植物紹介

彼岸花

| コメント(0) | トラックバック(0)

  道路脇や田んぼの畦道にきれいに彼岸花(別名:曼珠沙華)が咲いています。
彼岸花は、花を咲かせている時は、葉がないのも特徴で冬になってから葉を茂らせ、春に光合成をして、球根に栄養を蓄えるという。そして夏を迎える頃に葉を枯らせて休眠期に入り、かつ秋のお彼岸の頃に開花する。一般的な植物の成長サイクルと違うという点でも、不思議な花なのですね。..
 

    大隅町平木の田んぼの畦道、満開です(撮影日:9月25日)20170928-4214-0001.JPG

 

 

     大隅町竹山の道路沿い黄色い彼岸花です(撮影日:9月25日)20170928-4216-0002.JPG

 

 

   花びらのかたちがちょっと違いますね(撮影日:9月25日)20170928-4230-0003.JPG

 

20170928-4219-0004.JPG

 

 

      曽於市二之方(市役所近く)道路沿いですが、満開をちょつと
    過ぎていました(撮影日:9月25日)
20170928-4231-0005.JPG

    彼岸花の花言葉は色々ありました
     ・ 独立•情熱 ・ 再開・あきらめ ・ 悲しい思い出 ・ 想うはあなた一人
     ・ また合う日を楽しみに・・・・etc
 

気になる木

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市末吉町にこんな木がありました。
不思議な形をしています。何に見えますか。
場所を知りたい人は、曽於市観光特産開発センターにお問い合わせ下さい。

電話:0986-28-0111
 

                                オヤオヤ妙な木があるぞーDSCF0021-270218-0001.JPG

 

 

              少し近づいてみましょう
            何か動物に似ていないかなぁ~DSCF0019-270218-0002.JPG

 

     

     もっと近づいてみましょう
     どうしてこんな形になったのだろう。不思議な木ですねDSCF0020-270218-0003.JPG

春を告げる花

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月25日、天気が良いので、散歩がてら花探しに出かけました。
よ~く探すと、もう咲いているではありませんか。ビックリです。
もう春はそこまで来ているようですネ。


             畑が草ボウボウです。この草は何かな?
             あの有名なナズナです。この辺ではぺんぺん草と言ってます
             ナズナは、春の七草の1つとして有名です2015.01.26-DSCF0003.JPG

 

                         畑には食用の菜の花が咲いていました2015.01.25-DSCF0004.JPG

 

庭には早くも、紅梅が咲いていました
白梅も既に開花していましたが、高いところだったので写真が撮れませんでした2015.01.25-DSCF0008.JPG

 1月16日、柚子畑にツアー客受け入れ準備の調査に行ったら、春を告げるかのようにホトケノザが咲いていました。
ホトケノザという名前は、茎の周りを取り囲むように生えている葉の様子が、仏様の座るハスの花のように見えることからつけられたようです。
別名はサンガイグサ(三階草)で、茎が段々につくことからだそうです。IMG_3673-270118-001.JPG

 

 このホトケノザは、シソ科の一年草あるいは越年草で、もう1つホトケノザ
 という植物があります。
 春の七草の一つに「ホトケノザ」がありますが、この植物は春の七草ではな
 く、コオニタビラコというキク科のホトケノザが春の七草でありますので注
 意して下さい。
 なお、このホトケノザは、食用ではないことも知っておいて下さい。IMG_3672-270118-002.JPG

 

もう水仙が咲いていました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月4日、曽於市末吉町に早くも水仙の花が咲いていましたのでご覧下さい。

 

何と、まだ1月4日だというのに水仙が咲いていました
咲き始めたのは12月下旬ではなかったのだろうか?
別名を、雪の中でも春の訪れを告げるので「雪中花(せっちゅうか)」というそうですsuisen-27-0106-001.JPG

 

 春を告げる草花として有名な水仙。この可憐さ、本当に綺麗ですね
 彼岸花(ひがんばな)科で、新種によっては12月中旬頃から咲くそうです
 我が家の庭では、遅咲きなのか水仙の芽が出始めていましたsuisen-270106-002-330.JPG

 

あれっ! 12月に桐の花が!

| コメント(0) | トラックバック(0)

11月30日の悠久の森ウォーキング大会(曽於市)で桐の花が咲いているのを見つけました。ビックリ・ビックリ!!桐の花は4月から5月に咲くのではなかったかな?
再度12月2日に出かけ、写真を撮ってきましたのでご覧下さい。

