑馬ツアーを開催しました。
今回は本番の流鏑馬、馬や射手との写真撮影です。


                   流鏑馬を見ようと多くの人が来て下さいました2014.12.6-IMG_2329.JPG

 

小学校から流鏑馬を始めた杉本君(中学3年生)は、ベテランの域に達しています2014.12.3-003.JPG

 

大ベテランの別府さん(女性)は、今年も9発9中で見事な腕前を披露して下さいました2014.12.3-001.JPG

 

                     流鏑馬が終わり、関係者だけで記念撮影しました
                     お疲れ様でした2014.12.3-IMG_2333.JPG

 

                              流鏑馬ツアー客も記念撮影しました2014.12.3-IMG_2335.JPG

流鏑馬ツアー(1/2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市観光特産開発センターは、末吉町 住吉神社の豊祭(ほぜ)で行われる流鏑馬の素晴らしさを知って頂くために、11月23日(日)流鏑馬ツアーを開催しました。
ツアーの内容は、住吉神社、姥石、ひょっとこ踊り、神殿までの行列、奉弊の儀、流鏑馬、武道大会、油竹登り、馬や射手との記念撮影でした。


住吉神社は1,300年以上も前から存在すると言われています。また、戦勝の神として崇められていたことから島津氏とゆかりの深かった住吉神社をガイドの説明を聞きながら見学しました。2014.12.2-IMG_0978.JPG

 

姥石は、住吉神社の山頂に2基あります。
姥石は、日向大隅二州の界石と言われています。また、古代の宗教的な殿堂御神体の安置所であったという立石(エンヒル)とも言われています。2014.12.2-IMG_0990.JPG                             

                                   美味しい弁当の昼食です。2014.12.2-IMG_0998.JPG

 

          弁当の名前は「豊祭弁当」で、参加者の皆様大満足のようでした2014.12.2-IMG_0999.JPG

 

 昼食会場で流鏑馬の説明を聞きました
流鏑馬の見学方法(楽しみ方)を聞いたので、色んな角度から流鏑馬を楽しもう2014.12.2-IMG_1013.JPG

 

        特別に「奉弊の儀」を見学させて頂きました
        流鏑馬関係者、特に射手が怪我をしないようにとの儀式であります2014.12.2-IMG_1031.JPG

 

これから流鏑馬が始まります
まず「乗止」(ゴール地点)から「乗出」(スタート地点)に静かに向かいます2014.12.2-IMG_1039.JPG

 

                             最初に手放しの試走が行われます
                             これだけでも難しいとのことです2014.12.2-IMG_1043.JPG

 

                              これからが本番の流鏑馬です。
                             流鏑馬ツアー(2/2)もお楽しみ下さい。

関西弥五郎会の故郷ツアー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 関西弥五郎会から故郷の曽於市観光ツアー依頼があり、11月2日に故郷ツアーを行いました。
 観光場所は、「ごはんの厨」でこの季節限定の「ゆず三昧料理」、山中貞則顕彰館、旧海軍の岩川飛行場関連の地下発電所と芙蓉之塔、投谷八幡宮、石體(しゃくたい)神社、恒吉城(日輪城)、恒吉太鼓橋、西南の役の官軍墓地と盛りだくさんでした。
 参加者は、現在関西地区に住んでいらっしゃる曽於市大隅町の出身であったにも関わらず、観光地のほとんどを知らなかったので、故郷を再発見できたと大喜びでした。

 

旧海軍の岩川飛行場関連の地下発電所が大隅町にあったことを全く知らなかったと大感激されていました。
発電所は、地下13mの所にあり、コンクリートの厚さは1.5mもあることにビックリされていました。2014.11.17-IMG_3125.JPG

 

投谷八幡宮は、隼人にある大隅正八幡宮(鹿児島神宮)の末社で、708年創建と言われています。
この神社は、大鳥居から下へ下へと下っていく珍しい地形であることにもビックリされていました。2014.11.17-IMG_3128.JPG

 

恒吉城(日輪城)は、典型的な中世山城で3つの山(城)から成っているとのことです。3つとは、主郭の日輪城と西高城、東高城です。
本城は、連郭式の山城としては名城中の名城であることを聞き、故郷に誇りを持たれたようです。2014.11.17-IMG_3129.JPG

 

官軍墓地には、明治10年の西南戦争で亡くなった政府軍(官軍)の戦死者を埋葬した74基の墓石があります。
この故郷ツアーは、すべて曽於市観光ボランティアガイドが分かりやすく案内していますので、大好評でした。2014.11.17-IMG_3135.JPG

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、11月30日(日)に曽於おもてなし隊と行く「悠久の森紅葉ウォ―キング」ツアーの参加者を募集しています。

内容は、①悠久の森紅葉ウォ―キング(往復7キロ:約2時間)、②森の文化祭(大川原キャンプ場で開催、地元芸能披露、特産品販売、甘酒・コンニャクの振舞い)です。全国遊歩百選の森「悠久の森」は緩やかな傾斜でとても歩き易いです。また、紅葉もきれいですので、たくさんの参加をお待ちしています。

■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の搭前/7時30分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・有料道路代・ウォ―キング参加料・
             食事代・ガイド料・添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:30名 
■小雨決行です。雨天候時は中止になりますこと、あらかじめご了承ください。
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

悠久の森ウォ―キング02.png

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、11月3日(月)に「県下三大祭 曽於岩川:弥五郎どん祭り」ツアーの参加者を募集しています。

内容は、①八幡神社祭り会場着(曽於おもてなし隊の説明後、自由行動)、②圧巻!弥五郎太鼓奉納、③お昼は曽於の秋の味覚たっぷりのお弁当、④市中パレード、⑤豚汁のふるまい、⑥弥五郎どん浜下りと目一杯の県下三大祭りを堪能できますので、たくさんの参加をお待ちしています。
   ※曽於おもてなし隊が近くに控えていますので安心です。

■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の搭前/7時45分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・有料道路代・食事代・ガイド料・
             添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:30名 
■小雨決行です。雨天候時は中止になりますこと、あらかじめご了承ください。
 
【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

弥五郎どん02.png

曽於市観光ボランティアガイドのスキルアップを図るため、自然散策分野のガイド研修会を10月3日に行いました。


                                                                               
最初に浜本講師提供の「インタープリター養成講座テキスト」に基づき座学を行いました
場所:大川原峡キャンプ場「もくもく館」2014.10.14-008.JPG

 

  悠久の森の入口で、自然散策に入る直前のガイド方法について学びました。2014.10.14-020.JPG

 

                 美しい花が咲いていました。何の花だろう?
                 シラネセンキュウ(白)とツリフネソウ(赤)です。2014.10.14-024.JPG

 

                        森林の成り立ちについて学びました2014.10.14-026.JPG

 

                         縦に長く連なったキノコがありました
                         ホウキダケとのことでした。2014.10.14-038.JPG

 

鳥のさえずりが聞こえますが、なかなか小さな鳥を見つけるのはむずかしいです
エガラ、コゲラなど悠久の森には沢山の鳥が生息しているとのことでした。2014.10.14-041.JPG

 

悠久の森に小さい滝があります。
浜本講師が言われるには、日本庭園風の趣むきのある素晴らしい滝とのことでした 2014.10.14-043.JPG

 

大川原峡では、MBCテレビの取材も加わり、研修もにぎやかになってきました2014.10.14-046.JPG

 

                        ミゾソバ(タデ科)が群生していました2014.10.14-051.JPG

サマー・キッズ体験を3回実施

| コメント(0) | トラックバック(0)

 726日・27日・30日に、子供さんの夏休みの思い出作りとして、きたん市場でサマー・キッズ体験を行いました。内容は、①陶芸体験、②釜でごはん炊き・カレー作り、③昼食、④竹で水鉄砲作り体験・水遊び、⑤スイカのおやつ と盛り沢山です。

  

   ①陶芸体験の様子です。家族で楽しそうに作っています2014.08.22-IMG_2061.JPG

  

                     こちらはお友達と頑張っています2014.08.22-IMG_2172.JPG

    

                        できあがった作品です2014.08.22-014.JPG

 

           上手に出来ました!焼き上がりが楽しみですね!2014.08.22-015.JPG

 

 

         

                  ②みんなでお米を研ぎました2014.08.22-IMG_2066.JPG

 

 

 

    さあ、釜でごはんを炊きましょう。火を焚くのは珍しいようです2014.08.22-025.JPG

 

    

    

        ごはんを炊いている間に、今度はカレー作りです2014.08.22-IMG_2078.JPG

 

 

 

   ③おなかペコペコだよ。いただきま~す!

    自分たちで作ったカレーは格別!おかわりする子も続出でした2014.08.22-051.JPG

 

 

       ④竹で水鉄砲を作るため、竹を切りました2014.08.22-044.JPG

 

 

 

自分たちで作った水鉄砲でおおはしゃぎ。ずぶぬれになって気持ち良さそうでした2014.08.22-075.JPG

 

          ⑤最後にスイカを食べて、サマー・キッズ体験は終わりました2014.08.22-IMG_2206.JPG

 

南国交通では、8月31日(日)、9月8日(月)、21日(日)、29日(月)の4日間に内之浦えっがね料理と曽於の涼をたずねてツアーの参加者を募集しています。

たくさんの参加をお待ちしております。

内之浦えっがね料理と曽於の涼をたずねて.jpg

 

基本乗車場所のご案内
8月31日(日)は吉田車庫→鹿児島中央ターミナルビル(旧南国日生ビル)
→鹿児島駅前からのご乗車となります。
9月8日(月)、21日(日)、29日(月)の3日間は
鹿児島中央ターミナルビル(旧南国日生ビル)からのご乗車となります。

参加申し込みは次のとおりですので、お早めにお申し込み下さい!

南国交通観光申込み先.jpg

 5月31日、大隅中央公民館で「曽於市観光ボランティアガイドの会」の研修会・総会・懇親会を開催しました。
総会では、役員改選、今後の活動予定、予算案等が事務局より提示され、すべてが承認されました。
 

 

    研修会の様子です
  研修結果を今後の観光ガイドに生かし、観光客に楽しく・分かり易く
  説明したいと思います
IMG_1067-260602-1.JPG

 

 

         研修会・総会後の懇親会場にて記念撮影IMG_2096-260602-02.JPG

 


曽於市観光ボランティアガイド一同お待ちしていますので、曽於市観光にお越しください。
10名以上の団体様につきましては、企画・段取り・案内を致しますので、お気軽にご相談ください。
          曽於市観光特産開発センター
            電話:0986-28-0111

 

曽於のグルメツアー

| コメント(0) | トラックバック(0)

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、6月24日(火)に「曽於おもてなし隊と行く:初夏の“おいしい”に触れる:地産地消・良いとこめぐり」ツアーの参加者を募集しています。

内容は、①松村農園でブルーベリーと南高梅の収穫体験、②お昼はあの有名な道の駅すえよしでバイキング、③畜産の町を代表するナンチク工場で見学とお買い物、④のどか園でマンゴー園を見学して、マンゴーシャーベットとハーブティーでティータイムとグルメ満載の美味しいツアーですので、たくさんの参加をお待ちしています。

■集合場所/時間:鹿児島中央駅西口 切子の搭の前/8時15分
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・食事代・ガイド料・
             体験料・添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回  ■添乗員:同行します 
■最小催行人数:25名(定員42名)


  【問い合わせ・申込先】
  鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
    TEL:099-201-9897  FAX:099-225-8761

 

初夏のおいしいに触れる地産地消良いとこめぐり-003.png

 今回は後編です。見学地は、財部町の悠久の森・桐原の滝・大川原峡、末吉町の熊野神社・山中顕彰館・吉井淳二生誕の地です。

 

        昼食を終え、弥五郎伝説の里で記念撮影
        広々とした緑の中は気分爽快でした025-260520-25.JPG

 


   全国遊歩百選の森に認定されている「悠久の森」を散策しました
   どうです! この素晴らしい景観!
   ふるさと曽於市を見直されたようです 028-260520-28.JPG

 


  霧島ジオパークのジオサイトである「桐原の滝」を見学
  ほとんどの人が曽於市に綺麗な滝があることを知らなかったようです
  知らないところを見学できて、参加者の皆さん大喜びでした 031-260520-31.JPG

 


      観光を終えた後は、懇親会場のグリーン赤坂で記念撮影
033-260520-33.JPG

 

 
 畜産の町らしく、懇親会の料理は黒豚と黒毛和牛のしゃぶしゃぶです
 5年ぶりの同窓会ということもあり、遅くまで昔話に花が咲いていました  036-260520-36.JPG

 

 同窓会も在り来たりの酒飲みだけでなく、ふるさとを再発見する観光旅行が極めて有効であることが分かりました。
曽於市の同窓会幹事の皆様、観光旅行は是非、曽於市観光特産開発センターにお任せ下さい。企画から段取り、そして案内まですべてを請け負います。
  曽於市観光特産開発センター     電話:0986-28-0111 
 

 末吉中学校の同窓会から曽於市内の観光旅行を依頼されましたので、旅行の一部を紹介します。
同窓会の幹事さん、曽於市内の観光なら当観光特産開発センターにお任せ下さい。

電話:0986-28-0111

 


      まず母校の末吉中学校に行ってきました
      なぜか賑やかな女性だけが集まってしまいました001-260519-1.JPG

 

    女性にはじかれた男性陣も、集めて記念撮影(末吉中学校) 002-260519-2.JPG

 


 島津荘を開拓し、晩年末吉町の橋野退隠した「平季基(たいらの
 すえもと)」の墓を見学
 こんな偉業をなした人が末吉町に住んでいたなんて知らなかったと大感激 004-260519-3.JPG

 

   第2次世界大戦で彗星飛行機を主とする夜襲隊が次々に沖縄方面に
   出撃した旧海軍岩川飛行場跡にある芙蓉之塔で、岩川飛行場につい
   て学びました
   岩川飛行場も知らなかったと感激 010-260519-4.JPG

 

            芙蓉之塔前で記念撮影 014-260519-5.JPG

 

        「弥五郎伝説の里」で昼食
        木陰の芝生で特製弁当を食べるのは気分最高  017-260519-6.JPG

 


        こちらは東屋で食べています
        その奥では男性陣が食べているようです 019-260519-7.JPG

 


             男性陣のグループです021-260519-8.JPG

 

次回は午後の部を紹介しますので、乞う御期待


 

「悠久の森」散策ツアー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 5月4日に鹿児島県旅行業協同組合の観光ツアーがあり、曽於市の「悠久の森」を散策しました。5月の「悠久の森」は、美しい花が見られますので、お出かけ下さい。
 

 

            今日の悠久の森は神秘的でした005-2016-05-18.JPG

 

 

    「悠久の森」の中央を流れる川に降りて、趣のある川に感激
011-2016-05-18-2.JPG

 

 

  こんなに綺麗な「タツナミソウ」を見つけ、しばらく足を止めました015-2016-05-18-03.JPG
 

曽於市内に太平洋戦争末期に海軍飛行場や地下発電所等があったことをご存じですか。

 戦争末期、赤紙一枚で招集され、生きて帰ることのない特攻作戦で多くの命が散華しました。

 このような中、芙蓉部隊の指揮官美濃部少佐が、特攻作戦に異を唱え、夜間攻撃を主張し岩川飛行場に実現しました。

現在、零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹さんのベストセラー小説「永遠の0」及び映画が爆発的な人気となっています。

特攻でない夜間攻撃で数々の戦果を上げたこの部隊に、あの宮部中尉がいたら彼の運命は変わっていたでしょうか。

これを機会に、「そおし発掘・盛り上げ隊」は、太平洋戦争と曽於市の関わりを知って頂くため、芙蓉部隊と市内の戦跡巡りを企画しましたので、多くの参加をお待ちしています。

なお、「そおし発掘・盛り上げ隊」の会員限定ですので、会員でない方は会員(入会金500円のみ)になって頂くことが必要です。

 

 

1.日 時      4月20日(日) 13時30分~16時30分

2.場 所      芙蓉の塔、地下発電所、無線壕、覚照寺等

3.参加料  600円(バス・保険・ガイド代)

4.主 催      そおし発掘・盛り上げ隊

5.定 員      先着30人(要事前予約)

6.集合場所    弥五郎伝説の里 健康ふれあい館

7.集合時間  13時15分

8.お問い合わせ・申込み先   

            曽於市観光特産開発センター

                                      電 話  0986-28-0111

                                      FAX  0986-79-1147 

 

    注:歩きやすい服装でご参加下さい。

溝ノ口岩穴祭りツアーの募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

  鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、4月6日に「溝ノ口岩穴祭りツアー」の参加者を募集しています。たくさんの参加をお待ちしています。
 なお、乗降場所は鹿児島中央駅西口、鹿児島駅、吉野(早馬バス停)、桜島SAです。

 溝ノ口岩穴祭り(改正)-001.jpg

 

 

 (見所満載のツアー)
①溝ノ口岩穴祭りは、パワースポットである溝ノ口洞穴で行われることから非常に神秘的です。また、交通の不便な山の中で行われることから、多くの人に知られていない穴場です。

②溝ノ口洞穴は、鹿児島県指定天然記念物で日本のパワースポットにも選ばれています。 この洞穴は漆黒の世界ですので、懐中電灯を持ってプチ探検をします。

③日本の滝百選「関之尾滝」、世界一の甌穴(おうけつ)群」は見応え十分です。

④昼食は、曽於の農畜産物を使った特性豪華弁当をご賞味頂きます。

⑤最後に、母智丘の桜と「もちお桜まつり」を見学します。

(行 程)
鹿児島中央駅(8:00発)==《高速道路》==道の駅すえよし
==溝ノ口洞穴(プチ洞穴探検、祭り見学)
==【昼食】関之尾滝でせせらぎを眺めながら・・曽於の特産品満載の豪華弁当をご賞味
==関之尾滝をたっぷり散策==母智丘公園の桜祭り==道の駅たからべ
==《高速道路》==鹿児島中央駅(18:00頃着)

