その他

 6月14日、三枝さん農場にサツマイモの生育状況を見に行ってきました。
3月30日、台湾との文化交流で植えて頂いたサツマイモが更に大きくなっていました。

 

   初めてのサツマイモ植え体験でしたが、どんどん大きくなっています
   まもなく地面が見えなくなりそうですIMG_0701-260616-003.JPG

 


       サツマイモ畑の広大さ。すごいでしょう
       右側4列が台湾との交流で植えたものです
       8月に収穫です。後3か月後が楽しみですね IMG_0702-260616-004.JPG

 6月2日、三枝さんの農場にサツマイモの生育状況を確認してきました。
台湾との文化交流で3月30日に植えたサツマイモがこんなに大きくなっていました。
今後も生育状況を随時お知らせいたしますので、お楽しみに。
 


  初めてのサツマイモ植え体験でしたが、こんなに大きくなりました
  曽於市の太陽の下で、すくすく育っています2014060213310000-001.jpg

 


      どうです。このサツマイモの元気さ
      きっと大きなサツマイモが出来ることでしょう
      8月の収穫が楽しみですね2014060213320000-002.jpg

 

4月26日、サツマイモの生育状況を確認してきました。
台湾との文化交流で3月30日に植えたサツマイモが、確かに根付いていました。
今後も生育状況をお知らせいたしますので、お楽しみに。


初めての体験でしたので、根付くか少し心配していましたが、元気に根付いていました2014.4.28-038.JPG

 

 

     大きい・小さいの差はありましたが、全部育っていました
     暖かくなってきましたので、これからドンドン大きくなることでしょう2014.4.28-039.JPG

県下一周駅伝郷土入り

| コメント(0) | トラックバック(0)

第61回鹿児島県下一周駅伝が2月15日鹿児島市役所前をスタートし、4日目(18日)に曽於市を走り抜けて行きました。

今回は地元を走るということで、曽於チームは日間優勝を目標に主力の選手を配置しています。

第3区の走者は我らの仲間である平川慎介さん(メセナ末吉)が地元の財部町をトップで走り、4区の松下さんにたすきをつなぎました。

曽於チーム、今日だけは日間優勝を勝ち取って下さい。

 

 

    メセナ末吉のホープである平川さんがトップで走って来ました2014.02.18県下一周駅伝(平川くん)004-01.JPG

 

 

    力強い走りで、トップをキープして4区にたすきをつなぎました平川選手2-01.JPG

観光地の草刈り

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市観光特産開発センターは、9月19日、観光地の草刈りを行いました。
場所は、曽於市末吉町橋野にある「平 季基(たいらのすえもと)の墓」です。

 

                               まず、墓に行く通り道の草刈りです1-01.jpg

 

 


「平 季基(たいらのすえもと)」とは、平安時代の人で、太宰府の役人でありました。今の都城市に来て、荒れ果てた土地300haを開発し、この土地を関白藤原頼通に寄進しました。これが島津荘の始まりで、範囲は・都城市・三股町・曽於市の一部です。この季基は、晩年末吉町橋野に退隠したことから、墓が橋野にあります。2-01.jpg

大きな虹

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月5日の夕方、曽於市に大きな虹が架かっていました。今まで、こんなに大きな虹は見たことがなかったような気がします。余りにも大きかったので、車を止めて写真を撮りました。

 

 今夏は雨がほとんど降らず、晴天続きでしたが、8月4・5日は久しぶりの恵の雨でした。 雨上がりの空に見事な虹20130805  虹①-01.jpg

 

 

               場所を変えて写真を撮りました。虹は幻想的で素晴らしい!!
               この虹を何人の人が見たのでしょうか20130805 虹②-01.jpg

地域づくり講演会

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「大隅町異業種交流会 やごろうの郷(くに)“結”」 は、6月27日「地域づくり講演会」を大隅農産加工センターで行いました。
  講師は、マルヤガーデンズ社長の玉川恵先生で、演題は「マルヤガーデンズの考え方」でした。
 玉川先生は、08年に三越が撤退したため、新たなコンセプトを持ったマルヤガーデンズの立て直しを始めました。
  このため、本講演は、玉川先生が立て直しをするに至った経緯、苦労話などの内容でした。特に、ありきたりの商業施設では成立しないとのことから、個性ある商業施設を目指されたとのことで、人と人とが自由につながりを持つことが出来るコミュニティ・スペースを持った空間を作られたとのことでした。
 また、会社の経営はまだまだ苦しいとのことですが、①会社・故郷に対する思い、②自分に何が出来るかということを考え、③悔しさの心を持ち、一所懸命頑張って仕事をされているとのことでした。

 

                                   講演をされている玉川先生IMG_0336-01.JPG

 

 

                                 講演に聴き入っている参加者IMG_0337-01.JPG

 

 

講演後、楽しい交流会がありました。
持田会長が打ったそば、女性会員が作った料理、事務局の遠矢さんが収穫したトマト・キューリ等が交流会を盛り上げ、有意義な時間を過ごしました。IMG_0342-01.JPG

 

 

            写真は「味噌浸けタコ・アジ刺身」で、とっても美味しいでした。IMG_0339-01.JPG

 「はっちゃん蜻蛉(とんぼ)」さんに綺麗な蛾の名前を教えて頂きました。
珍しい蛾の名前を知っている「はっちゃん蜻蛉」さんの博識にビックリしました。
本当に有り難うございました。

 

                        綺麗な蛾は、「オオミズアオ」でした IMG_7616-01.JPG

 

 

(WIKIPEDIAから引用)
オオミズアオは、チョウ目・ヤママユガ科に分類されるガの一種。
北海道から九州にかけて分布し、平地から高原まで生息域は広い。
出現期は4~8月頃。初夏と夏の2回発生し、蛹で越冬する。
幼虫は緑色の芋虫で、節ごとに毛の束が少しだけ出る。
モミジ、ウメ、サクラ、リンゴなどの葉を食べる。
サクラの葉を食べるため、都心のビル街の街路樹などでも見かけることがある。
成虫は口が退化していることもあり、物を食べたり飲んだりすることはない。
 

綺麗な「蛾」がいました

| コメント(3) | トラックバック(0)

 5月20日、出勤したら当開発センターの前にある傘立ての傘に、綺麗な「蛾」が留まっていました。余りにも綺麗でしたので紹介します。
 羽が大きくて薄いため、風が吹いてくると風に押されてなびいてしまいます。今にも羽が壊れそうでした。
 残念ながら、この蛾の名前が分かりません。誰か教えて下さい。

 

                      傘を動かしても、全く動こうとしません。
                      とにかく綺麗でしょうIMG_7613-01.JPG

 

 

 やっと、1m程離れた地面(アスファルト)に弱々しく移動しました。
でも最後は、高々と飛んでいきました。羽が薄くても、力強く飛べたのに感心した次第ですIMG_7616-01.JPG

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 20170928-4231-0005.JPG
  • 20170928-4219-0004.JPG
  • 20170928-4230-0003.JPG
  • 20170928-4216-0002.JPG
  • 20170928-4214-0001.JPG
  • manngo-20170713-001.JPG
  • 20170611-0006.JPG
  • 20170611-0005.JPG
  • 20170611-0004.JPG
  • 20170611-0003.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお知らせです。

次のカテゴリはふるさと会の紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。