                   なぜか、12月に見事な桐の花が咲いていました
                   桐は落葉広葉樹ですので、12月には葉はありませんでした2014.12.7-IMG_2370.JPG

 

  狂い咲きとのことです。
  狂い咲きは花が少ないのですが、枝全体に淡い紫の花とつぼみがびっしり!
  自然の不思議です2014.12.7-IMG_2372.JPG

ツワブキ(石蕗)の花

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在、車で走っていると道路沿いや庭に黄色いツワブキの花を沢山見かけます。
ツワブキの花は綺麗で長く咲き続けますので、大好きな花の1つです。
キク科ツワブキ属の多年草でイシブキ、ツワともい言います。
ツワブキの名は、艶葉蕗(つやばぶき)、つまり「艶のある葉のフキ」から転じたと言われ、「艶蕗」とも書きます。

                     ツツジの間からツワブキの花が出ていました2014.11.18-IMG_0949.JPG

 

我が家には八重のツワブキがあります。とっても綺麗ですので大変気に入っています2014.11.18-13.jpg

ど根性の植物

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市末吉町の墓地に、ど根性のムラサキシキブ(紫式部)とケイトウがありましたので紹介します。
ムラサキシキブの属名(カリカルパ)は、ギリシア語で「美しい果実」という意味で、名前はこの実の美しさによるとされます。和名はこの気品ある実を、平安時代の源氏物語の作者である「紫式部」に例えたとされます。
 

ケイトウの属名(セロシア)は、ギリシア語の「ケロス(燃えた・焦げた)」という意味で、燃えるような真っ赤な赤色からといわれます。和名は、赤いベルベットのフリルがオンドリの赤いトサカによく似ていることから「ケイトウ(鶏頭)」です。
 

 

         撮影日:9月23日(秋分の日)
                   撮影場所:曽於市 末吉町の墓地
 

排水溝から1本だけニョキニョキと顔を出している「ど根性ムラサキシキブ」です。
 植物の生命力の強さを知らされましたIMG_0895-001.JPG
 

 

 

   コンクリートの隙間から整然と一列に生えている「ど根性ケイトウ」です。
   チョツトした隙間でも良く育つことにビックリしましたIMG_0896-001.JPG
 

彼岸花が見頃です

| コメント(0) | トラックバック(0)

彼岸花(別名:曼珠沙華・リコリス)が綺麗に咲いていましたのでご覧下さい。
別名の曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、梵語(ぼんご)からで,「白くやわらかい」、「見た人を悪から離れさせる力がある天界の花」とのことです。
ヒガンバナ科ヒガンバナ属(リコリス属)です。
異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、捨子花(すてごばな)、はっかけばばあと呼んで、日本では不吉であると忌み嫌われることもあるが、反対に「赤い花・天上の花」の意味で、めでたい兆しとされることもあります。
      撮影日:9月19・20日
              撮影場所:曽於市 末吉町


ツツジの間から、にょきにょきと彼岸花の花茎が長く伸びて花が咲いていました
濡れた道路にも彼岸花が淡く写っています
ヒガンバナの地下茎(球根。正確には鱗茎(りんけい))にはデンプンが含まれ、水にさらして食用となり、昔は飢饉(ききん)に備えて田んぼのあぜ道に植えたらしいです2014.09.20-2-001.jpg

 

 

    シロバナヒガンバナ(白花彼岸花)もアチコチに咲いています
    シロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙華)とも言います2014.09.20-5-001.jpg

 

 

                 豪華な黄色い彼岸花も咲いています
                 ショウキズイセン(鍾馗水仙)と呼ばれています2014.09.20-3-001.jpg

ブルーベリーの生育状況

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市にはブルーベリーが沢山あります。
当開発センターでは、6月下旬からブルーベリーの収穫体験を企画していますので、生育状況が気になっていました。
このため、5月8日、末吉町の松村農園のブルーベリーの生育状況を観察してきました。

 

ブルーベリーは品種が沢山あるそうで、6月から8月まで収穫できるそうです
同じ木でも、実がなっているもの、まだ花が咲いているのがありました2014.05.08-0866.JPG

 

 

       こんなに実が大きくなっているのもありました
       6月下旬から収穫できそうです。楽しみだなぁ~2014.05.08-0863.JPG

5月8日、末吉町の松村農園の梅の生育状況を観察してきました。

 