☆バスを降りて洞穴まで片道1.3キロ歩きます、歩きやすい靴でご参加ください

■旅行代金に含まれるもの:貸切バス代・高速代・食事代・ガイド料・
             添乗員経費・消費税
■食事条件:昼1回 ■添乗員:同行します ◆最小催行人数:20名

 

[お問合わせ・お申し込み先]    鹿児島県旅行業協同組合 魅旅
  ℡099-201-9897 (受付時間 平日AM9:00~PM5:30)
  〒892-0816 鹿児島市山下町17-5-2F  
http://www.mitabi.net
   鹿児島県知事登録2-216号 総合旅行業務取扱責任者 大熊信久

 

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、3月8日(土)に「曽於の見逃せない芸能」ツアーの参加者を募集しています。曽於出身の画家吉井淳二記念展の入賞作品鑑賞、曽於の見逃せない多数の芸能鑑賞・体験、昼食は黒豚しゃぶしゃぶと楽しさ一杯のツアーですので、たくさんの参加をお待ちしています。

 

(乗降場所)
鹿児島中央駅西口==鹿児島駅==吉野(早馬バス停)==桜島SAの4ヶ所からご乗車できます。

20140308-geinou.jpg

 

奇習 鬼追い祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月7日、曽於市末吉町深川の熊野神社で「鬼追い祭り」が開催されました。
夜の行事であるにもかかわらず、怖いもの見たさか、観客、マスコミ関係、それに鹿児島中央駅発着の観光ツアー客も来られ大賑わいでした。
今年見ることが出来なかった人は、是非来年見に来て下さい。


地元の皆様は、境内でワラで作った馬、鬼の手、大豆を販売されていました。
あぁー、正月だなぁ-!
大変な人気で、特にワラで作った馬は直ぐに売り切れていました。2014.1.7-002-01.JPG

 

 

当開発センターは、今年初めて境内で特産品販売を行いました。
「鬼追いかるかん」、「鬼追いそまげ」、ゆべし、「幸運の財(たから)大吉ようかん」、ぶるーベリージャム、野菜味噌などを販売し、大変喜ばれました。
また、勝目製茶園は、お茶の試飲とお茶の販売をされ、特にお茶のサービスは喜ばれていました。2014.1.7-008-01.JPG

 

 

鹿児島県旅行業業同組合の「鬼追いツアー」客に、迫ボランティアガイドが熊野神社や鬼追いについて説明2014.1.7-014-01.JPG

 

 

観光ツアー客は、北部青少年館で地元のおもてなし、地元の鬼づくし料理、鬼追い焼酎で夕食を満喫して頂きました。2014.1.7-029-01.JPG

 

 

境内では、鬼福ゲーム(ビンゴ)、ひょっとこ踊りの奉納、鬼神太鼓の奉納があり、観客は大満足でした。特に、ライトアップされた鬼神太鼓は、見て良し・聞いて良しで、大感動でした2014.1.7-040-01.JPG

 

 

そして、期待の鬼追いが行われました。
暗闇の中を3匹の鬼が走って来て、棒で叩くので怖い・怖い!
しかし、多くの観客に囲まれると、鬼も動きが取れなくなり、必死に暴れます。
もう喧嘩になりそうです。
怖いけど、やみつきになりそう!2014.1.7-50-01.JPG

 

 

鬼が鬼堂に引き上げると、観客に煎り豆が配られます。
豆をもらう多くの人で、ごった返しです。
この豆を食べて、1年間が無病息災、招福間違いなし。
今年1年が皆様にとって、最高の年になりますようお祈り致します

そば打ち体験

| コメント(0) | トラックバック(0)

           財部町中谷地区のそば粉を使って、つなぎなし「そば粉100パーセント」
のそば打ち体験を12月15日 大隅農産加工センター、12月22日そお
生きいき健康センターで 行いました
 

         最初に持田講師が作り方の手本を示します002-00001.JPG

 

         習ったとおり早速挑戦です006-002.JPG

 

         皆さん、なかなか上手にできています008-003.JPG

  

       持田講師が500gのそば打ちを披露しました009-001.JPG

 

      さあー、薩摩鴨汁そばとおにぎりをいただきましょう019-004.JPG

 

            おいしいでーすIMG_9709-005.JPG
 

 鹿児島市周辺の皆様へ朗報です。

 

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、1月7日(火)に「奇習 鬼追い」のツアー参加者を募集しています。旅行先は、鹿児島県曽於市です。

この鬼追いは、鹿児島県指定無形民俗文化財で、日本一の暴れ鬼として有名です。

暴れ鬼の御弊をもぎ取れば、1年間健康であると言われています。また、鬼に叩かれても1年間健康であると言われています。たくさんの参加をお待ちしています。

見所は、次の7点です。

 ①ひょうきんなひょっとこ踊り

 ②ライトアップされた幻想的な鬼神太鼓

 ③鬼追いづくしの田舎料理・鬼追い焼酎の夕食、そして地域住民と交流

 ④景品が当たる鬼福ゲーム

 ⑤大迫力の鬼追い

 ⑥豆まき(豆をもらって健康に)

 ⑦山中顕彰館の見学(沖縄の神様、ミスター税調と言われていた元国会議員・山中貞則先生の記念館)

 

なお、出発は鹿児島中央駅西口、申し込み先は鹿児島県旅行業協同組合です。(電話:099-201-9897)

 

 kisiyuu[1]-1.png

肝付町との観光交流

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターは、肝付町と観光交流を行っています。
 これを受け、11月30日、曽於市に肝付町の観光ガイド等の観光関係者が、現地研修に来られました。
当日は、曽於市観光ボランティアガイドが山中顕彰館、熊野神社、悠久の森、桐原の滝等を案内するとともに意見交換会も行いました。この他、ゆず狩り、昼食は曽於市特産品を生かした「ゆず三昧料理」を食して頂きました。

 

曽於市観光ボランティアガイドが、山中顕彰館を案内しました
豪華な椅子にびっくりされていました
元国会議員で、「ミスター税調」、「沖縄の神様」との異名をとった、あの有名な山中貞則先生の自宅です003-001.JPG

 

   熊野神社、日本一の暴れ鬼で有名な「鬼追い」の説明をしました
   1月7日の夜「鬼追い祭り」が行われますので、鬼の世界にお越し下さい008-002.JPG

 

大川原峡の説明をしています
ここの岩は、約34万年前の加久藤火砕流が堆積して固まって出来たものです020-003.JPG

 

肝付町のガイドを中心とした観光関係者と曽於市観光ボランティアガイドが意見交換を行いました
和やかで活発な意見交換となり、時間をオーバーした次第です
また、次回の再会を約束し、現地研修会を終えました
033-004.JPG

高岡小学校の銀杏(イチョウ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月15日現在の銀杏の紅葉状況です。
紅葉が始まりましたので、是非見に行って下さい。
ただし、授業の邪魔にならないようにお願いします。
 

 


                              観光客が見学に来られていました005-01.JPG

 

 

                           右側はケヤキです。両方楽しんで下さい008-01.JPG

 曽於市観光ボランティアガイドが、3年目にして栄えある賞を10月31日受賞しました。これは県知事が、高齢者が中心となって地域に貢献する活動を行っている団体を表彰するもので、表彰状と副賞(10万円)が授与されました。
 曽於市観光ボランティアガイドは、平成23年に発足し、会員63人で構成され、観光特産開発センターが実施している観光ツアーのガイドを行っている団体で、曽於市の観光に大いに貢献しています。これからもガイドの腕を磨き、曽於市の観光を盛り上げて頂きたいと思います。
 
 

 高木会長が表彰賞状を受賞しました(鹿児島県民交流センター 県民ホール)011-01.JPG

 

 

                           曽於市に帰って、早速祝賀会を行いました031-01.JPG

 

 

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、11月10日(日)に「曽於市民祭・やっちく松山藩まつり・ゆず三昧の旅」の参加者を募集しています。香西かおりショー・幻の一夜城・ゆず三昧料理など盛り沢山ですので、たくさんの参加をお待ちしています。
 なお、出発は鹿児島中央駅西口です。
 

 

1110mitabi-01.jpg

 

 

鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)は、11月3日(日)に「弥五郎どん祭りとかごしまお茶まつり」のツアーの参加者を募集しています。年に一度の感謝ツアーですので、たくさんの参加をお待ちしています。
 なお、出発は鹿児島中央駅西口です
1103mitabi-01.jpg

 

 

   お問い合わせ、申し込み先mitabi_logo-03.jpg

   10月11日、曽於市観光ボランティアガイドの現地研修会を行いました。研修場所は南さつま市加世田(加世田いにしえガイド)です。参加者は63人中29人でした。


    大坂ふれあい館から金峰山(636m)の説明を受けました
    案内して下さったのは、加世田いにしえガイドの皆様です 004-01.JPG

 

平安時代末期、別府忠明が開いた別府城の跡を研修しました
014-02.JPG

 

武家屋敷群を案内して頂きました。水路があって雰囲気も抜群でした
029-03.JPG

 

          竹田神社を案内して頂きました
         その跡、「いにしえの道」も案内して頂きました
         いにしえの道には、島津日新公の「いろは歌集」の石碑があり、
        人生に役に立つ言葉に感銘を受けました
034-04.JPG

 

    竹田神社ではお茶とお菓子のおもてなしをして頂き、
    有り難うございました
    この後、雨が降ってきたのですが、素早く傘を持ってきて
    下さり濡れずにすみました
    素晴らしいおもてなしに感動しました        036-05.JPG

 

                   加世田いにしえガイドの皆様と意見交換をしました
                   とても親切に対応して頂き、大変勉強になりました
041-06.JPG

 

              万世特攻平和祈念館を説明して頂きました
              私たちを座らせて説明されました
              (ガイドの基本が出来ているのに感心)044-07.JPG

 

     この後、曽於市出身であります吉井淳二先生の絵画を所蔵している
    吉井淳二美術館を見学しました。
    加世田いにしえガイドの会の皆様、懇切丁寧な案内をして頂き有り
    難うございました。皆様を見習って、曽於市観光ボランティアガイド
    も成長したいと思います。

山中顕彰館(山中貞則先生)

| コメント(0) | トラックバック(0)

  当開発センターは、鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)と連携して観光ツアーを行っています。
 今回のコースは、山中顕彰館、そば打ち体験・そばの昼食、青ゆず狩り、平季基(たいらのすえもと)の墓、都城島津伝承館・都城島津邸、道の駅すえよしでした。
 今回は観光地として始めて観光コースに取り入れた山中顕彰館だけを紹介します。
 山中顕彰館は、元国会議員・山中貞則氏の邸宅であったもので、これから改修工事をすることになっていますので、正式には観光地としてスタートしていません。
 山中貞則先生は、総理府総務長官、防衛庁長官、通産大臣を努められたばかりでなく、ミスター税調、沖縄の神様の異名をとった素晴らしい代議士でした。
この様な素晴らしい代議士が曽於市から輩出されたことは、曽於市の大きな誇りであります。

 

山中顕彰館の庭で山中先生の概要を聞きました
IMG_8813-01.JPG

 

山中先生が集められていた各種テーブルを見学しました
IMG_8814-02.JPG

 

山中先生が所蔵されていた超豪華な応接セットを見学しましたIMG_8815-03.JPG

 

顕彰館の庭も見学させて頂きましたIMG_8816-04.JPG
 

そば打ち体験等ツアー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターは、旅行業者と連携してそば打ち体験を組み入れた観光ツア実施しています。
 地元のそば粉100%でそば打ちを行います。つなぎ無しですが、なぜか細くて長~いそばが出来ます。皆さんビックリです。
  是非、曽於市の観光ツアーに参加して、見事なそば打ちを体験して下さい。
  

     2人1組で交互に作ります。最初はおぼつかない手つきでしたが、
    ドンドン上手になっていました。
IMG_8783-01.JPG

    

     先生の実演も見せて頂きました。参加者は、軽やかな
     手さばきに感心しきりでした。     IMG_8795-02.JPG

 

      つなぎなしの十割そばですが、こんなに細く長い
      そばが出来ます。ビックリです。
IMG_8802-04.JPG

 

     ざるそばでまず味見。そして黒豚シャブ・野菜そばを
     食べました。
     曽於市名産の豚味噌入りおにぎりも食べました。
     それに自分で打ったそばはお持ち帰りです。満足・満足。IMG_8800-03.JPG

南国交通では、11月23日(土)に曽於・住吉神社の豊祭「流鏑馬」ツアーの参加者を募集しています。

たくさんの参加をお待ちしております。

 

流鏑馬-02.PNG 

基本乗車場所のご案内
鹿児島中央ターミナルビル(旧南国日生ビル)→照国町→清水町バス停→
早馬バス停→花棚みやこ迫バス停→吉田車庫→桜島SAからのご乗車となります。

参加申し込みは次のとおりですので、お早めにお申し込み下さい!南国交通観光-01.jpg

南国交通では、10月7日(月)と11月25日(月)に曽於の絶品!そば打ち体験とゆず収穫体験のツアーの参加者を募集しています。

たくさんの参加をお待ちしております。

 

画像1-04.PNG

基本乗車場所のご案内

鹿児島中央ターミナルビル(旧南国日生ビル)→照国町→清水町バス停→

早馬バス停→花棚みやこ迫バス停→吉田車庫→桜島SAからのご乗車とな

ります。


参加申し込みは次のとおりですので、お早めにお申し込み下さい!南国交通問い合わせ先

 

南国交通では、11月24日(日)、全国遊歩百選の森 「悠久の森」ウォーキング大会のツアーの参加者を募集しています。

たくさんの参加をお待ちしております。

 

全国遊歩百選の森 悠久の森ウォーキング大会基本乗車場所のご案内

鹿児島中央ターミナルビル(旧南国日生ビル)→照国町→清水町バス停→

早馬バス停→花棚みやこ迫バス停→吉田車庫→桜島SAからのご乗車とな

ります。


参加申し込みは次のとおりですので、お早めにお申し込み下さい!

南国交通問い合わせ先

 

 

 

サマー・キッズ体験(後編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市観光特産開発センターは、7月27日、8月7日に「サマー・キッズ体験」を行いました。
今回は、都城市の西幼稚園学童保育の皆様が来て下さった7日の「サマー・キッズ体験」の後編です。

 

                          握り飯を食べた後は、そうめん流しですIMG_8294-01.JPG

 

 

握り飯を2個も食べたので、そうめんは余り食べられないだろうと思っていたら、食べる・食べる。ビックリしましたIMG_8295-01.JPG

 

 

                      最後は竹で水鉄砲作りです。まず作り方を学びますIMG_8306-01.JPG

 

 

                                   さぁー、水鉄砲で遊ぶぞ~IMG_8309-01.JPG

 

 

         もうびしょ濡れです。本当に心から楽しんでいました。最高~で~すIMG_8317-01.JPG

 

 

            飽きることなく、水のかけっこをして、いつまでも楽しんでいました
            素晴らしい夏の思い出が出来たのではと思いますIMG_8319-01.JPG

サマー・キッズ体験(前編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市観光特産開発センターは、7月27日、8月7日に「サマー・キッズ体験」を行いました。
今回は、都城市の西幼稚園学童保育の皆様が来て下さった7日の「サマー・キッズ体験」を紹介します。

 

             こんなに沢山の人が来て下さいました。思う存分楽しんで下さいIMG_8249-01.JPG

 

 

              最初は陶芸作り体験です。どんなのが出来るかな~ ワクワク   IMG_8256-01.JPG

 

 

                        小さな子供も必死に作っています。上手でしょうIMG_8267-01.JPG

 

 

               次は2か所で米研ぎです。子供は水を触るのが大好きのようですIMG_8268-01.JPG

 

 

  米研ぎが終わったら、2か所で釜でご飯炊きです。薪を焚くのは珍しかったようですIMG_8277-01.JPG

 

 


                 米が炊けたので、次は2種類の握り飯作りです
                 自分で握ったのは、自分で食べて貰いました。満足で~すIMG_8288-01.JPG

 曽於市と曽於市観光特産開発センターは、平成24年度を「曽於市観光元年」と位置づけ、観光を本格的にスタートさせました。その結果、約40回の観光ツアーを実施することが出来、大きく前進したようです。これを支えたのが、曽於市観光ボランティアガイドの会員でありました。
 開発センターは、さらに観光ガイドのスキルアップを図るため、5月24日「きらら館」で観光ガイドの研修会を開催し、観光ツアーのアンケート集計・分析結果やお持てなしについて研修を行いました。
 その後、ガイドの会の総会、引き続いて懇親会を開催し、25年度も観光の振興に貢献することを誓いました。
 曽於市の観光ツアーは、すべて観光ガイドが分かり易く案内しますので、非常に楽しく、かつ勉強になります。是非曽於市へお越し下さい。
                               (問い合わせ先:0986-28-0111)

 

 ツアー客に満足して頂くため、観光ガイドのスキルアップを図っています(研修会)IMG_7632-01.JPG

 

 

             総会で24年度の報告と25年度の計画が了承されましたIMG_7630-01.JPG

 

 

                 最後は楽しい懇親会で、相互の交流を図りましたIMG_1454-01.JPG

 曽於市大隅町にオープンしました、高所で木から木へ渡り歩く遊び「フォレスト・アドベンチャー」が賑わっていました。
 ゴールデン・ウイークに予約をしようと電話を入れたら、ゴールデン・ウイークの休みの日は、予約で一杯とのことでした。しかし、たまたまお昼の12時が空いているとのことでしたので、早速予約をした次第です。
  それでは、森の中で登って・渡って・滑る「フォレスト・アドベンチャー」を紹介します。