       樹高 が低く、簡単に収穫できそうです。
       品種は、南高梅(なんこううめ)で非常に美味しいです。2014.05.08-0856.JPG

 

 

   梅の実は、順調に育っていました。
   梅の欲しい方は、曽於市観光特産開発センターまでお問い合わせ下さい。
   昨年の価格は、350円/kgでした。   
   電話:0986-28-01112014.05.08-0859.JPG

4月26日、サツマイモの生育状況を確認してきました。
台湾との文化交流で3月30日に植えたサツマイモが、確かに根付いていました。
今後も生育状況をお知らせいたしますので、お楽しみに。


初めての体験でしたので、根付くか少し心配していましたが、元気に根付いていました2014.4.28-038.JPG

 

 

     大きい・小さいの差はありましたが、全部育っていました
     暖かくなってきましたので、これからドンドン大きくなることでしょう2014.4.28-039.JPG

イワツツジが見頃です

| コメント(0) | トラックバック(0)

道の駅おおすみ「農土家市」の駐車場の土手に500本のイワツツジがみごとに咲いています。
是非お出掛け下さい!

 

                                                3月22日撮影イワツツジが見頃です019-001.JPG

 

 

    ハヤトミツバツツジとも言います(和名)。薩摩地方のミツバツツジの意イワツツジが見頃デス020-001.JPG

 

 

                               花は紅紫色で、庭木として大人気ですイワツツジが見頃です024ー001.JPG

 

 

                        道の駅おおすみ「農土家市」で販売していますイワツツジが見頃です025-001.JPG

皇帝ダリア

| コメント(0) | トラックバック(0)

曽於市では、あちこちに皇帝ダリアが咲いています。高いのは屋根の高さほどもあり、いかにも皇帝だぞと言わんばかりです。
11月14日、観光客の案内で、曽於市末吉町の高岡小学校の銀杏の木を見に行きましたら、校舎の横に皇帝ダリアが咲いていました。

 

 


                     背比べをするように、高さを競って咲いています
                      こんなに高く伸びなくても良いのに………009-01.JPG

皇帝ひまわり

| コメント(0) | トラックバック(0)

  財部町の日光神社に皇帝ひまわりの花が咲いていました。通常は高い位置に咲くのですが、地面の直ぐ上の低い所に咲いていました。
 

 

                 こんな低い所に咲いているのは珍しいです。IMG_0491-001.JPG

そばの花が見頃です

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市のあちこちに白いそばの花がきれいに咲いています。

            

                曽於市も「そばの里」を目指して頑張っています
                収穫時期が楽しみです
そばの花 014-01.JPG

 

      12月中旬に「そば打ち講習会」を行いますのでご参加下さい
    そば粉100%で打ちますが、なぜか細長いそばが出来ます
    びっくりです            そばの花 015-02.JPG

大きい!花オクラの花

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回、花オクラを紹介しましたが、どの位の大きさか分かるように撮り直してきました。
縦・横の長さ、約21cmで、ボールペンが小さく見えます。花の中では、かなり大きい方です。
 食べると、味はほとんどしませんが、オクラの実のようにヌルヌルしています。柔らかいので、生で食べられます(サラダ等)。冷やしソーメンと一緒に食べても美味しいです。
 また、料理に黄色い彩りを添えてくれますので、料理が引き立ちます。

25.8-01.JPG

似ている夏の花

| コメント(0) | トラックバック(0)

毎日ギラギラの暑い日が続いていますが、雨は全然降りません。畑はカラカラに乾き植物が可哀想です。

このような中、黄色の似た花がありましたので紹介します。
よく似ているので、頭がこんがらがってしまいそうです。
 
 
野菜は、大干ばつにも負けず、花を咲かせ、実を結んでいます。

                         この花は何でしょう?IMG_0405-01.JPG

                      実を食べるオクラの花です(実オクラ)

 

 

      この花は何でしょう?  上の花より大きく、薄いですIMG_0412-01.JPG               花を食べるオクラの花です(花オクラ)

 

 

 

             この花は何でしょう?IMG_0410-01.JPG

                     冬瓜(トウガン)の花です

 

 

 
 
          では実が生っている花を見せましょう。トウガンですねIMG_0409-01.JPG

 

 

 

           この花は何でしょう?   トウガンより花が大きいです。
           午後だったので花びらが巻いていますIMG_0411-01.JPG
                                             糸瓜(ヘチマ)の花です
 
           
               
            この花は何でしょう?  トウガンより花が小さいですIMG_0416-01.JPG

               苦瓜(ニガウリ)の花です。右横に実が生っているから分かりますね

 

 

 

 

 

 

                 

 

ピンクの彼岸花

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月11日、末吉町に珍しいピンクの彼岸花が咲いていました。


                                      綺麗なピンクでしょう2013081117530000-01.jpg

 

 

                                      お盆前に咲くのですね2013081117540000-01.jpg

5月の花

| コメント(1) | トラックバック(0)

今も綺麗な花が咲いていますね。5月22日に撮影した花です。
花の名前が分からないのがあります。ごめんなさい。
では、ごゆっくりご観賞下さい。

 

 名前が分かりませんが、花の期間が1年中と言っていいほど、長~く咲いています。
 庭に植えて欲しい貴重な花です。IMG_0314-01.JPG

 

 

                                  名前が分かりません。IMG_0315-01.JPG

 

 

   ケラマツツジ(慶良間躑躅)です。鮮やかな色をしており、人気のある花です。IMG_0316-01.JPG

 

 

              名前が分かりません。非常に強い花でどこでもよく育ちますIMG_0317-01.JPG

 

    ウツギの一種ですが、名前が分かりません。たぶん「サクラウツギ」だと思います。
    花の数が非常に多くて綺麗です。IMG_0318-01.JPG

 

 

                 バイカウツギです。「梅花空木」と書きます。
                 花のかたちが梅に似ているウツギという意味です。
                 純白で気品のある花です。庭に1本欲しいです。IMG_0319-01.JPG

 

 

                    名前分かりませんが、紫がとても綺麗です。IMG_0320-01.JPG

 

 

  チェリーセージです。ハーブなので、とても良い香りがします。
  赤い舌状花を穂状に咲かせますが、花は控えめな印象ですが、取っても綺麗です。
  庭に1本植えて欲しい花です。IMG_0321-01.JPG

あっと驚く藤の花

| コメント(0) | トラックバック(0)

 あっと驚く藤の花を探しました。
場所は、曽於市大隅町の笠祇神社の近くで、大きな木を藤の花が覆っていました。
お~や、藤の木ではないかと勘違いしそうです。
残念ですが、もう今年は花の時期が終わりそうです。来年見に行って下さい。

 

                     木全体を覆っている藤の花(5月1日撮影IMG_7598-01.JPG

 平成25年4月13日、「道の駅すえよし」のシンボルツリーでありますエノキ(榎)が元気に芽を吹いています。
  エノキは、ニレ科の落葉高木で、高さ20メートル、直径1メートル以上に達するそうです。
  名を「榎」と書くのは、道端に茂って木陰をつくることから、夏の木の意味からだそうです。
  果実は、球形の核果で、径7mm、橙(だいだい)色に熟し、甘いので食べられますが、そんなに美味しいものではありません。
  植物学者前川文夫博士の説によれば、エノキは古くは神の木として信仰の対象にされていたようです。
 また、かつては道路の一里塚や屋敷の北西に植えられたが、これらも神木であった名残のようです。

 
               「道の駅すえよし」のシンボルツリー「エノキ」の新緑です。
              春を感じにエノキの若葉を見に来て下さいIMG_1375-01.JPG

 

 

4月13日(土)、ハーレーがエノキの下に止まっていました。話を聞いたら志布志市から来られ、これから熊本市まで行かれるとのことでした。気をつけてツーリングを楽しんできて下さいIMG_1376-01.JPG

末吉町上町の街路樹(ツツジ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

  曽於市末吉町の上町は都市区画整理事業を実施したところで、街路がとても綺麗です。街路に背の低い植物としては、ツツジと芝桜が植えてあります。
  因みに、ツツジは曽於市の花で、桜が曽於市の木ですので、街路樹にツツジと芝桜(桜に関係する)が植えられたのでしょう。
 今回は真っ赤なツツジの通りを紹介します。芝桜の通りも綺麗ですので、是非見に来て下さい。


今年は桜もツツジも開花が異常に早かったです。(4月9日撮影)
片側だけの写真ですが、当然両サイドに深紅のツツジの花が咲いていますので、写真よりももっと綺麗です2013.4.10:上町の街路-01.JPG