 

               スタッフに安全具を装着して頂いたので、これから出発だIMG_0286-01.JPG

 

 

               最初に、スタッフから安全具の付け方などの説明を聞きますIMG_0287-01.JPG

 

 

       さぁー、スタートです。高い位置にあるプラットホームまで登っていきますIMG_0288-01.JPG

 

 

                     高い位置にある遊具上を移動します。恐いよ~IMG_0292-01.JPG

 

 

   高いところにあるプラットホームに登り、色々設置された遊具を使って移動しますIMG_0299-01.JPG

 

 

        ワイヤーにぶら下がって、滑って移動します。飛び降り時が恐かった~IMG_0306-01.JPG

 

 

          滑って移動していくと、この写真の網にぶっつかります。
          網を掴まえたら、次は網を横移動ですIMG_0308-01.JPG

 

 

         高い位置にあるプラットホームからプラットホームに移動します
         後半になると、ほとんどの人が慣れて、笑顔になっていましたIMG_0309-01.JPG

 

 

最初は、ワイヤーにぶら下がって滑っていくのも、おっかなびっくりでしたが、もう笑顔だけでなく、手放し状態で、心から楽しんでいます。ワァーイIMG_0311-01.JPG

 

 

 高所での危険な遊びですが、安全具の装着をし、安全講習を受けますので、ルールさえ守れば安全です。 
  南九州で初めての、自然の中での楽しい遊びにトライして下さい。

        問合せ先:フォレスト・アドベンチャー おおすみ
                       電話 080-8555-1324
                  曽於市観光特産開発センター
                       電話 0986-28-0111

曽於市産業発見ツアーの報告

| コメント(0) | トラックバック(0)

 4月25日に地元住民向けの「曽於市産業発見ツアー」を実施しました。
定員22名で募集しましたが、60人の申込みがあり、急遽定員2倍の44名に増やして行うことにしました。(1名急遽欠席で43名で実施)
 見学場所は、次の4か所でした。
        ①南九州畜産興業(ナンチク)の工場、買い物・昼食
              ②JAそおアグリサービス(製茶工場)
              ③曽於中央家畜市場
              ④津曲食品の加工場・買い物
  アンケート結果を見ると、ほとんどの人が満足したと答えており、産業発見ツアーは大成功でした。
  最後に、快く産業発見ツアーに応じて頂きましたナンチク、アグリサービス、曽於中央家畜市場、津曲食品の皆様に心より御礼を申し上げます。

 

ナンチクでは、牛と豚を屠畜解体から部分肉への一貫処理と、二次加工品の製造を行っています。
屠畜から処理をする工場としては、日本一の規模だそうです。
黒豚のストラップを頂き、「可愛いいわね~」とつぶやいていました。
ナンチクの工場敷地内を移動しているお客様IMG_1405-01.JPG

 

 

工場に入る前に工場長の説明がありました。
衛生面に相当気を付けているとのことで、全員エアーシャワー室で全身消毒し、その後手を洗うようにと注意がありました。IMG_7563-01.JPG

 

 

製茶工場で、まず概要の説明を聞きました。
稼働時期は4月から10月までだそうです。品種(やぶきた・ゆたかみどり等)も沢山ありますので、当然品種ごとに加工しているとのことでした。IMG_1409-01.JPG

 

 

    新茶の試飲、柚子ようかん・曽於茶ようかんの試食に、お客さんニコニコです
    最後に新茶まで頂き、ニコニコが最大になったようです。IMG_7568-01.JPG

 

 

曽於中央家畜市場は、何と子牛出荷頭数が全国一だそうです。
このことから曽於市は畜産の町だと言うことが分かります。
日本一の規模を誇る曽於中央家畜市場内です。IMG_1413-01.JPG

 

 

競りは20万円ぐらいからスタートしていました。そして、複数の人がボタンを押していると千円単位で上がっていくそうです。
競り落とされるまでの時間は、何とわずか約20秒だそうです。たった20秒で40~50万円ぐらいの価格が決まるの?畜産農家の心境は?IMG_1415-01.JPG

 

 

                   津曲食品の加工場見学です。
                   郷土菓子や和菓子、西洋菓子も作られています。
                   ブッセはとても美味しいそうですので、是非お求め下さい。
                  今は5月の節句前で、チマキ作りの最盛期でした。
                   お土産を頂き、またまたお客様は大喜びでした。IMG_1421-01.JPG

  4月19日(金)にオープンする「フォレストアドベンチャーおおすみ」の体験をして来ました。
 「フォレストアドベンチャー」は、自然の樹木や地形を生かしたフランス発祥のアウトドアパークで、地上10m以上の空中のコースを楽しみながら渡り歩いて遊ぶ施設です。コース場は、人任せでは前へ進めないため、必ず自分で考えて行動することが前提です。危険の中での遊びで、考える力やリスクマネジメント能力の成長が期待できます。特に、「自分の身の安全は自分で守る」という力が身につきます。一方、危険な遊びながらも、子どもから大人まで夢中になれる施設です。
 私も高い所で「考えて登り・渡り・滑る」の動きが、最初は出来るかな?と心配しましたが、インストラクターの丁寧な説明で基本を学んだ後、いざ!!。
 滑走するときには怖さ半分、でも思い切って飛び降りると宙を舞うようで気分爽快でした。それに良い運動にもなりました。
 皆さんも勇気を奮って、是非新たな体験に挑戦して下さい。

 

        場所:弥五郎伝説の里 南側
        時間:9時~17時(季節によって変更有り)
        定休日:不定休(必ず事前にお問い合わせ下さい)
        料金:小人(小学1年生~17才)…… 2,500円
               大人(18才以上)      …… 3,000円
             団体割引(10名以上 要予約) 
                         小人  …… 2,300円
                                     大人 …… 2,800円
        電話:080-8555-1324
              ※混雑時は予約者を優先しますので、なるべく予約をお願いします。
        メール:osumi@foret-aventure.jp
                又は【フォレストアドベンチャー】で検索 
  

                  

                    最初に安全講習(ブリーフィング)を受けます。
                    命が懸かっているので子供達も必死ですDSCN6136-01.JPG

 

 

          子供も危なげなく渡っています。恐かったけど、楽しかったー!P4030080-1-01.JPG

 

 

                            ワイヤーにぶら下がり勢いよく滑走~!
                            恐いけど、気持ちイイーDSCN6243-01.JPG

 

 

 

 

             ⑦おおすみ弥五郎伝説の里の桜をご覧下さいIMG_1327-01.JPG

 

 

                  ⑧桜の花をアップでIMG_1325-01.JPG

 

 

              ⑨財部城山総合運動公園ですIMG_1330-01.JPG

 

 

       ⑩財部城山総合運動公園の桜を遠くから見ると、こんな感じですIMG_1331-01.JPG

 

 

                 ⑪横市川の堤防ですIMG_1333-01.JPG

 

 

    ⑫最後は、旧今町駅周辺です
      ツアー客の皆様は、沢山の桜の名所を見学したので、大満足でしたIMG_1337-01.JPG

 当開発センターは、3月31日に「春らんまん 桜ツアー」を計画していましたが、平年よりも11日早く桜が開花したので、慌てて3月24日に急遽変更しました。
  今年の桜ツアーの特徴は、例年と変化を持たせるため、曽於市以外の桜の名所もコースに入れたこと、花見弁当をレストランの花見御膳にしたことです。
  さて、当日は雨も心配されましたが、曇りで風もなく、それに花はちょうど満開で、花見に最適な1日でした。
  では桜ツアーの状況を紹介します。

 

       ①最初は旧末吉駅周辺です。
        傘を持っている人もいましたが、雨も降らず良かったですIMG_7509-01.JPG

 

 

         ②グリーン赤坂で髙岡観光ガイドが説明していますIMG_1309-01.JPG

 

 

           ③城山総合運動公園の松山城址ですIMG_7522-01.JPG

 

 

         ④大隅総合運動公園で、集合写真を撮りましたIMG_1319-01.JPG

 

 

        ⑤おおすみ弥五郎伝説の里の「やごろう亭」で昼食ですIMG_1322-01.JPG

 

 

                 ⑥花見御膳を食べて満足IMG_1323-01.JPG

 曽於市観光特産開発センターは、平成24年度を「曽於市観光元年」と位置付け、様々な観光ツアーを実施しています。この観光ツアーの最大の功労者は、35人の会員がいる曽於市観光ボランティアガイドの会員で、ガイドの説明が観光客にも大変喜んで頂いていること、曽於市の素晴らしい観光地のPRにも貢献して頂いています。
 このため当開発センターは、1月25日、観光ボランティアガイドの会の技術を向上するため、研修会を開催しました。研修会ではガイドの仕方やアンケート調査結果等について学ぶとともに、久々に会員同士の交流会も行いました。
 また、様々なガイドの服装(曽於市観光ガイド・ひょっとこ・ゴッタンのユニフォーム、古代衣装)をした観光ガイドの集合写真を撮り、外部に向けてのPRも積極的に行うことにしています。

 

   最初は高木会長あいさつ
   難しいことを話すのではなく、分かり易く・楽しく話すことが大切とあいさつIMG_7147-01.JPG

 

 

   続いて吉川所長(事務局長)あいさつ
   毎月3回の割合で観光ツアーを実施出来たのは、観光ボランティアガイドの
   協力があったからと感謝の気持ちを述べられましたIMG_7150-01.JPG

 

 

      観光ガイドの研修中
      観光ガイドを行うに当たっては、事前下見が必要とのこと、
      クレームの対応の仕方等を学びましたIMG_7155-01.JPG

 

 

    曽於市観光ボランティアガイド・ゴッタン・ひょっとこ・古代衣装の
    ユニフォームをそれぞれ着て集合写真をパチリ
    私達が曽於市を案内します。よろしくお願い致しますIMG_7157-01.JPG

 

 

           研修と写真撮影が終わって、楽しい交流会
           牧之瀬副会長の進行によりスタートしましたIMG_7158-01.JPG

 

 

  寺島副会長による挨拶・乾杯
  これから楽しい交流会です。全員の自己紹介も行い、話は夜遅くまで続きましたIMG_7163-01.JPG

 

 

これから曽於市観光ボランティアガイドの会が益々発展し、観光客に大満足して頂くこと、観光客に曽於市をもっと好きになって頂きたいことを願っています。ガンバレ

                     ひょうきんなひょっとこ踊りに笑いがおこりましたIMG_7044-01.JPG

 

 

御幣をまとった鬼神による太鼓がライトアップされ、とても幻想的でした。大感動!IMG_7083-01.JPG

 

 

                    いよいよ鬼追いです。鬼が飛び出してきましたIMG_7086-01.JPG

 

 

     これから鬼が観客を叩きながら暴れます
     叩かれても1年間健康になると言われていますので…叩かれてみたいような…
     (鬼が暴れ回っている写真は、動きが速くて撮れませんでした)IMG_7099-01.JPG

 

 

        最後は豆まきで沢山のお客様で賑わいました
        豆をもらっても1年間健康と言われていますので、絶対もらうぞ~IMG_7111-01.JPG

 

 

ツアー客は、公民館で焼酎と田舎料理を食べ、地元の人と交流もでき、また地元の人に「鬼の手」で全員叩いて貰い、とても満足されていました。
 そして、ツアー客は、鬼福ゲーム(ビンゴ)で約3割の人が賞品をもらい、正月から縁起が良かったようです。
 さらに、テレビ取材に来られていた戦場カメラマンの渡部陽一さんに間近でお会いでき、感激されていました。
 ツアー客の皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。

  1月7日、熊野神社で毎年恒例になっている「奇習 鬼追い祭り」が行われました。
 今年は、初めての企画であります鹿児島中央駅発着の「鬼追いツアー」に26名が参加して下さいました。
 鬼追いツアーのスケジュールは次のとおりです。(前編は①~⑤まで掲載)
①「おおすみ弥五郎伝説の里」(巨大な弥五郎どんの銅像、弥五郎まつり館)
②「道の駅おおすみ」で自家製の黒豚料理の昼食・買い物
③メセナ温泉でゆったり入浴
④熊野神社(熊野神社・仁王像・五輪塔・鬼追い祭りの説明)
⑤地元住民と焼酎を頂きながら、地元料理で夕食(鬼そば、オニギリ、オニしめ等)
⑥鬼福ゲーム(ビンゴ)
⑦ひょっとこ踊り
⑧ライトアップされた幻想的な鬼神太鼓
⑨奇習 鬼追い
⑩豆まき

 

弥五郎まつり館では、弥五郎どんと弥五郎どん祭りについて、竹内ガイドの説明を聞き入っていましたIMG_7008-01.JPG

 

 

         メセナ温泉では、入浴後、ツアー客がツアー客に整骨をされていました
         なごやかな雰囲気で良かったですIMG_7009-01.JPG

 

 

           熊野神社では、吉川ガイドから仁王像や五輪塔の説明がありましたIMG_7013-01.JPG

 

 

              迫ガイドから熊野神社や鬼追いについて説明を聞きましたIMG_7018-01.JPG

 

 

     地元の方々の手料理と焼酎、地域住民との交流に大満足して頂きましたIMG_7035-01.JPG

⑤約3万年前の入戸(いと)火砕流の堆積物(シラス)が地下水の浸食作用によって出来た溝ノ口洞穴IMG_0912-01.JPG

 

 

⑥中谷小学校で昼食(特製弁当と豚汁)

自然の中を長いこと歩きましたので、お腹も空き、皆様ニコニコしながら美味しそうに食べていましたIMG_0916-01.JPG

 

 

 

 中谷小学校の肥後教頭先生が黒板に歓迎のあいさつを書いて迎えて下さいました
   日曜日だったのに気持ち良く迎えて頂き有り難うございましたIMG_0926-01.JPG

 

 

          特製弁当です。とても美味しかったと好評でしたIMG_6936-01.JPG

 

 

 ⑦約34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩からなる関之尾の甌穴群CIMG1800-01.JPG

 

 

    8約34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩からなる関之尾滝
      滝の高さ18m、 幅40mの滝で国の天然記念物指定IMG_0929-01.JPG

 

 

   ⑨やっと「滝の駅せきのお」に着き、閉会式です
     12kmの長い距離でしたが、参加者の皆様まだまだ元気のようでしたCIMG1817-01.JPG

 曽於市観光特産開発センターと曽於市は、12月16日、霧島ジオパークを広く知って頂くため、都城市と連携して霧島ジオパーク・トレッキングを開催しました。
 コースは曽於市の大川原峡から都城市の関之尾滝までで、観光ガイドと一緒に地質や植物を観察しながら12kmを散策しました。

 

    ①まず財部高齢者コミュニティセンターで開会式(吉川所長のあいさつ)IMG_6914-01.JPG

 

 

   ②約34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩からなる大川原峡IMG_0887-01.JPG

 

 

                どうですか。大川原峡の美しさCIMG1756-01.JPG

 

 

 ③約34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩で出来た桐原の滝。滝の高さ12m、 幅40mの気品のある滝。CIMG1770-01.JPG

 

 

 ④約34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩からなる三連轟(3つの内の中流)CIMG1779-01.JPG

 

 

              中流にある三連轟はこの様な滝ですIMG_0902-01.JPG

曽於市の末吉町に神々がお住みになっていた「神話の郷」があるとは。
参加者の皆様ビックリでした。

 

⑤中津瀬(檍小前の大淀川)にある石碑を見学
    伊邪那岐命は、黄泉国(よもつくに)にて穢れた身体を洗い清めるため、筑紫の日向(ひむか)の橘の小門(おど)の阿波岐原にお着きになり、中津瀬で禊払(みそぎばら)いをされました。この時に天照大御神をはじめ多くの神々をお生みになりました。
         筑紫は九州。   日向は現在の宮崎と大隅東部。
       橘は橘岳。    小門は大淀川。

 

            中津瀬の石碑は、高い石碑ではなく、手前の最も小さい石碑ですIMG_6883-01.JPG

 

 

 ⑥黄泉平坂(よもつひらさか)を見学
伊邪那岐命が黄泉国(よもつくに)から逃げる途中、黄泉平坂まで逃げ、そこにあった桃を投げつけると鬼どもは逃げ帰っていきました。
地名で「桃の木」の伝承地があります。
黄泉国(よもつくに)は、死者が住むと信じられた国。IMG_6888-01.JPG

 

 

 ⑦天の岩戸神社を見学
 天照大御神は、建速須佐之男命が言いつけを守らず高天原(たかまがはら)で さんざん乱暴を働かれたの で、お怒りになって天の岩戸に身を隠されました。
南之郷にある桜谷(佐久良谷)の洞穴です。IMG_6895-01.JPG

 

 

   ⑧現地見学を終えて、九州一のゆず生産地が提供する「ゆず三昧定食」の昼食
  食彩亭 磯華さんで今年開発した「ゆず三昧定食」を頂き、神話の郷ツアーを終わりました。IMG_6904-01.JPG

 

 

  今日のゆず三昧定食です。他のメニューもありますので是非食べに来て下さい。IMG_6902-01.JPG

 今年が古事記編纂から1,300年であること、曽於市に古事記の舞台となった所が多数あることから、曽於市観光特産開発センターは、12月8日(土)曽於市の魅力発見ツアー〔神話の郷ツアー〕を実施しました。

 

       ①最初にメセナ温泉の研修室で事前学習
       神話の概要と古事記の舞台となっている曽於市の場所等を学習しました。
      持田ガイド・佐野ガイドは、古代衣装を着てのぞみました。IMG_6845-01.JPG