 曽於市大隅町の「おおすみ弥五郎伝説の里」の岩ツツジ500本が満開になりましたので、是非お越し下さい。花の時期は短いですので、この時期を見逃さないようにして下さい。
 また、1,200本の桜も3部咲位になりました。この暖かさで1日1日満開に近づいていますので、合わせてお楽しみ下さい。
              ※写真は3月18日撮影

 

                                  どうですこの美しさIMG_1276-01.JPG

 

 

 18日、熊本県からの観光客に聞きましたら、岩ツツジは熊本県にはないとのことでした。本当かなーIMG_1277-01.JPG

 

 

            桜もこんなに咲いていました。桜と一緒にお楽しみ下さいIMG_1280-01.JPG

曽於市の花情報(B)

| コメント(0) | トラックバック(0)

鹿児島市の桜開花は、観測が始まって以来最も早い3月15日でしたが、曽於市では3月16日に3分咲きの桜もありました。
     ※撮影日は3月16日です。IMG_0234-01.JPG

 

 

それでは、様々な春の花をお楽しみ下さい。

   ベニバナトキワマンサク(紅花常磐万作)です
  トキワマンサクは白花、ベニバナトキワマンサクは赤花から桃花の花を咲かせます
  トキワマンサクの葉は青葉で、ベニバナトキワマンサクは青葉と赤葉がありますIMG_0235-01.JPG

 

 

  大木のコブシです。もう散り始めていました
  名前の由来は、ゴツゴツした果実が「拳(こぶし)」に似ていることからつけられましたIMG_0237-01.JPG

 

 

                        雪が降ったように白いユキヤナギ(雪柳)ですIMG_0238-01.JPG

 

 


                    黄色が鮮やかな黄梅です。「おうばい」と読みますIMG_0239-01.JPG

 

 

                           モクレンです。とにかく綺麗でしたIMG_0240-01.JPG

 

 

                       ヒイラギナンテンの花です。珍しいでしょうIMG_0243-01.JPG

 

 

    可憐なスノーフレークです
    ヒガンバナ科の秋植え球根草で、オオマツユキソウ、スズランスイセンとも言いますIMG_0241-01.JPG

 

 

     ヒヤシンスです。ヒアシンスとも言います
    様々な色の花があり、花色は白、黄、桃、紅、青、紫と豊富で、芳香を放ちますIMG_0242-01.JPG

曽於市の花情報(A)

| コメント(0) | トラックバック(0)

急に暖かくなり、待ってましたと花が一斉に咲き始め、気分まで明るくなります。
今年の桜の開花は、福岡市で3月13日、鹿児島市で15日と観測以来最も早い開花となったようです。
曽於市でも早い桜は、13日より前から既に咲いており、ビックリした次第です。
        ※撮影日は3月15日です。

 

                名前が縁起の良い長寿桜ですIMG_0222-01.JPG

 

 

             淡いピンクのコブシです。珍しい品種です   IMG_0223-01.JPG

 

 

         本当に綺麗な岩ツツジで、多くの人に愛されていますIMG_0224-01.JPG

 

 

 

                   鮮やかな花桃ですIMG_0227-01.JPG

 

 

  利休梅(りきゅうばい)です
  名前は、茶花としてよく利用されたことから。
  別名は、「バイカシモツケ(梅花下野)」とか「ウメザキウツギ(梅咲き空木)」
  とも呼ばれます。IMG_0225-01.JPG

 

                 

                  お上品な純白の水仙ですIMG_0226-01.JPG

 

                   

                  これも上品な水仙ですIMG_0232-01.JPG
 

  どこでも育つ強い植物で、「ハナニラ(花韮)」といいますが、とても綺麗です
  葉にはニラやネギのような匂いがあるので、ハナニラの名がありますIMG_0231-01.JPG

曽於市の花情報(岩ツツジ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒さも日に日に弱まり、色々な花が咲き始めました。
今日は、私の大好きな岩ツツジを紹介します。

 

     曽於市大隅町の「おおすみ弥五郎伝説の里」に、500本の岩ツツジ
     が咲き始めました。
     これからが見頃ですので、是非お出かけ下さい。 IMG_1218-01.JPG

 

 

     曽於市では大変人気があり、各庭に1本は植えられているようですIMG_1219-01.JPG

春の七草(なずな)

| コメント(0) | トラックバック(0)