 

 

②住吉神社を見学
住吉神社は、伊邪那岐命が中津瀬(大淀川)で禊祓をされた際にお生まれになった住吉三神〔上筒男命(うわつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつのおのみこと)、底筒男命(そこつつのおのみこと)〕を祭神として崇めている神社です。IMG_6854-01.JPG

 

 

③天の浮橋の橋柱があった所(柄基:つかもと)を見学
伊邪那岐命と伊邪那美命は、国造りのため天の浮橋(天上界と地上界の通路)にお立ちになり、天の沼矛(ぬぼこ)で下界を掻き混ぜられ、矛のしずくにより出来た最初の島である「おのごろ島」に天の御柱を建て、契を交わし、国造りを始められました。IMG_6864-01.JPG

 

 

④檍神社を見学
檍神社の主祭神は、伊邪那岐命と伊邪那美命で、祭神は神代七代(かみよななよ)の神です。
檍神社は、橘の小門(おど)の阿波岐原中津瀬の伊邪那岐命の禊払いの聖地として鎮座されました。また、明治末期に古事記にまつわる周辺の神社4社(上津片加男(うわつかたがおの)神社・眞木男(まきお)神社等)を含め、計7社を合祀しています。IMG_6868-01.JPG

曽於市観光ツアー

| コメント(0) | トラックバック(0)

 10月27日(土)、11月4日(日)の両日、鹿児島市等から観光客が来られました。
 コースは「ゆずの収穫・ゆず搾汁工場見学・ゆず三昧料理・ひょっとこ踊り・奇習 鬼追いの里の熊野神社・道の駅すえよし」です。
 曽於市は九州一のゆず生産地であることから、ゆずの収穫期に合わせて、ゆずをメインにした季節限定の観光でした。
 観光客にはすべてを満足して頂けましたが、特に食彩亭「磯華」さんでの「ゆず三昧定食」、ユーモラスなひょっとこ踊りの見学と練習は大好評でした。

 

                              ゆずの収穫を楽しんでいますIMG_6594-01.JPG

 

 

     ゆずの搾汁工場の見学です。ものすごく良い香りがしており、癒されましたIMG_0820-01.JPG

 

 

          いよいよお楽しみの「ゆず三昧定食」の昼食です。美味しかった~IMG_6441-01.JPG

 

 

    ひょっとこ踊りの見学です。この後、ひょっとこ踊りを練習しました。笑った~IMG_6446-01.JPG

 

 

              ひょっとこ同好会の方々と一緒に集合写真を撮りましたIMG_0829-01.JPG

 

 

           熊野神社の仁王像の説明を聞いて、とても勉強になりましたIMG_6465-01.JPG

 

 

          熊野神社の鬼追いが日本一の暴れ鬼と聞いて、びっくりしましたIMG_0841-01.JPG

 曽於市観光特産開発センターは、10月14日(日)新地六地蔵を始め、島津荘を開拓した平季基(たいらの すえもと)の墓、幾重にも掘が廻らしてある平松城跡や肝付竹友(きもつき ちくゆう)の墓など曽於市の歴史と文化財を訪ねる観光ツアーを実施しました。
 参加者の皆さんはとても勉強熱心で、メモをとられたり専門的な質問なども飛び出し、有意義な観光ツアーとなりました。

 

          ①残念ながら一部欠けている新地六地蔵の説明に聞き入っていますIMG_0666-01.JPG

 

 

②島津荘を開拓した平 季基(たいらの すえもと)の説明を熱心に聞いています(平 季基の墓にて)IMG_0671-01.JPG

 

 

            ③平 季基が創設した若一(にゃくいち)王子神社の説明ですIMG_0674-01.JPG

 

 

                     ④橋野六地蔵は完全に残されていますIMG_0675-01.JPG

 

 

        ⑤平松城跡の藤棚前にて
          中世の山城であった平松城跡では、地元の西村さん、春田さん、
          田原(神主)さんから補足説明をして頂きましたIMG_0682-01.JPG

 

 

       ⑥日向国と大隅国の境である国合原(くにあいばる)古戦場の説明
        ここでは2回、壮絶な戦いがありましたIMG_0684-01.JPG

 

 

       ⑦肝付竹友の墓を熱心に観察するお客様
高山(こうやま)の肝付軍と都城の北郷(ほんごう)軍との戦いで、肝付軍は敗れました
   この時、肝付軍の大将が志布志地頭の肝付竹友でしたIMG_0690-01.JPG

 

 

 ⑧昼食は最も楽しみな「ゆず三昧料理」を食彩亭 「磯華(いそはな)」さんで頂きましたIMG_0692-01.JPG

大川原峡の案内

| コメント(0) | トラックバック(0)

 8月12日、曽於市財部町にある大川原峡へ涼みに行ってきました。水量は思ったより多く、ひとときの涼しさを味わうことができました。暑い夏は大川原峡をお薦めします。

 

大川原峡の上流部にあるところです。泳ぎたくなりましたが、簡単に近づけませんでしたIMG_2070-01.JPG

 

 

 河床は、約34万年前の加久藤火砕流で出来た岩です。このため、霧島ジオパークの一部となっています
 岩と水と回りの緑が織りなすコントラストは素晴らしいでした
 是非、一度涼みにお出かけ下さいIMG_2073-01.JPG

 

 

                     大川原峡の一部である「桐原の滝」です
                   写真を撮るのに最高の場所ですIMG_2089-01.JPG

 

 

                          どうです。素晴らしい写真が撮れたでしょう
                          もうモデル気分になっています
                          是非、写真撮りにお出かけ下さいIMG_2094-01.JPG

 

 

               「桐原の滝」の下流では、気持ち良く水遊びしていました
               「桐原の滝」の上流でも水遊びしていました
              涼を求めて、水遊びにお出かけ下さいIMG_2092-01.JPG

 7月27日(金)、JRは環霧島会議と連携し、主要駅で各地域の特産品や郷土芸能でおもてなしを行う環霧島周遊列車を運行しました。
 今回の周遊列車は都城駅発着で、曽於市では大隅大川原駅前にて「ふるさとを思いやるゴッタンクラブ」の会員によるゴッタン演奏と、曽於市のブランド品等の試食・試飲を行いました。
 珍しい郷土楽器であるゴッタン演奏では、お客様から感動の大きな拍手をいただき、試食・試飲においては、ほとんどがアッという間に無くなる程の大人気でした。

 

                     曽於市財部町の大隅大川原駅前の会場IMG_6223-01.JPG

 

 

                    地元のゴッタンクラブによるゴッタンの演奏IMG_5732-01.JPG

今回は後編を紹介します。

 

前編のひょっとこ踊りの続きです。ひょっとこ踊りをして頂いた「末吉ひょっとこ踊り同好会」の皆様の顔が、お面で見えませんでしたので、改めて紹介します。左端が会長の西留さんですIMG_0307-1.JPG

 

 

これから後半のゴッタンと荒武タミさんの世界に入ります。まず「荒武タミさんとゴッタンの旅」というタイトルで基礎知識を身につけました。説明は木場観光ボランティアガイドですIMG_0283-1.JPG

 

 

 次は紙芝居です。タイトルは「荒武タミ ゴッタン物語」で読み手は、伊尻観光ボランティアガイドです。荒武タミさんの一生を紹介して頂きました。
紙芝居と同時にスクリーンでも映像を映し、見易いように工夫しましたIMG_0286-1.JPG

 

 

     次は、「ふるさとを思いやるゴッタンクラブ」によるゴッタンの演奏です。
     全国でも数少ない伝統楽器ゴッタンの演奏を引き継いでいる団体ですIMG_0291-1.JPG

 

 

  ゴッタンクラブに演奏を指導して頂いている永山観光ボランティアガイドの独奏です。
  さすが指導者だけあって、音色が違います。スゴ~イIMG_0294-1.JPG

 

 

ゴッタンの演奏を聴いてから、珍しいゴッタンという楽器に触れて頂きました。
あっという間に皆さん上手になりました。因みに、右端は池田曽於市長です。左から2番目でゴッタンを体験しているのは前田霧島市長です。本当に楽しそうでしたIMG_0297-1.JPG

 

 

      ゴッタンのリズムが良かったのか、池田市長と勢原さんが踊り始めました。IMG_0299-1.JPG

 

 

ゴッタンを「チャンカチャン、チャンカチャン」とお客さんが弾いています。手拍子も入ってきましたIMG_0305-1.JPG

 

 

いつの間にかゴッタンのリズムに合わせて、本格的に踊り始めました。スケジュールにはないのに、この楽しそうな踊り、どういうことだ。ビックリです。
ということで、曽於市の魅力発見ツアーは大成功でしたIMG_0303-1.JPG

  曽於市には素晴らしいものが沢山ありますが、余り知られていないのが実状です。このため、曽於市の観光の素晴らしさを知って頂き、曽於市を好きになって頂くことを目的に、6月9日、「曽於市の魅力発見ツアー」の第1弾を曽於市財部町の「財部高齢者コミュニティセンター」で実施しました。
 なお、「曽於市の魅力発見ツアー」は、観光らしくないところもありますが、あくまでも観光ツアーであることを申し添えておきます。
  さて、第一弾は、日本ジオパークに認定された霧島ジオパークと、地域住民に受け継がれている民俗芸能であるゴッタン演奏に光を当てました。
 また、特別サービスとして、地域で楽しまれている「ひょっとこ踊り」も楽しんで頂きました。
 嬉しいことに、前田霧島市長と池田曽於市長が魅力発見ツアーに参加して下さいましたので、大変盛り上がりました。

  今回は、前半の「霧島ジオパーク」と「ひょっとこ踊り」を紹介します。

 

         霧島市の中村主幹による霧島ジオパークの講演ですIMG_0266-1.JPG

 

 

  霧島ジオパーク内にある大川原峡の散策。寺島観光ガイドが大川原峡の岩石が
  34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩であること等について説明IMG_0270-1.JPG

 

 

     写真パネルを使って、桐原の滝、三連轟や都城市の関之尾の滝も
     同じ加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩であることを説明IMG_0272-1.JPG

 

 

     大川原峡に下りて、現物を見ながら甌穴等について詳細に説明IMG_0274-1.JPG

 

 

    前日までの雨のため、大川原峡は滑りやすくなっていましたので、
    早めに散策を切り上げ、特別に「ひょっとこ踊り」を見学して頂きましたIMG_0276-1.JPG

 

 

   「ひょっとこ踊り」は、曽於市内の「末吉ひょっとこ踊り同好会」が
   地域の活性化のためと多くの人に楽しんで頂くために、日夜練習をしています
    観客席を回りながら踊り始めました。もぅ、皆さん大喜びですIMG_0280-1.JPG

  当開発センターは、鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)とタイアップして観光客の誘致を図ることにしました。このツアーは、全て鹿児島中央駅発着のバス旅行です。
 このため、「平成24年度は曽於市観光元年」と位置づけ、心からのお持てなしをさせて頂きます。
 5月6日(日)、第2弾のツアー客(18名)が、曽於市へ来て下さいましたので、今回は後編を紹介します。

 山歩きも終わり、お腹が空いてきましたので、次は待望の昼食です
 
                     山の中で渓流沿いにある、空気の良い所で昼食                 IMG_0148-1.JPG

 

                   最初は炭火で地鶏を焼いて食べました     IMG_0150-1.JPG                        田舎風お蕎麦もあり、ご満悦  IMG_0151-1.JPG

 

        写真撮りたいとご要望がありましたので、曽於市の記念に、はいパチリIMG_0152-1.JPG

 

  昼食が終わったので、次は早馬(はやま)神社と境内にあるタブ、シイ、カヤ、ユスの大木を見学    IMG_0155-1.JPG           見事な枝振りだったので、つい写真を撮りたくなりました。どうですかIMG_0159-1.JPG                      タブノキの大木に抱きついているツアー客です
                      パワーを貰えたかなIMG_0160-1.JPG                 バスに乗るところにゴボウ畑がありました
                 ゴボウの茎・葉っぱの大きさ、食べ方に興味を示されていましたIMG_0161-1.JPG

 

メセナ温泉では、残念ながら写真を撮れませんでしたので省略です
 

       最後は、農畜産物の豊富な道の駅おおすみ「農土家市」で買い物だぁーIMG_0162-1.JPG    
曽於市観光ツアーのお問い合わせ・申込みは、次にお願いします。
   鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)  電話:099-201-9897
      曽於市観光特産開発センター      電話:0986-28-0111
 

    当開発センターは、観光客受入の準備が整いましたので、鹿児島県旅行業協同組合(魅旅)とタイアップして観光客の誘致を図ることにしました。このツアーは、全て鹿児島中央駅発着のバス旅行で、曽於市として初めての試みです。
 このため、「平成24年度は曽於市観光元年」と位置づけ、心からのお持てなしをさせて頂く所存です。                     
 5月6日(日)、第2弾のツアー客(18名)が、曽於市へ来て下さいました。
 観光ツアーのタイトルは、『「花房峡憩いの森」散策&大木巡り』です。
 内容は、「花房峡憩いの森散策」「古民家で昼食」「早馬神社&大木」「メセナ温泉で入浴」「道の駅おおすみで買い物」でした。

 さぁー、どんなツアーだったか2回に渡って紹介します。
 

              最初は照葉樹の原生林を散策です。 森林浴で気持ち最高♪♪IMG_5071-1.JPG                  安楽川まで降りてきました。綺麗な川が見えたぞ
IMG_5074-1.JPG                     渓谷の向こうに滝が見えました。素晴らしいなぁー
IMG_0128-1.JPG 今日は水が多くて、普段見られない豪快な滝を見ることが出来ました。                            ついてるなぁー
IMG_0131-1.JPG     水が多くて農業用水路からあふれています。何とも言えない光景でした
IMG_0132-1.JPG             豪快な滝の後は、様々に変化する安楽川を見ながら散策
IMG_0133-1.JPG
                                  滝を後ろに原生林の散策 IMG_0135-1.JPG

 

            ここは原生林ではありませんが、ツツジが少し残っており、綺麗でしたIMG_0140-1.JPG

 

                                ウツギの花も綺麗でした
IMG_0144-1.JPG

 

今回は「花房峡憩いの森」だけの紹介でした。
どうでしたか? 素敵なところでしょう!
次回は、「古民家で昼食」と「早馬神社・大木」ですので、お楽しみに。
 

    今回は、4月29日(日)の観光ツアーの後編を紹介致します。

 ④「荒武タミさんとゴッタンの旅」をプロジェクターで説明
   まず、荒武タミさんとゴッタンの基礎知識を勉強です。
  荒武タミ(故人)さんとは、目が不自由だった曽於市出身の天才ゴッタン奏者です。
  ゴッタンとは、木で作った三味線(板張り三味線)です。                         
 

      木場観光ガイドの説明(荒武タミさんとゴッタン)を熱心に聞いて頂きました。IMG_0100-1.jpg

 

  ⑤荒武タミさんの紙芝居「荒武タミ ゴッタン物語」
  荒武タミさんの紙芝居を、紙芝居と同時にプロジェクターでもスクリーンに大きく映し、紹介しました。
   目の不自由だった荒武タミさんが、生活に苦労されながらゴッタンの練習をされたことが良く分かり感 動 さ れたようです。

         読み手のベテラン、伊尻観光ガイドの紙芝居に涙が出そうでした IMG_0103-1.jpg                   紙芝居に引き込まれるツアー客 IMG_0104-1.jpg 

⑥ゴッタンの演奏
  荒武タミさんの地元の「ふるさとを思いやるゴッタンクラブ」の会員及び永山指導者による演奏を聞いて頂きました。

      地域でゴッタンを守っている「ふるさとを思いやるゴッタンクラブ」の演奏  IMG_0108-1.jpg  ゴッタン指導者、永山観光ガイドの演奏に、ツアー客がうっとり聞き惚れていましたIMG_0114-1.jpg


     ⑦ゴッタンを手に取って体験

        ツアー客が初めてのゴッタン体験です。上手くなって下さい    IMG_0116-1.jpg       永山先生の指導で、弾けそうな感じになったのでは   IMG_0118-1.jpg 

 当開発センターは、平成24年度、鹿児島県旅行業協同組合とタイアップして観光客の誘致を図ることにしました。このツアーは、全て鹿児島中央駅発着のバス旅行で、曽於市として初めての試みです。
その最初のツアー客(31名)が、4月29日(日)に曽於市へ来て下さいました。
観光ツアーのタイトルは、「曽於で見て泣いて笑って感激」です。
他にも沢山企画していますので、鹿児島市周辺の皆様、曽於市へお越し下さい。

  さぁー、どんなツアーだったか紹介しましょう。

①最初は鹿児島県下最大のスダジイと笠祇神社です。
  最も大きいスダジイは幹回り10.6mあります。この他、5m級以上のスダジイが6 本あります。
 

                    笠祇神社の巨木スダジイの説明を聞いているツアー客  
DSCN0500-1.JPG

      寺島ガイドのデビュー戦でしたが、相当勉強されており、立派なガイドでした
IMG_0080-1.jpg②2か所目は弥五郎伝説の里公園です。ここでは弥五郎まつり館と弥五郎どんの銅像を見 学し、桜の植栽してある芝生広場を散策しながら道の駅おおすみまで行きました。

      弥五郎まつり館には、実物大(4m85cm)の弥五郎どんが展示してあります。
            弥五郎どんと観客を比べると、観客が小さく見えます。大巨人だ IMG_0088-2.jpg

              弥五郎どんの銅像です。高さ15m、重さ39トンです。
                              とにかくデッカイIMG_0089-1.jpg

 

③3か所目は「ひょっとこ踊り」の見学と体験です。

          さぁー、ひょっとこの登場です。もう、見てるだけで可笑しくなります。DSCN0521-1.JPG

 

                       ひょっとこの踊りの見学DSCN0526-1.JPG

 

                 ツアー客もひょっとこ踊りに楽しく挑戦(体験)DSCN0537-1.JPG

 

                  どうですか?  様になってますか!!DSCN0545-1.JPG

   曽於市観光特産開発センターが4月1日に実施した第2回ウキウキ花見(桜)ツアーの後半を紹介します。
 9か所の名所を廻ったので、うんざりされるかと心配しましたが、ほぼ全員が最後までニコニコ顔でした。写真を見られると良く分かるかと思います。来年も実施しますので、是非、参加して下さい。

 花房峡千本桜の桜です。90種類の桜が植えられていますので、順番に咲き、長く観賞できるのが特徴です。急な坂になっていますので、登山気分で散策です。  画像 001 (22)-1.jpg

 急な坂だぁー!!   あともう少し!!  ガンバレ!!IMG_4964-1.JPG

疲れたところで記念撮影。坂道でも気持ちが良いので、ニコニコです。IMG_4967-1.JPG


急な坂は大変だわぁーと思ったが、天気も快晴で、気持ちすっきりです☀☀ 画像 001 (26)-1.jpg

 花見といったら、やっぱり「花より団子」です。
花房峡憩いの森キャンプ場で、特製花見弁当の昼食です♯♯ 画像 001 (29)-1.jpg

これが特製花見弁当です。 美味しそうでしょう!! 参加者全員に大好評でした♥♥ 画像 001 (31)-1.jpg雲一つない青空の下、昼食です☀☀
青空・桜の中、鯉のぼりが元気に泳いでいました♫♫IMG_4970-1.JPG

桜の花一杯の弥五郎の里公園で、1号車の皆様の記念写真。 画像 001 (39)-1.jpg青空・桜が綺麗でしょう。 どうしても写真撮りたくなります。 2号車の皆様です。IMG_4975-1.JPG

 弥五郎の里公園をウキウキ散策中です。IMG_4985-1.JPG

 大隅総合運動公園の桜をバックに全員で記念撮影。 画像 001 (45)-1.jpg

 マインドロードの旧岩北駅周辺です。ここが最後の花見場所です。
長い時間お疲れさまでした。来年も待っていま-す☆☆IMG_5000-1.JPG
 

 曽於市観光特産開発センターは、曽於市の木が桜であるにもかかわらず、市民に桜の名所があまり知られていないことから、桜に親しんで頂くとともに、桜の名所を知って頂きたいことから、第2回花見(桜)ツアーを4月1日に実施しました。
  昨年も大好評でしたが、本年も直ぐに定員(40人)に達しましたので、少し人数を増やして47人で実施しましたが、多くの人が参加できない状況でした。
  今回の花見ツアーの特徴は、市内9か所の桜名所を廻り、様々な桜を楽しめること、観光ボランティアガイドが丁寧に説明するので、桜に対する知識が豊富になること、昼食の特製花見弁当が美味しいことです。
  アンケート調査結果では、「説明が丁寧で分かり易かった」「色んな名所を知り得て良かった」「手作りの特製花見弁当に満足した」など、ほぼ全員が満足し、ニコニコ顔でした。
 後半は第2部で後日紹介します。

      龍虎城にて、1号車の皆様。後ろに霧島山がかすかに見えます。
 画像 001 (3)no1.jpg

      龍虎城にて、2号車の皆様。
      オレンジのブルゾンがガイドの制服で、今日が始めての着用(デビュー)です。IMG_4907(1).JPG

      財部温泉横の横市川沿いの桜を堤防から見学。  画像 001 (7)no1.jpg

      財部温泉横の横市川沿いの桜を道路から見学。 画像 001 (12)no1.jpg

       旧末吉駅前のマインドロードの桜を見ながら足取りも軽やかに散策。IMG_4938no1.JPG

      グリーン赤坂にて1号車の皆様。
      桜とレンギョウのコントラストが素敵でした。 画像 001 (13)no1.jpg

      グリーン赤坂にて2号車の皆様。
      レンギョウは3m位まで成長するのが分かりました。IMG_4944no1.JPG
 

 所長の吉川です。長~くお待たせしてすみません 今回が最後で、やっと本当の鬼が出てきます。では鬼追いを紹介します。
 暗闇の中、鬼が飛び出して暴れ回りましたが、今年は観客が多くて思うように走り廻ることが出来ませんでした。身動きがままならぬため、観客に御幣がドンドン取られてしまいました。
    実施日:平成24年1月7日 夜8時~
    場 所:熊野神社(曽於市 末吉町 深川)


鬼が勢いよく飛び出し、鳥居を駆け下りていきます
最初は鬼の御幣がふさふさで、御幣がなびいています。
鳥居の下に見える白いのが御幣です。

h24onioi1.JPG暗くてよく見えません。おっ、仁王像の方から鬼が走ってきたぞ
どこから飛び出してくるか分からないので、冷や冷やです

h24onioi2.JPG中心部は暗闇の中、観客が大勢います。
鬼に叩かれないため、鬼がどこから飛び出してくるか、きょろきょろ見回しています
写真の白い○は、寒くてレンズが凍ってしまったのです。

2h4onioi3.JPG鬼がこの観客の中に突っ込んでいったら、観客がどっと集まって鬼は身動きできなくなりそうです。

h24onioi4.JPG観客が多くて鬼が自由に動けなくなり、御幣がドンドン取られています。
スピーカーで、最初は御幣を取らないようにと言ってますが、観客は聞かずに御利益のある鬼の御幣取りに一所懸命です。

h24onioi5.jpgもう鬼の御幣が少しだけになりました。
御幣が少なくなると、鬼は元気がなくなるそうです。
元気がなくなると鬼は帰ってしまいます。
鬼追いを沢山楽しむには、最初は御幣を取らないことらしいです

h24onioi6.jpg鬼追いが終わったあとは、神社で豆まきがあります。
豆まきにもこんなに沢山の観客が集まりました。こんなに沢山の観客がいても豆は十分準備してありますので、全員が貰うことがました。
来年もお待ちしています

h24onioi7.JPG

 2月11日(土)、曽於市の花房峡憩いの森開園20周年を記念して植樹祭が開催されました。
 当日は花房峡憩いの森の歴史や、そこに自生する貴重な植物についても紹介があり、その後、関係者や地元の子供たち、一般参加者が「山桜(やまざくら)」、「大島桜(おおしまざくら)、「枝垂桜(しだれざくら)」、「陽光桜(ようこうざくら)」、「鬱金桜(うこんざくら)」、「河津桜(かわづざくら)」の6種類の桜、計130本を植樹しました。
 今回植樹された桜が既存の桜とともに花房峡の春を彩り、曽於市内外の人達の新たな癒しの場になる日が楽しみですね
 

「高岡みどりの子ども会」の太鼓演奏で記念植樹祭がはじまりました

kinennsyokuzyu1.JPG当センターは河津桜(かわづざくら)を植樹しました

kinennsyokuzyu2.JPG植樹を終えてにっこり 早く大きくなぁれ

kinennsyokuzyu3.JPG

 所長の吉川です。お待たせしました。今回やっと鬼が出てきます。鬼は鬼でも鬼追いの鬼ではなく鬼神太鼓の鬼で、鬼神太鼓の奉納演奏を紹介します。
 暗闇でライトアップされた鬼神太鼓は、幻想的でお客様を完全に魅了しました。
    実施日:平成24年1月7日 夜7時~
    場 所:熊野神社(曽於市 末吉町 深川)

始まる前から鬼神太鼓を見ようと多くの人で一杯です

24kijindaiko1.JPGやっと鬼神太鼓が始まりました。
ライトアップされた境内の山の中での太鼓は、神秘的で迫力がありました。

24kijindaiko2.JPGとても力強く、迫力満点でした

24kijindaiko3.JPG多くの観客は鬼神太鼓に聞き入り、寒さも忘れているようです。

24kijindaiko4.JPGライトアップされた山中での鬼神太鼓の演奏は、間違いなくあなたを魅了します。
来年は是非見に来て下さい。

24kijindaiko5.JPG横笛の音色は非常に神秘的でした。
後で聞いたら、寒くて手がかじかんで大変だったとのことでした。

24kijindaiko6.JPG緑色にライトアップされ、何とも言えない雰囲気を味わうことが出来ました。
満足・満足

24kijindaiko7.JPG最後は鬼の暴れ太鼓で、幻想的な中に躍動感を感じ、熊野神社は最高潮となりました

24kijindaiko9.JPG来年も1月7日に鬼神太鼓も行われますので、熊野神社にこの勇壮な鬼を見に来て下さい。

24kijindaiko10.JPGさぁー、次回は奇習鬼追いの紹介です。どんなものやら…………。
怪我人は出たのかなぁー?

 所長の吉川です。今年も寒い中、奇習鬼追いを見に行ってきました。
    実施日:平成24年1月7日
    場 所:熊野神社(曽於市 末吉町 深川)

  今回は、今年始めて奉納することになりました「末吉ひょっとこ踊り同好会」のひょっとこ踊りを紹介します。
 ひょっとこ踊りは午後6時30分から熊野神社境内で行われました。
  怖い鬼が出る前のひょうきんなひょっとこ踊りには、皆さん大喜びでした

 

ひょっとこ踊りを見ようと、始まる前から観客が一杯です。

hyottoko1.JPG

 ひょっとこ踊りが始まりました。寒いのに下半身はヘコだけです

hyottoko2.JPG

なかなか腰が入っていますね。私も習おうかな

hyottoko3.JPG

 顔も踊りの動作も可笑しくて笑ってしまいました(*^m^)o==3

hyottoko4.JPG

 女のひょっとこ(おかめ)で、動きが静かでお上品でした

hyottoko5.JPG

とにかくひょうきんで楽しいでした。
絶対面白いので、来年は是非見に来て下さい(≧ω≦)b

hyottoko6.JPG次回はまだ鬼追いではありません。
鬼追いの前に奉納されます幻想的な鬼神太鼓を紹介します。お楽しみに。

所長の吉川です。今年も寒い中、奇習鬼追いを見に行ってきました。
        実施日:平成24年1月7日
        場 所:熊野神社(曽於市 末吉町 深川)

朝6時からは、前回お知らせしましたように鬼火焚きが行われました。
そして、午後5時から田舎料理の鬼そば・鬼ぎり・鬼しめ等の持てなしが始まりました。
とにかく恐~い鬼の出る前に腹を満たさなくては。当然、私は焼酎も沢山頂きました
また、楽しみの鬼福ゲーム(ビンゴ)も行われました

 

熊野神社近くの北部青少年館でのお持てなし状況です。

24onioi1.JPG

 多くの人が北部青少年館において鬼そば等を頂いています。

24onioi2.JPG

 お子さん・お母さんも鬼そばをニコニコしながら頂いています

24onioi3.JPG

 鬼追い実行委員会の迫会長(中央)も沢山の来客に満足顔です。

24onioi4.JPG

 鬼神太鼓のメンバーの人たちも出番前に腹ごしらえです

24onioi5.JPG

 厨房は洗い物で大急がしです。ごちそうさまでした

24onioi6.JPG

 寒い外でもお持てなしが行われています。

24onioi7.JPG

熊野神社の鬼火焚き

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月7日(土)の早朝6時より熊野神社の鬼火焚きが行われました。最初は熊野神社で神事が行われ、神社のかがり火から松明に火を移し、その松明を持った子供達が並んで川沿いにある鬼火焚き会場まで行きました(稚児行列)。

 

onibitaki1.JPGまだ夜が明けていない中、松明に火を移します

 

onibitaki2.JPG子供達が松明を手に取り、準備も出来ました

 

onibitski3.JPG真っ暗な中、会場まで並んで行きます(稚児行列)

 

onibitaki4.JPG寒くて霧が深かったですが、一気に燃え上がりました

 

onibitaki5.JPG地元の子供達も大役を果たしてホットしました

 

onibitaki6.JPG鬼火焚きの笹を家に飾っておけば、1年間健康で
あるとのことで、笹をもらってにっこりです

 

onibitaki7.JPG

寒い中、地元の婦人があったかいぜんざいを振る舞って下さいました

 何と曽於市に、シイノキでは県内最大ではないかと言われるスダジィが教育委員会の調査で分かりました。これを受け、南日本新聞社がこのスダジィを早速新聞に掲載しました。
 新聞を見て、曽於市観光特産開発センターも早速調査に行ってきました。思った以上にバカでかく、しかも7本もあることに感動しました。また、木の威厳さも感じた次第です。

 「これは立派な観光資源だ」と直感。多くの人に見て頂きたいとの一念から、曽於市観光特産開発センターは「大木・銘木観賞ツアー(仮称)」の企画に入っています。
  気候の良くなる4月以降に観賞ツアーを企画しますので、沢山の参加を待っていますo(*^▽^*)o♪

    場 所:曽於市大隅町折田集落(笠祗神社)
    幹回り:10.6m(1本)、6.3m(1本)、5m超(3本)他

 

どうです。この威風堂々さ

sudajii1.JPG

南日本新聞に表現されていました。
【「もののけ姫」を彷彿させる神秘的な雰囲気 】 
ぴったりの表現だと感心しました

sudajii2.JPG仲良く並んでいました

sudajii3.JPG   スダジイとは、ブナ科シイ属の常緑広葉樹。
   別名はイタジイやナガジイ。
   普通、シイという場合には本種を指す。
   果実はアク抜き不要で食用となる。
   木材は木炭やシイタケ栽培のホダ木になる。[ウィキペディアより]

sudajii4.JPG

 当開発センターの所長をしています吉川益夫です。
前回、住吉神社の流鏑馬を2回にわたり紹介しましたが、今回は紹介しきれなかった裏の部分を追加的に紹介します。

 住吉神社の豊祭(流鏑馬)では、「油竹登り」というのが行われています。これは住吉神社以外では行われていないようで、油竹登りは非常に珍しいですので、来年は是非一度ご覧下さい。

 

油竹登りの準備中です。孟宗竹で3本の油竹が準備されます。

hoze1.JPG

油竹登りは、流鏑馬が終わる頃に始まります。油竹登りとは、どんなのだろうか?
油竹登りとは?? 孟宗竹の最上部に菜種油を入れ、少~しずつ油が落ちるように、竹に穴を開けておきます。そうすると油がタラ~リ・タラ~リと落ち、孟宗竹はツルツル滑り、なかなか登ることが出来ません
しかし、孟宗竹の上部に豪華景品がくくりつけてあるので、その景品を取ろうと子供達が懸命に登ろうと挑戦します

 

子供のお母さんも、子供の足を支え落ちないように手伝っています。

hoze2.JPG

 こちらは子供同士が協力し合って、景品取りに挑戦しています

hoze3.JPG

 女の子も登っています。女の子の足をお父さんが支えて助けています。ガンバレ

hoze4.JPG

 大人も挑戦して良いですので、来年は是非挑戦して下さい

 

次に、大隅半島には曽於市と肝付町にしか流鏑馬がないことから、今年から曽於市は肝付町との流鏑馬交流を始めました。10月16日は、肝付町の流鏑馬に曽於市から団体で出かけ、肝付町の流鏑馬を堪能しました。
そして、11月23日は、住吉神社の流鏑馬に肝付町から多くの人に来て頂きました。
今後は、流鏑馬交流に留まらず、観光交流や特産品交流も展開していくことととしています。

 

流鏑馬の始まる前、肝付町の人に流鏑馬や住吉神社の説明をしているところです。

hoze5.JPG

 流鏑馬の始まる前、住吉神社の本殿前で記念写真を撮りました。

hoze6.JPG

 流鏑馬が終わって、射手・馬の前で記念撮影です

hoze7.JPG

 流鏑馬が終わってから、馬に乗せて貰って喜んでいる肝付町の若者。

hoze8.JPG

 結構高くて、ちょっと怖いな

hoze9.JPG

 馬に乗れて最高 素晴らしい記念になり、有り難うございました

hoze10.JPG

住吉神社では流鏑馬が終わると、一般の人にも射手や馬との記念撮影や乗馬が出来ますので、是非来年はお越し下さい。お待ちしています

   実施日:平成23年11月23日  午後1時(神事)~午後2時(流鏑馬)~
   場 所:曽於市 末吉町 南之郷 住吉神社

曽於市観光特産開発センター所長をしています吉川益夫です。
長らくお待たせ致しました。今回は流鏑馬の第2部(最終回)を紹介します。

 

最初は両手に広げて、手放しで走る「空走り」です。
今年が初めての李音ちゃん頑張って

1218_1.jpg

 李音ちゃんのお兄ちゃんである蓮太君は長いことやっているので、上手なものです

1218_2.JPG

 別府さんはベテランなので、安定しています。当然、見事に的に当たりました

1218_3.jpg

 小学4年生の李音ちゃんガンバレ

1218_4.JPG

 蓮太君は昨年より上手になっていました。来年が楽しみです。

1218_5.JPG

当たり的で家を葺けば、その家が栄えると言われています。
また、当たり矢は魔除けになると言われており、当たり矢を家に飾っておけば鬼・魔や疫病神などに襲われるのを防ぎ、牛小屋に飾っておけば牛の病気をはね除けるとのことです。
因みに、各々千円です。

1218_6.JPG

 流鏑馬を終えてスタート地点に帰ってる李音ちゃんです。

1218_7.JPG

 流鏑馬を終えてスタート地点に帰ってる蓮太君です。今度はもっと的に当てるぞー

1218_8.JPG

 流鏑馬を終えてスタート地点に帰ってるベテランの別府さんです。
今までのところ百発百中です。もう男顔負けです。

1218_9.JPG

 我らが勝利を治めたという印に、御奉行が赤い布を「勝ち旗」として射手の弓に結んでいるところです。

1218_10.JPG

 射手は、赤い布が結んである「勝ち旗」付きの弓を担いで帰ります。

1218_11.JPG

          実施日:平成23年11月23日  午後1時~
          場 所:曽於市 末吉町 南之郷 住吉神社

曽於市観光特産開発センターの所長をしています吉川です。今回は流鏑馬について、第1部と第2部に分けて紹介します。

朝起きると残念ながら雨 この雨じゃ流鏑馬中止かな~とガックリ
1年間馬を飼ってきたのに。流鏑馬の練習も一所懸命したのに。残念だなぁー
流鏑馬の問合せがあったら、何と答えたらよいのか悩みました。
天気予報を見ると、幸いにも午後から晴れとなっている。
三枝流鏑馬保存会長に電話で聞いてみた。
三枝会長も「この雨じゃなぁー」と悩んでおられました。
流鏑馬をどうしてもやって貰いたくて、「午後晴れとなっているので、実施しましょう。午後晴れる予定なので、実施する予定と答えます」と言って、三枝会長の了解を取りました。
気持ちが通じたのか、10時くらいから雨も小降りとなり、少しずつ明るくなってきました。11時くらいには雨も止み、流鏑馬が出来るという確信に変わりました。


さぁー、午後1時から神事が始まりました。大木で囲まれた長い階段を上り、神殿に向かいます。階段を上がっていく光景は、何とも言えない厳かさがあります必見です。来年は是非見に来て下さい。

11231.JPG

神殿の中での儀式は滅多に見られませんので、貴重な写真だと思います。
神殿では奉幣(ほうへい)の儀が行われます。奉幣とは「神に幣帛(へいはく)をささげること」です。幣帛とは、「神前に供えるもの」です。

11232.JPG

三枝流鏑馬保存会長です。馬も三枝会長が飼ってらっしゃいます。

11233.JPG

住吉神社の流鏑馬は、射手が3人です。
左側から射手のベテランの別府麻美さん・杉本蓮太(小6)さん・杉本李音さん(小4)です。
神事は、神に五穀豊穣や今年も良い年でありますようにとお願いするものです。
また、神事によって、射手が神に代わり、馬に跨がり弓を射ることになるのだそうです。

11234.JPG

杉本李音さん(小4)です。今年射手に抜擢されましたので、少し緊張しているのでは

11235.JPG

儀式も終わり、ちょっと休憩です。
住吉神社では、甘酒とコンニャクの振る舞いがあります。曽於市の地域女性婦人部の方の手作りです。甘酒もコンニャクも千人分以上を作られているとのことです。
私も頂いてきました。甘酒は美味しくて、それに温まりました

11236.JPG

手作りコンニャクの上にショウガが乗っており、「マイウー」でした。
是非、来年は甘酒とコンニャクを食べに来て下さい。

11237.JPG

さて、神事も終わり馬場入り(馬場末)です。

11238.JPG

お客様も沢山集まり、まだかまだかと流鏑馬開始を待っています。

11239.JPG

御奉行が「これから流鏑馬を始めませー」と言ったら、射手と付き人が「おぉー」と言って流鏑馬がスタートです。

112310.JPG

さぁー、いよいよ射手が馬場元に向かっています。これから流鏑馬が始まります

112311.JPG

第1部はここで終わりです。肝心な流鏑馬の紹介が出来なくて申し訳ありません。第2部をお楽しみにして下さい。

 11月3日(木)、曽於市大隅町の岩川八幡神社周辺で、県下三大祭りの一つである「弥五郎どん祭り」が行われました。
 「弥五郎どん祭り」は900年以上の伝統を持ち、県の無形民俗文化財にも指定されています。
 今年は、社務所が70年ぶりに改築されたとともに、弥五郎どんの大傘が15年ぶりに補修され、また、巫女舞(みこまい)も初披露されました。
 そして何と言っても、一番の見どころはやはり「弥五郎どんの浜下り」で、八幡神社を出発した身の丈4m85㎝の大男が、元気な太鼓に先導され3時間近くをかけて市街地を練り歩きました。
 その他にも、弥五郎太鼓の奉納や、武道大会、市中パレード、各種展示や特産品の販売などが行われ、岩川の町は約10万人の人で賑わいました。
 

20111103_1.JPG弥五郎どんの前で奉納された弥五郎太鼓
周りの空気や地面までが呼応しているような不思議な感覚に

 

1106_1.JPG奉納された弥五郎太鼓
弥五郎どんは、静かに浜下りを待っています

 

20111103_8.JPG曽於市観光特産センターは「曽於市物産展」を同時開催

 

20111103_21.JPG今年は「曽於市がねコンテスト」の優勝チームも「曽於市物産展」に参加

 

20111103_14.JPG岩川小学校の校庭では各種武道大会が行われました
気合の入った選手と訪れたお客さんで会場は熱気に包まれていました

 

20111103_13.JPG板割の実演
気迫が伝わってきます

 

1106_2.JPG踊りも花を添えていました

 

1106_3.JPG弥五郎どんの回りは見物客でいっぱいです

 

20111103_17.JPG弥五郎どんは電線にも届きそうです

 

1106_4.JPG岩川小学校に着いた弥五郎どん
後ろには15mの弥五郎どんの銅像が見えます

 

20111103_10.JPG神社まで一気に駆け上って行く弥五郎どんは、物凄い迫力

7月16日、鹿児島市からのお客さんを「大川原峡・桐原の滝・悠久の森」に案内しました。夏は暑いので、散策はきついかと思っていましたが、意外に涼しく、夏もお薦めコースでした。
日豊本線の大隅大川原駅から大川原峡まで歩いている時、道端にこんな綺麗な花が咲いていました。名前はボタンクサギです。

annai1.JPG最初に大川原峡を見学。大きな岩、澄みきった水、木々の緑が真夏の暑さを吹き飛ばしてくれました。

annai2.JPGマイナスイオンが一杯で気持ちいい~
水が多くて向こう岸に渡れませんでした。残念。

annai3.JPG次は桐原の滝だよ!水が多くて沢山のマイナスイオンが飛び交っています。気持ちいい~。涼しい~。

 annai4.JPG

次は大川原キャンプ場で、特別注文のお弁当を頂きました。
食べきれないほどの量で、お腹いっぱいになり、しばし休憩。

地元食材であること、味が良いこと、揚げ物が少ないことから大好評でした。

annai5.JPG外で食べる弁当は格別美味しいでした。皆さんニコニコです。

annai6.JPG大川原キャンプ場は、夏休み前でありましたが、親子連れ、若者で大賑わいでした。

子供は自然に触れて、元気モリモリです。

annai7.JPGバーベキューを楽しんでいる団体。何故かお父さんが焼く係のようです。

annai8.JPGビーチバレーボールで楽しむ団体。

annai9.JPG川では水遊びを楽しんでいました。暑い夏は最高の大川原キャンプ場です。

annai10.JPG最後は悠久の森です。全国遊歩百選に選ばれているだけあって、疲れた体を癒してくれます。森全体は木陰で、帽子は不要でした。

悠久の森の入口で記念撮影。

annai11.JPG滝がありました。滝の横には山の神様が鎮座しておられます。

annai12.JPGこんな大きな白いキノコもありました。食べられないのかな?

annai13.JPG山歩きで疲れたので、裸足になり川に入りました。もう最高に気持ち良かったです。
水に癒されました。ずぅーとここに居たいよ~。

annai14.JPG悠久の森は植物の宝庫だけあって、葉の上に実が成っているハナイカダ(花筏)、希少価値のあるイワタバコ(岩煙草)、文字が書けるタラヨウ、性転換するマムシグサ(蝮草)、花が咲くと急に葉が枯れてしまうウバユリ(姥百合)、ノイチゴ(野苺)、ワラビ、ゼンマイ、イロハモミジ(イロハ紅葉)、アスナロ(翌桧)、ユリノキ(百合の木)など沢山の植物が歓迎してくれました。

  5月22日の日曜日、当開発センターは「悠久の森・大川原峡・桐原の滝散策ツアー」を行いました。定員は50人でしたが、どうしても参加したいという人が当日押しかけて来られ、スタッフを含めて総勢60人による散策でした。
 前日の雨で天気が心配されましたが,素晴らしい天気に恵まれ、新緑の森・川・滝を心ゆくまで楽しむことができました。
 また、エゴノキの花やウツギの花が私達を歓迎してくれ、花も楽しむことが出来ました。お客様から「曽於市に住んでいるが、こんな素晴らしい所があるとは知らなかった」  「ガイドから詳しい説明があり、勉強になった」「来年も参加したい」とのコメントを頂きました。

takisansaku1.JPG出発前に大川原峡管理事務所で、国武ガイドによる植物等の説明がありました。   
ドングリやクルミもプレゼントされました! 

 

 takisansaku2.JPG

最初、大川原峡でマイナスイオンをたっぷり吸いました。

 

takisansaku3.JPG大川原峡:岩を歩いて向こう岸に渡りました。水の音と若葉が最高。

 

takisansaku4.JPG悠久の森:苔のきれいな橋の上で樹木の説明です。可愛い沢がにもいました。

 

takisansaku5.JPG悠久の森:フィットンチットいっぱいの中でガイドの説明を聞き入っています。

 

takisansaku6.JPG待ちに待ったお弁当!どんなお弁当かな~

 

takisansaku7.JPG大きな高菜のおにぎり(又は赤飯のおにぎり)、がね・唐揚げ・煮しめ

 

takisansaku8.JPG楽しくおしゃべりしながらのお弁当タイム。お味はいかがですか?

 

takisansaku9.JPGお弁当を食べて、最後の散策は桐原の滝です。お疲れさまでした。

 悠久の森は、植物が豊富で景観も良く全国遊歩百選の森に認定されており、また映画 「半次郎」のロケが行われたところです。大川原峡は、岩と水の織りなす美しい渓谷で、芸術的自然美が一杯です。桐原の滝は、流れ落ちるしぶきが豪快なため、気持ち良いマイナスイオンがたっぷりで、またミズノスポーツの宣伝ロケも行われたところです。
 さらに、ここは昨年認定された霧島ジオパークでもあり、地形・地質学的にも見所のあるところであるとともにパワースポットとしても知られております。
  当然、観光ガイド付きですので、新たな発見があるよ~。
皆様の参加をお待ちしております。 


 yuukyuunomori.jpg悠久の森

 

kiriharanotaki.JPG

桐原の滝

 

hanjiro.jpg

                                                 ©2010「半次郎」製作員会

榎木孝明さん主演の映画「半次郎」のワンシーン(悠久の森)

 

詳細・申込み方法等は次のとおりです。

1 開催日・時間
    5月22日(日)
2 集合場所・時間
    大川原峡キャンプ場管理事務所前に9時
    電話:0986-74-2555
3 散策地
    悠久の森・大川原峡・桐原の滝(曽於市財部町下財部)
4 料金(当日受付時に徴収)
    1,000円(保険料・弁当代・お茶代)
5 参加人数
    先着50人
6 申込み内容(様式自由)
    氏名・住所・電話番号・年齢
7 申込み方法
    電話、FAX、Eメール、郵送、直接開発センターへ提出
8 申込期限
    平成23年5月14日
9 提出先
    曽於市観光特産開発センター
      住所:曽於市末吉町深川11050-1
         (道の駅すえよし隣)
    TEL:0986-28-0111
    FAX:0986-79-1147
    E-mail:info@sookai.net
10 その他
    歩きやすい靴、服装でお願い致します。

 平成23年4月17日、道の駅たからべ「きらら館」がリニューアルオープンしました。
「きらら館」は、曽於市財部町の県道2号線沿いに位置しています。地採れの新鮮野菜・花卉、肉類はもとより、曽於市の原料を用いた農畜産物加工品、木工品・竹細工など豊富な商品を揃えていますので、是非お立ち寄り下さい。
 この他、レストラン「きらら」も営業しております。お薦め料理は、黒豚の軟骨味噌煮丼、チキン南蛮、黒豚丼など豊富に取り揃えておりますので、是非ご利用下さい。

      住 所:鹿児島県 曽於市 財部町 南俣 17番1
      電 話:0986-28-5666
      FAX:0986-28-5777
     直売所の営業時間:午前9時~午後7時
     レストランの営業時間:午前11時~午後4時
          ただし、予約(10名以上~約40名)は午後9時まで承ります。
 

開館式:「メセナ末吉」の花房社長の挨拶

kirara1.JPG続いて、曽於市長挨拶(代理末廣副市長)、大津曽於市議会議長挨拶が行われました。

開館式:お客様が沢山詰めかけています。

kirara2.JPG開館式:三枝支配人から「きらら館」の概要説明が行われました。

kirara3.JPG続いて、テープカットが行われました。
左から、小倉出荷者協議会長、末廣副市長、大津議長、花房社長

kirara4.JPG開館前には沢山のお客様で一杯です。これからもよろしくお願い致します。

kirara5.JPG開館しました。もう直売所は多くのお客様でごった返しです。

kirara6.JPGレジには長い行列が出来ました。長いことお待たせ致しまして申し訳ありません。 

kirara11.JPG

 

kirara7.JPG身動き取れないほどの混雑さです。切り花を持っているお客様が多いです。

kirara8.JPGレジには東日本大震災の募金箱もありました。皆様募金をお願いします。

kirara9.JPG木工品や竹細工が安いよと言われたので、見に行ったら売約済みの札が付いていました。

kirara10.JPG

溝ノ口岩穴祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 溝ノ口岩穴祭りは、4月10日の11時から溝ノ口洞穴で行われました。
 お祭りでは、子供の奴踊りと刀踊り(棒踊りと刀踊りは隔年奉納)が奉納されました。士気を鼓舞する姿が勇壮です。現在は郷土教育の一環として財部の中谷小学校児童によって継承されています。 
 これらの踊りは、島津藩が戦勝祝いとして始められたのが発祥とされ、士気を鼓舞する姿が勇壮です。奴踊りは、現在、郷土教育の一環として財部の中谷小学校児童によって継承されています。一方、刀踊りは、溝ノ口集落の踊り保存会によって継承されています。
 また、これら踊りは、溝ノ口洞穴だけで奉納されるのではなく、中谷集落の
 馬頭観音が祀られている杉林でも奉納されています。この他、中谷小学校等でも奉納されるそうです。 


mizonokuti1.JPG 神秘的な溝ノ口洞穴では、早くから準備が始まっていました。

 

mizonokuti2.JPG奉納前に集合してくれたかわいい踊り子達。

 

mizonokuti3.JPG中谷小学校の児童(12名)による奴踊りが11時から開始されました。

 

mizonokuti4.JPG

神秘的な中での踊り、鮮やかな色の衣装をまとった子供達の踊りは厳かでもありました。 

 mizonokuti5.JPG

  数え歌は、三味線、太鼓、唄で行われます。
 数え唄は10番まであるとのことですが、本日は7番までの踊りが披露されました。
  歌い手の話では、子供たちは覚えるのが大変なのによく覚えてくれるとのことでした。

 

mizonokuti6.JPG奉納前の刀踊りの若い踊り手。

 

mizonokuti7.JPG奉納前に溝ノ口集落の踊り保存会の皆様に集まって頂きました。

 

mizonokuti8.JPG溝ノ口集落の踊り保存会による刀踊りが始まりました。
2人の歌い手による唄だけで踊ります。

 

mizonokuti9.JPG 刀踊りは勇壮でもあり、物静かな踊りでもありました。

 

mizonokuti10.JPG溝ノ口洞穴での奉納が終わったら、中谷集落の馬頭観音の祀ってある杉林に移動です。

 

mizonokuti11.JPG神秘的な杉林の中の馬頭観音

 

mizonokuti12.JPG杉林からこぼれる光を浴び、鮮やかな衣装がとっても映えていました。

 

mizonokuti13.JPG神秘的な杉林の中の踊りは幻想的でした。

 

mizonokuti14.JPG鮮やかな衣装と素晴らしく息の合った踊りが素晴らしかったです。

 

mizonokuti15.JPG刀踊りは躍動的でもあり、かつ声が森に響き渡って神秘的でした。

 花見(桜)ツアーの最終の紹介です。曽於市には桜の名所がこんなにあったのかとビックリされたでしょう。探せば沢山あるものですね。
 曽於市には、今回の桜の名所以外もありますので、来年をお楽しみに。
 では第3部(最終回)の桜をジックリお楽しみ下さい。
 

st3_1.JPG

⑥財部児童公園では、吉元ガイドから桜の木の「ひこばえ」について勉強しました。

 

st3_2.JPG⑥財部児童公園の桜は、本数が少ないけど人気があります。

 

st3_3.JPG

⑥財部児童公園では、「桜湯」について勉強しました。

 

st3_4.JPG

⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_5.JPG

⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_6.JPG⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_7.JPG⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_8.JPG⑦財部温泉に隣接するいきいき親水公園の桜を散策しました。

 

st3_9.JPG⑧高之峯の桜を見学しました。

 

st3_10.JPG⑧高之峯の桜と菜の花のコントラストが綺麗でした。

 

st3_11.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_12.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_13.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_14.JPG⑧高之峯の桜と菜の花が綺麗でした。

 

st3_15.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_16.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_17.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_18.JPG⑩旧末吉駅隣の駐車場(マインドロード)で閉会をしました。
  長い時間お疲れ様でした。
  来年も花見(桜)ツアーを行いますので、沢山の参加をお待ちしています。

平成23年4月3日に行った花見(桜)ツアーの第2部を紹介します。
まだまだ花見(桜)ツアーは続きます。次回の第3部もお楽しみ下さい。st2_1.JPG④大隅総合運動公園の桜は見事でした。ツアー参加者も桜に見入っていました。

 

st2_2.JPG④大隅総合運動公園の桜は、ご覧のとおり樹齢も古く見事でした。

 

st2_3.JPG④大隅総合運動公園の桜は、若い木もありましたが綺麗でした。

 

st2_4.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、バス1号車の参加者全員で記念撮影。

 

st2_5.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、写真をパチリ。子供さんも嬉しそうです。

 

st2_6.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、スタッフの野村はお客さんに写真を撮って貰いました。

 

st2_7.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、バス2号車の参加者全員で記念撮影。

 

st2_8.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里でやっと昼食だ。
               沢山歩きペコペコだよ~。あぁー弁当が美味しかった。

 

st2_9.JPG

⑤おおすみ弥五郎伝説の里で昼食。みんな満足した顔でしょう。

 

st2_10.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。ゆっくりお楽しみ下さい。

 

st2_11.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。とにかく面積が広いのです。

 

st2_12.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。弥五郎どんも気持ち良さそうです。

   平成23年4月3日(9時30分~16時)、当開発センターは曽於市で初めての花見(桜)ミステリーツアーを行いました。当初は先着25名で企画しましたが、申込み者が多く総数52名の花見ツアーとなりました。見学場所は、車内からの見学を含めると13か所と桜づくしのツアーでした。

 この企画は、曽於市の木が「桜」であること、曽於市には知られていない桜の名所が多数あること、桜の名所を新たな観光資源としたいこと等から実施したものです。

 ツアーに参加された人は、「曽於市にこんな素晴らしい桜の名所が沢山あるとは知らなかった」「桜の勉強が出来て楽しかった」「桜以外の菜の花、モモ、レンギョウ、モクレン、野の花等もダブルで楽しめて良かった」と大好評でした。

 それでは花見(桜)ツアーの前半を紹介しますので、一緒に曽於市の花を楽しんで下さい。

 

st1.JPG曽於市役所(末吉)隣の向江公園で主催者の挨拶と留意事項等を説明

 

st2.JPG曽於市役所(末吉)隣の向江公園で主催者の挨拶と留意事項等を説明

 

st3.JPG①:最初は向江公園を見学(桜は奥の方にあります。)

 

st4.JPG②-1:住吉神社の桜を見学(流鏑馬のスタート地点です。
    吉元観光ボランティアガイドによる説明が行われています)

 

st5.JPG②-2:住吉神社の桜を見学(スタート地点を出発です)

 

st6.JPG②-3:住吉神社の桜を見学(この辺は山桜が多い所で、もう葉が出ていました)

 

st7.JPG②-4:住吉神社の桜を見学(茶色の葉っぱは山桜です)

 

st8.JPG②-5:住吉神社の桜を見学

 

 st9.JPG

③-1:千本桜の森を見学(これから急傾斜の道に挑戦です)

 

st10.JPG③-2:千本桜の森を見学(まだ登り口で元気です)

 

st11.JPG③-3:千本桜の森を見学(沢山の品種がありました)
        高岡ボランティアガイドによる説明に聞き入っています。

 

st12.JPG③-4:千本桜の森を見学(品種は伊豆吉野だったかな!

 

st13.JPG③-5:千本桜の森を見学(大島桜だったかな!)

 

st14.JPG③-6:千本桜の森を見学(疲れたー。お父さん手を引っ張ってー)

 

 st15.JPG

③-7:千本桜の森を見学(坂道で疲れたヨー。折り返し地点で休憩)

 

st16.JPG③-8:千本桜の森を見学(山桜です。若葉の時は葉が茶色です。)

 

st17.JPG③ー9:千本桜の森を見学(綺麗な八重桜もありました)

 

st18.JPG③ー10:千本桜の森を見学(こんなに綺麗な花が咲いていました。山リンドウです)

 

st19.JPG③ー11:千本桜の森を見学(こんなに可憐なスミレがありました)

 

st20.JPG③-12:千本桜の森を見学(野いちごの種類だと思うのですが!)

 

st21.JPG③ー13:千本桜の森を見学(鮮やかなタンポポの花が咲いていました)

 1月7日の夜、曽於市末吉町の熊野神社で県の無形民俗文化財に指定されています伝統行事「奇習 鬼追い」が行われました。
 この祭りは、年頭に五穀豊穣と天下泰平を祈願する修正会(しゅしょうえ)を起源とする祭りで、1250年来の伝統を持つと言われています。
 熊野神社の鬼追いに登場する鬼は、「日本一さつまの暴れ鬼」言われ、招福除災(しょうふくじょさい)の善鬼で、民衆に福をもたらす珍しいものです。
 鬼は、無数の御幣(ごへい)※を身にまとった男鬼(おおに)、女鬼(めおに)、子鬼の3匹で、25歳厄年の青年が扮します。それぞれの鬼には両サイドに「付け」(付添役)がおり、縦横無尽に駆け回り、力いっぱい観衆をたたき散らかします。この付けにたたかれると1年間健康であると言われていますので、たたかれても喜んでいます。来年は是非、奇習鬼追いを膚で感じて頂ければと思います。
 ※御幣は鬼1匹につき、障子紙を約2,000枚ほど使用するとのことです。

まず、当日は朝6時過ぎから熊野神社で神事が行われ、その後鬼火焚きが行われます。
 onioi1_2.JPG

神社から虚無僧、神主さん、そして松明を持った稚児たちが川沿いにある
鬼火焚きの会場へ向かって行きます。

 

onioi2-2.JPG

鬼火焚きの竹櫓(やぐら)の前で神事が行われます。

 

onioi3.JPG

 この鬼火焚きに使用した竹は御利益があることから、倒れてきた竹の笹を参加者は一目散に奪い合います。

 

 稚児が神社から持ってきた松明で竹櫓に火を付けると一気に燃え上がりました。
朝の暗い中、竹がパンパンと弾け、それが木霊(こだま)しているのは何とも言えない世界でした。

onioi4.JPG

倒れてきた竹と笹を取り、今年1年の健康を願いました。

 

 次は、夕方5時頃から北部青少年館では「鬼」にちなんだ料理の振る舞いや境内ではビンゴゲームなどが行われます。

onioi5.JPG

料理は「鬼」にかけて「オニそば」「オニぎり」「オニしめ」などが振る舞われます。
これがとっても美味しい!!


 

 そして、夜7時から幻想的にライトアップされた境内の山林で、末吉鬼神太鼓による太鼓演奏が行われます。

onioi6.JPG

幻想的な雰囲気の中で行われた「末吉鬼神太鼓」の演奏。
迫力ある演奏に多くの観衆が聞き入っていました。

 

 さぁー、午後8時です。いよいよ鬼追いのスタートです。熊野神社から飛び出した鬼と付けが、100mほど離れた神社の門前にある仁王堂で、鬼火焚きで使用した孟宗竹に入った御神酒を飲んだ鬼が観衆目がけて暴れ出すと、鬼に叩かれないように、また鬼の御幣を取ろうと観衆も必死です。
 鬼が身にまとった御幣を取るのは、1年間の無病息災が得られると言われているからです。

onioi7.JPG

暴れたたき回る鬼と付け。

 

onioi8.JPG

暴れ鬼がどこから出現するか分からないので、観衆はたたかれないよう警戒しています。

 

 鬼が暴れ回って30~40分も経つと、鬼は御幣を引き散切られてその姿はみずぼらしくなるとともに元気も無くなり、神社へ引き上げて鬼追いは終了です。

そして、最後は境内で豆まきが行われます。

onioi9.JPG豆を貰おうとたくさんの観衆が押し寄せ、境内はごった返します。

 

 今年の「鬼追い」は、南日本放送(MBC)が「ダイドードリンコ 日本の祭り」の撮影のため、カメラ13台を動員していましたので一段と熱が入っていました。
 テレビ放送は、2月6日(日)の16時~16時54分にありますので、是非ご覧下さい。

 1月7日、曽於市末吉町深川の熊野神社で奇習「鬼追い」が行われます。
 この鬼は、招福除災の善鬼とされ、25歳の厄男が鬼となって、沢山の御幣を身にまとい観客を棒で叩き回ります。
 鬼が暴れれば暴れるほどその年は五穀豊穣、無病息災になると言われています。
 また、鬼の御幣をちぎり取れば、1年健康であると言われていますので、御幣取りに挑戦してみては。しかし、鬼は棒で力一杯叩きますので、十分気をつけて下さい。
 「鬼追い」の前には、夕方5時頃から「鬼そば」の振る舞い、その後幻想的な「鬼神太鼓」の奉納が行われますので、こちらも楽しんで下さい。

 

onioi1.JPG鬼が棒を持って暴れています。叩かれないように気をつけて。

 

onioi2.JPG幻想的な鬼神太鼓の奉納

 11月27日(土)に、曽於市末吉町の「花房峡憩いの森」で散策モニターツアーを行いました。天気を心配していましたが、晴天に恵まれ気持ち良く散策することができました。
 当日はガイド1名を先導に、キャンプ場管理棟前を出発して、遊歩道のコースを約2時間程かけてゆっくり散策しました。
 

1127hanafusa1.JPG最初は管理棟下の紅葉をゆっくり見学です。

 

1127hanafusa2.JPG椎茸栽培についての説明を熱心に聞いています。

 

1127hanafusa3.JPGやっと安楽川渓谷まで下りてきました。

 

1127hanafusa4.JPGうっそうとした照葉樹の原始林の散策です。

 

1127hanafusa5.JPG

途中で椎(しい)の実拾いです。そのままでも食べられます。
椎の木ってこんなに大きくなるのか! 

 

1127hanafusa6.JPG木の高い所にシダ類やラン類が生えているのを教えてもらっています。

 

1127hanafusa7.JPG再度安楽川渓谷に降りて来ました。

 

1127hanafusa8.JPG安楽川渓谷にはこのような美しい滝が複数あります。

 

1127hanafusa9.JPG遊歩道を登って来たら美しい紅葉が待っていました。

 

 散策終了後は、お腹も減ってきたので全員で昼食です。メニューはカレーと取れたての椎茸をその場で焼いたものです。

1127hanafusa10.JPG取れたての椎茸がメチャクチャおいしかった~ みなさん大喜びです。

 

1127hanafusa11.JPG散策終了後は、キャンプ場のゴーカートやパターゴルフなどを楽しんでいました。

 11月23日、曽於市末吉町の住吉神社で豊祭が行われ、鹿児島県無形民俗文化財に指定されている「流鏑馬」が奉納されました。
 流鏑馬は、五穀豊穣を願って行われる伝統行事で、矢が的に当たるほど翌年は豊作になると言われています。
 まず午後1時頃から神社で神事が行われます。

yabusame1.JPG厳かな雰囲気の中、神事が執り行われています。

 

 神事が終わると、午後2時頃より流鏑馬が奉納されました。参道を鳥居から神社に向かって馬を走らせ、3箇所の的を射抜いていきます。
 はじめに、弓矢をもたずに手放しで馬を走らせる馬場ならしが行われ、その後、3人の射手で9回の流鏑馬が奉納されました。

yabusame2.JPG大きな馬が猛スピードで目の前を走って行く時は迫力満点です。

 

yabusame3.JPG射手が的を射抜くと、観客から拍手や歓声が沸き起こっていました。
正面から見ていると勢いよく走ってきた馬が止まらずに飛び込んできそうです。

 


 この他、油竹登りや豊祭料理のこんにゃくと甘酒の振る舞い、別会場では柔道や弓道などの各種武道大会も行われ賑わっていました。

yabusame4.JPG油竹登りの様子。子供達が懸命に竹をよじ登っています。

 秋の「花房峡憩いの森」は芸術の森です。是非お出かけ下さい。
 11月27日に散策モニターツアーを行いますので、電話;0986-28-0111までお問い合わせ下さい。
 写真はすべて11月18日撮影したものです。 
 

綺麗に紅葉していました。12月上旬まで紅葉が楽しめそうです。(色の芸術)

kouyou20.JPGちょっぴり紅葉していました。こんな控えめな紅葉も味があります。

kouyou12.JPGキャンプ場に続いている道路沿いの紅葉です。

kouyou13.JPGキャンプ場に続いている道路沿いの紅葉です。(針葉樹と落葉樹が織りなす芸術)

kouyou15.JPG近くで見るとこんなに綺麗でした。(深紅の芸術)

kouyou16.JPG「花房峡憩いの森キャンプ場」の紅葉です。是非、お出かけ下さい。

kouyou19.JPG原生林に太陽のようなツワブキの花が咲いていました。(ひっそり輝く芸術)

kouyou14.JPG「花房峡憩いの森キャンプ場」のシャクナゲはもう「つぼみ」を持っていました。花の女王は春が待ち遠しいといったところです。(芸術の卵)

kouyou18.JPG
 

  秋の「花房峡憩いの森」は芸術の森です。是非お出かけ下さい。
 11月27日に散策モニターツアーを行いますので、電話;0986-28-0111までお問い合わせ下さい。
 写真はすべて11月18日撮影したものです。 
 

安楽川両岸の渓谷林は照葉樹の原生林。シダやコケ類が数多く自生し、学術的にも大変貴重な所です。農業用水路からの滝もありマイナスイオンが一杯です。

kouyou7.JPG安楽川も様々な表情があります。のんびり散策して下さい。(流れの芸術)

kouyou8.JPG

川辺の倒木に美しいコケとシダが生えていました。(自然の盆栽)

kouyou9.JPG川辺にこのような美しいシダもありました。(河原の芸術)

kouyou10.JPG
 

 秋の「花房峡憩いの森」は芸術の森です。是非お出かけ下さい。
 11月27日に散策モニターツアーを行いますので、電話;0986-28-0111までお問い合わせ下さい。
 写真はすべて11月18日撮影したものです。 
 

ゴンズイ(ミツバウツギ科)を近くから見ると不思議な美しさがあります。

kouyou1.JPGゴンズイ(ミツバウツギ科)の木です。

kouyou2.JPG うっそうとした原生林の中で、複雑に曲がりくねった葛(かずら)の芸術作品。

kouyou5.JPG大きな葛(かずら)が大木の頂上まで伸びていました。(高さの芸術)

kouyou3.JPGあちこちに可憐な野草の花が咲いていました。(見捨てられた芸術)

kouyou4.JPG安楽川渓谷に倒木が横たわっている所が原生林を思わせます。(渓谷美)

kouyou6.JPG

イチョウの紅葉が綺麗です!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市末吉町南之郷の高岡小学校の校庭にあるイチョウが見事に紅葉しました。今が見頃です。ライトアップ(6時~9時)もしていますので、是非見に行かれることをお勧めいたします。
 なお、樹齢は何と170年とのことで、幹周り約7メートル、高さ約25メートルです。
 

ityou1.JPG

ityou2.JPG

加治木IC~曽於弥五郎IC間が無料になりました

 東九州自動車道の加治木IC~末吉財部IC間(33km)が6月28日に無料化されました。平成22年3月に開通し、既に無料であった末吉財部IC~曽於弥五郎IC間(11km)とあわせて加治木IC~曽於弥五郎IC間(44km)が無料となりましたので、是非曽於市にお出かけ下さい。

【メセナ住吉交流センター】

今回は、末吉町のメセナ住吉交流センターを紹介します。

こちらは、入浴施設と宿泊施設を併せもつ都市農村交流施設です。

メセナ住吉交流センター1.jpg

  お湯は地下1600mから湧出するアルカリ性単純泉で、つるつるすべすべのお湯が、肌にやさしくまろやかなので、どなたでも安心して入れます。
  浴用の効能は、神経痛、筋肉・関節痛、打ち身、くじき、冷え性、疲労回復、健康増進などです。
  毎年12月の毎週水曜日と日曜日、冬至、1月1日~3日は末吉町の特産のゆずを使ったゆず風呂が楽しめます。ゆずの香りに癒され、より一層体が温まります

  浴場は、和風と洋風があり、1週間交代で男風呂と女風呂が入れ替わります。

 

 人気のある岩風呂をはじめ、ひのき風呂・スチームサウナなどがある和風大浴場

メセナ住吉交流センター2.jpg人気のある岩風呂(和風大浴場)

メセナ住吉交流センター3.jpg

好評の遠赤外線サウナがある洋風大浴場

メセナ住吉交流センター4.jpg

遠赤外線サウナ(洋風大浴場)

メセナ住吉交流センター5.jpg

 家族風呂は岩風呂・ひのき風呂・石風呂の3種類
 一部屋500円プラス入浴料300円で1時間30分楽しめます。

 人気の岩風呂(家族風呂)

メセナ住吉交流センター6.jpg 施設内には、曽於市の特産物を販売する売店や食堂、無料の休憩所などがあります。また、宿泊室やバンガロー棟があり宿泊も可能です。

●アクセス
 曽於市役所から県道503号線を松山方面へ車で約8分。

●入浴料
 大人 300円(中学生以上) 小学生 200円(幼児無料)

●営業時間
 午前5時30分~午後10時

●定休日
 毎月第1・3月曜日

【お問い合わせ・宿泊予約】
メセナ住吉交流センター
TEL 0986-76-7898

加治木IC~曽於弥五郎IC間が無料になりました!

 東九州自動車道の加治木IC~末吉財部IC間(33km)が6月28日に無料化されました。平成22年3月に開通し、既に無料であった末吉財部IC~曽於弥五郎IC間(11km)とあわせて加治木IC~曽於弥五郎IC間(44km)が無料となりましたので、是非曽於市にお出かけ下さい。

【弥五郎の湯】  

 今回は曽於弥五郎ICの近くにある大隅町岩川の「弥五郎の湯」を紹介します。

 「弥五郎の湯」は、無色透明で天然温泉に近い性質を持つ人工温泉トゴール泉で、国道269号バイパス沿いに建つ高さ15mの「弥五郎どん像」が目印です。
 具体的には、「おおすみ弥五郎伝説の里」敷地内に建つ「健康ふれあい館」の中にあります。
 「おおすみ弥五郎伝説の里」には、道の駅「農土家市」、目を見張る「弥五郎どん像」もありますので、こちらにも是非お立寄りください

 

 「健康ふれあい館」

yagorounoyu1.JPG「弥五郎の湯」は、新潟県栃尾又温泉付近から選出される風化鉱物(トゴール・ウォームタイト/医薬部外品45D283号)を使用しており、温泉の湧き出す自然現象を人工的にシステム化し、天然温泉により近い水質を持たせています。
 「弥五郎の湯」は各種疾病の改善・心身リラックス効果があり、神経痛・リウマチ・腰痛・肩のこり・うちみ・くじき・疲労回復・冷症・しもやけ・あせも・荒れ性・痔によいとのことです。


「健康ふれあい館」ではミニサイズの弥五郎像が出迎えてくれます


yagorounoyu2.JPG  「弥五郎の湯」は大・小浴場、岩風呂などがあり、こじんまりとしたコンパクトな造りのため、少人数での利用がおすすめです。
 yagorounoyu3.jpg

●入浴料 
高校生以上 300円 小中学生100円

●営業時間
 夏期( 7月~ 9月)午前9時~午後9時
 冬期(10月~ 6月)午前9時~午後8時

●休館日
 第2・4木曜日

【お問い合わせ】
健康ふれあい館 TEL 099-482-0080

加治木IC~曽於弥五郎IC間が無料になりました!

東九州自動車道の加治木IC~末吉財部IC間(33km)が6月28日に無料化されました。平成22年3月に開通し、既に無料であった末吉財部IC~曽於弥五郎IC間(11km)とあわせて加治木IC~曽於弥五郎IC間(44km)が無料となりましたので、是非曽於市にお出かけ下さい。

【レストラン四季祭】

曽於市のおすすめメグルメ情報。第1回目は「レストラン四季祭」をご紹介します。

末吉財部ICを降りて、国道10号線を都城方面に向かうとまもなく(約3km)、「道の駅すえよし」が見えてきます。その道の駅すえよし内に「レストラン四季祭」はあります。

 

地元の新鮮な食材をふんだんに使ったランチバイキングは特に好評で、お昼時になるとたくさんのお客さんで賑わいます。
手作りにこだわった安心・安全で美味しい料理は、種類も豊富で、ドリンクバーやデザートも充実!
土日や祝日は順番待ちの列ができるほどの人気となっています

ランチバイキング AM11:00~PM3:00(オーダーストップ PM2:30)
(制限時間60分)
男性1,000円、女性900円、小学生600円、3歳以上300円

  

どれを食べるか迷ってしまうくらいたくさんのメニューが並んでいます

shikisai1.jpg

とにかく種類が豊富! いろんな味を試してみたくなります。 shikisai5.jpg

 

夜は黒豚しゃぶしゃぶの食べ放題が人気です。
しかもこの食べ放題をオーダーされた方は、ミニバイキング(日替わりで肉じゃがや、マカロニサラダ、酢の物、唐揚げ等、数種類)とコーヒー、アイスのフリーサービスも楽しむことができます
ご家族やお友達で楽しい夕食の一時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ナイトメニュー PM6:00~PM9:00(オーダーストップ PM8:30)
定休日 毎週水曜日(夜のみ)
黒豚しゃぶしゃぶ食べ放題(制限時間90分)
大人1,280円、小学生780円、3歳以上380円 

shikisai3.jpg

食べ放題の他には、定食や丼物などの定番メニューも♪ 写真は「黒豚丼」。

shikisai4.jpg

道の駅すえよし 「レストラン四季祭」 
TEL : 0986-79-1900

 今月19日から、大隅町の「上野農園」さんの観光農園でなし狩りが始まりました。
 
 上野農園さんでは「新高(にいたか)梨」、「新興(しんこう)梨」の2種類のなし狩りを楽しむことが出来ます。
 スタッフが取材にお伺いしたときも、みずみずしい秋の味覚を楽しもうとたくさんの家族連れが来園されていました
 
 新高梨は普通の梨の1.5~2倍くらいの大きさでやわらかな甘さ、新興梨は少し酸味のある甘さが特徴です。もちろん、どちらも果汁たっぷり!
 スタッフも今回初めてなし狩りを体験させてもらいましたが、ハサミも要らず、手で少し実を上方向に捻るだけなので、お子さんでも簡単に収穫できますよ。
 梨のずっしりとした重みに、秋の豊かな実りを実感したスタッフでした
 
 入園は無料で、開園時間は午前9時から午後5時まで。全国発送もして下さるので、もぎたての秋の味覚を大切な方へ贈られてみてはいかがでしょうか。

 

 なし狩りを楽しむ来園者のみなさん。とても楽しそうです(^^)

nashigari1.JPGたわわに実った秋の味覚。見ているだけでも幸せな気分に♪

nashigari2.JPG

「上野農園」
TEL:099-482-1509

大川原峡・悠久の森・桐原の滝・溝の口洞穴等の観光紹介(5)

【溝の口洞穴】

横13.8m、高さ8.6m、全長224m。その奥は未調査で、まだ分からない不思議な洞穴。鹿児島県天然記念物。聖なるパワースポットでも有名。


168.JPG

172.JPG

※平成22年6月撮影

大川原峡・悠久の森・桐原の滝・溝の口洞穴等の観光紹介(4)

【三連轟(滝)】

桐原の滝と関尾の滝の間にある奇岩、巨岩の河原で滝が有名
滝の上流・下流がどうなっているのか未知の世界。是非探検を

174.JPG

178.JPG※平成22年6月撮影

大川原峡・悠久の森・桐原の滝・溝の口洞穴等の観光紹介(3)

【桐原の滝】
幅40m、高さ12mの雄大な滝からマイナスイオンが放出 

110.JPG

109.JPG

※平成22年6月撮影

大川原峡・悠久の森・桐原の滝・溝の口洞穴等の観光紹介(2)

【悠久の森】
自然の森、川、植物で形成され、最高の癒しの地(森は宝の宝庫)
九州の奥入瀬渓流と呼ばれ、景観が抜群で人気度が急上昇
なだらかな傾斜で、ウオーキングは高齢者にも大好評
130.JPG

 

127.JPG

悠久の森は植物が豊富

ゼンマイ(ギザギザの少ない葉)、ワラビ(ギザギザの多い葉)は山菜として有名

115.JPG冬イチゴ(6~7月に白い花を付け、果実は冬紅く熟し、美味しい)

119.JPGアカメガシワ(新芽が鮮紅色で、葉が柏のように大きくなることから命名)
(葉は夏、皮は冬食べられ、ポリープに効果的)

121.JPGハナイカダの若い果実(葉の中央に花を咲かせ、実を付けるおもしろい植物。葉を筏(いかだ)に見立て、その上に乗る花や実を筏の上に乗る人に見立てたことから命名)

131.JPG朽ち果てた杉の木に、白い葉の混じった若杉が生えていた

132.JPG伐採された木に可愛いキノコが生えていた

137.JPG

※平成22年6月撮影

大川原峡・悠久の森・桐原の滝・溝の口洞穴等の観光紹介(1)

【大川原峡】

大小の岩、波しぶき、樹木が独特の自然美を形成
浅瀬がふんだんにあり、夏の水遊び場として最適

104.JPG

101.JPG

※平成22年6月撮影

中岳ダム

| コメント(0) | トラックバック(0)

中 岳 ダ ム
位置:曽於市末吉町南之郷字市林
用途:農業用水(約3,100ha)   ダム形式:中心遮水ゾーン型ロックフィルダム        
総貯水量:431万㎥    ダム堤高:約70m   ダム堤長:約312m     

ダムサイトの見学場所にある案内ボタンを押せば概要の説明が流れます。
「花房峡憩いの森」を訪れましたら、近くにありますので、是非一度は足を運で下さい。きっとダムの大きさにビックリすることでしょう。

nakatake.JPG※平成22年6月撮影

曽於市の「道の駅」が近くなりましたのでお越し下さい。

東九州自動車道の加治木IC~末吉財部IC間(33km)が6月28日に無料化されました。平成22年3月に開通し、既に無料であった末吉財部IC~曽於弥五郎IC間(11km)とあわせて加治木IC~曽於弥五郎IC間(44km)が無料となりましたので、是非曽於市にお出かけ下さい。今回はICの近くにある道の駅を紹介します。
 

「道の駅やごろう農土家市」


曽於弥五郎ICで降りて、岩川に向け、国道269号バイパスに乗って下さい。国道269号バイパス沿いに誰もが目を見張る超ビッグな「弥五郎どん」の銅像がありますので、このバカでかい「弥五郎どん」を目標にして下さい。そこは「おおすみ弥五郎伝説の里」という広大な敷地で、その入口に「道の駅やごろう農土家市」があります。
「道の駅やごろう農土家市」も、元旦のみが定休日で9時から19時まで営業しています。売れ筋の一部を紹介しますと、野菜類はキャベツ・さつまいも・トマト・キュウリ・いもがら、果実は何と言ってもスイカ(弥五郎すいか・さぶちゃんすいか)、肉類は黒豚・黒豚味噌漬け・ウインナー、加工品は薩摩揚げ・弥五郎3兄弟ソーメン・手作りの各種漬け物・手打ちそば……などなど、様々な特産品を品揃えしていますので、大隅町の味をご堪能下さい。
 

バカでかい弥五郎どんの銅像を目標に来て下さい
(身の丈15m、重さ39トン)

oosumi1.JPG

注:写真はすべて平成22年7月8・9日に撮影したものです。

 やごろう農土家市の外観。  畜産の町としてのシンボルである「黒毛和牛・黒豚・鶏」の3段モニュメントは人気があります

oosumi2.JPG大隅町と言えば甘いスイカが有名です。どんどん売れています

oosumi6.JPG

 キャベツの産地でもあり、みずみずしいキャベツが沢山入荷しています

oosumi4.JPG

サツマイモの産地でもあり、サツマイモが良く売れています 

oosumi5.JPG

 大隅町産の黒豚、黒毛和牛は大人気です

oosumi3.JPG

曽於市の「道の駅」が近くなりましたのでお越し下さい。

東九州自動車道の加治木IC~末吉財部IC間(33km)が6月28日に無料化されました。平成22年3月に開通し、既に無料であった末吉財部IC~曽於弥五郎IC間(11km)とあわせて加治木IC~曽於弥五郎IC間(44km)が無料となりましたので、是非曽於市にお出かけ下さい。今回はICの近くにある道の駅を紹介します。

 

「道の駅すえよし」


末吉財部ICで降りたら、国道10号線を都城市に向かって頂ければ、約3kmの所に「道の駅すえよし」がありますので、是非お立ち寄り下さい。
「道の駅すえよし」は、元旦のみが定休日で9時から19時まで営業しています。
売れ筋の一部を紹介しますと、野菜類はゴーヤ・カボチャ・スイートコーン、果実はスイカ・ブルーベリー、花は菊・スターチス・バラ、肉類は黒豚・黒毛和牛・ハム・ソーセージ、加工品はゆず製品(ドレッシング・ゼリー等)・さつまいも冷麺・蜂蜜・洋風手作りケーキ・手作りかるかん・あく巻き・かからんだんご・手打ちそば・手作り味噌……などなど、多くの品揃えをしておりますので、末吉町の味をお試し下さい。
 

「道の駅すえよし」の外観

shikisai1.JPG注:写真はすべて平成22年7月8・9日に撮影したものです。

「道の駅すえよし」の内部……曽於市特産品のカボチャが並んでいた

shikisai2.JPGニガウリが人気あります

shikisai3.JPG左が「黒糖ふくれ菓子」、右が手作り「かるかん」……手作りの味です

shikisai5.JPG代表的な菊の花は大人気……スターチス、バラ等もあります

shikisai6.JPG末吉町は畜産の町ですので、黒毛和牛や黒豚は自信を持っておすすめします

shikisai4.JPG末吉町はゆずの町ですので「ゆず加工品」は種類も豊富です

shikisai7.JPG地元の蜂蜜業者が全国の花を追いかけて作った純国産蜂蜜です

shikisai8.JPG

 

 

観光案内(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)
花房峡憩いの森
所在地:鹿児島県曽於市末吉町南之郷11391-1
 
安楽川の両岸は貴重な照葉樹の原生林で、自然がそのまま残っています。
遊歩道を散策すれば、小鳥のさえずり、清流の音が聞こえ、心も体もリフレッシュできます。特に、早朝は小鳥たちの大合唱を聞くことができます。
   
01.JPG※写真はすべて6月に撮影したものです。
 
安楽川の渓谷は風光明媚です。残念ながら下の写真の渓谷の所は降りることが出来ませんが、ここは神秘的魅力がいっぱいです。
安楽川両岸の渓谷林は、照葉樹の原生林でシダ、コケ類が数多く自生し、学術的にも大変貴重なものとされています。
 03.JPG
農業用水路から渓谷の安楽川に水が蕩蕩と流れ落ち、数カ所の滝を形成しています。
安楽川にはニジマスがおり、隠れた釣り場にもなっています。
 
04.JPG花房峡で勢力を伸ばしているイタドリ(スカンポ)
イタドリは、タデ科の多年草で春先に紅紫色の芽を出し、8~9月に力強く白い花を咲かせます。若い茎の部分は甘酸っぱく、食用とされています。
名前の由来は、薬用として利用すれば、痛みを取るから『痛取り』と命名されたそうです。また秋頃、イタドリの根茎の部分を干して煎じて服用すると利尿作用などもあるようです。
一方、イタドリは非常に成長が早いので、草刈りが大変で管理人さん泣かせの植物です。
 
02.JPG 「花房峡憩いの森」では木工体験が出来るほか、次のような施設が整っておりますので、遊歩道散策と併せて自然の中でゆっくりお楽しみ下さい。
【管理所 : 電話・FAX 0986-78-1100】
 
◎木工体験 : ドングリ工作、フォトスタンド工作、焼き板工作(絵入り)
料金:各500円
         所用時間:2~3時間
           注:予約が必要ですので、早めにご予約をお願いします。
◎主な施設の案内(低価格となっていますので、ご利用下さい)
バンガロー:1泊1棟(シャワーなし)  3,100円 
                      (シャワー有り)  4,000円
 ミニバンガロー:1泊1棟  2,000円
 常設テント:1泊1張(ケビン式) 2,000円
(3角テント) 1,500円
【宿泊施設の営業時間】 
チェックイン 16:00
チェックアウト 9:00 
※ただし持ち込みテントの場合は、チェックイン、チェックアウトとも制限はありません。
 宿泊日数のみご連絡下さい。
 
青少年研修館(使用時間によって価格は異なります)
 テニスコート(1面)  400円
 パターゴルフ(9ホール)(大人 200円、 子供 150円)
 ゴーカート(1人用 250円、 2人用 500円)
 バッテリーカー(100円)
 ローラースケート(200円)
 バーベキューセット(一式 1,000円)
 注:食材は持ち込みとなっています。
  食材の予約も受け付けておりますので、早めにご予約をお願いいたします。
炊飯用具(一式(6人用) 600円) 等
◎夏は渓流に直接設けられた「水遊び場」が子供に人気があります。(無料)
◎夏はクワガタムシやカブトムシがいますので、管理人さんにこっそり聞いて、ゲットして下さい。(無料)
◎夏は山を眺めながらのソーメン流しが好評です。是非一度食堂へお越し下さい。
 

 

観光案内(1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市財部町には美しい森と渓谷があります。この一帯には悠久の森、大川原峡、桐原の滝、大川原峡キャンプ場がまとまってありますので、思う存分楽しんでください。   
所在地:曽於(そお)市 財部(たからべ)町 下財部

悠久の森

緑ときらめきの感動を与え、マイナスイオンたっぷりの森が「悠久の森」です。平成14年には「全国遊歩百選の森」に認定され、毎年ウォーキング大会を開催し、多くの参加者がさわやかな汗を流しています。
「奥入瀬渓流」と呼ばれています「悠久の森」に是非足を運んでくだい。

syukyu.jpg

大川原峡

大川原峡は大小の岩が2㎞あまり続く美しい渓谷で、岩・水・緑が織り成す景観は豪快です。

 

ookawahara.jpg

桐原の滝

桐原の滝は、幅40㍍、高さ12㍍の雄大な滝です。滝は周りの自然と調和し、季節や天候によって異なる表情を見せ、自然美を満喫出来ます。また、圧巻なのは、流れ落ちるしぶきがマイナスイオンをたっぷり浴びせてくれることです。

kirihara.jpg

 

大川原峡キャンプ場

キャンプ場は、水と森に囲まれた清涼で自然いっぱいのところで、バンガロー、オートキャンプ場、キャンプファイヤー施設等がありますので、ご家族で遊びに来て下さい。 8月には「やまめ」のつかみ取りなどが行われる清涼祭りが開催されます。
お問い合わせ先:大川原峡キャンプ場管理棟 TEL 0986-74-2555
 

ookawahara-k.jpg

 

 


大きな地図で見る

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 20170928-4231-0005.JPG
  • 20170928-4219-0004.JPG
  • 20170928-4230-0003.JPG
  • 20170928-4216-0002.JPG
  • 20170928-4214-0001.JPG
  • manngo-20170713-001.JPG
  • 20170611-0006.JPG
  • 20170611-0005.JPG
  • 20170611-0004.JPG
  • 20170611-0003.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観光情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは特産品情報です。

次のカテゴリは道の駅情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。