2月中旬、花の写真を撮りに出かけたら、畑一面にナズナの花が咲いていたので、つい撮ってしまいました。
2月というのにこんなに生き生き成長し、花が咲いているのにはビックリ(強い草だなぁー)。農地の所有者は除草に大変な作業を強いられるだろうと、心配してしまいました。

名前の由来は、次のようなことからとのことですが、②は本当かなぁって疑ってしまいます。

               ①夏になると枯れること、つまり夏無(なつな)から
            ②撫でたいほど可愛い花の意味で、撫菜(なでな)からIMG_2409-01.JPG

 

 

子供の時は、「ぺんぺん草」と言っていたことを記憶しています。別名「シャミセングサ」とも言うようです。「ぺんぺん」は三味線を弾く擬音語で、花の下に付いている果実の形が、三味線の撥(ばち)によく似ているからとのこと。

 

春の七草の一つで、昔は若苗を食用にしていたようです。今では誰も食べませんが、昔は冬季の貴重な野菜であったとのことです。IMG_2410-01.JPG

曽於市からの花便り(芝桜)

| コメント(0) | トラックバック(0)
          まだ2月というのに、もう庭に芝桜の花が咲いていました。ビックリ
          何故今頃咲いているのだろうか?
          梅の花と同じ時期に咲くとは?
IMG_2407-01.JPG

 

2月17日、梅の花がまだ咲き誇っていました。
今回は吉川幸作さん宅の梅の花を紹介します。
それでは、香りも良く・気品な梅の花をご堪能下さい。
 
 
 
                                     枝垂れ紅梅です

  IMG_2411-01.JPG

 

                         

                          アップで見ると、こんなに綺麗でした

IMG_2412-01.JPG

 

                       

                     少し色の違う紅梅も一緒に咲いていました

IMG_2415-01.JPG

 

 

 

                     同じ木に淡いピンクと白い花が咲いていました
                     白い梅の木にピンクの接ぎ木をしたからです
IMG_2413-01.JPG

 

 

 

 

曽於市からの花便り(梅の花)

| コメント(0) | トラックバック(0)
2月4日、梅の花が待ってましたと言わんばかりに、急に咲き始めました。
紅梅も白梅も咲き始め、春はもうすぐという感じです。
それでは春を告げる梅の花をご堪能下さい。
 
 
 
 
  枝垂れ紅梅です。まだ一部しか咲いていませんが、春がそこまで来ているようです。
  満開になると見応え十分で、見とれてしまいます。

IMG_2392-01.JPG

 

 

 

  「紅梅の 二輪目探す 歩となりぬ」という俳句がありました。
  私の心境を良くも歌っていると感心。
  私も、この紅梅が一輪咲いた時から、いつ咲き出すか楽しみに観察していました
IMG_2393-01.JPG

 

  

            白梅は、派手さはありませんが、質素な可憐さを持っていますIMG_2399-01.JPG

 

 

     まだ一部咲ですので、パッとしませんが、もうすぐ白一面になります。楽しみです。
     そして6月にはワクワクする梅の収穫が待っています

IMG_2403-01.JPG

 

 

 

     これは、淡いピンクの枝垂れ紅梅です。まずアップで撮ってみました
     こちらは4部咲ぐらいになっていましたので、十分楽しめました。
IMG_2401-01.JPG

   

   

      どうです。こんなに見事な大きさ・枝振りを見たことがありますか。

      大きな家一軒が隠れるほどの大きさです。素晴らし~いの一言です。

IMG_2400-01.JPG

 

 

 

水仙の花がもう咲いていました

| コメント(0) | トラックバック(0)

12月下旬から曽於市では、既に水仙の花が咲いていましたので紹介します。
水仙はヒガンバナ科の多年草で、花は12月から4月と長く咲きます。
長く咲く理由は、早咲き、遅咲きの花があるからです。

 

          写真の花は12月から1月に咲いているので、早咲きの水仙です
          水仙の品種も色々あると言うことですねIMG_2374-01.JPG

 

 

             寒風の中、可憐な花が良く咲くものだと感心しました
             可憐な水仙の花の逞しさに感動
             この逞しさを見習って、今年も頑張りましょうIMG_2375-01.JPG

何じゃこりゃ!!大根

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月2日、運動不足だったこと、天気が良かったことから、散歩に出かけました。
道路端の植樹帯に面白い大根が置いてありましたので紹介します。
場所は、曽於市末吉町上町です。

 

              一瞬、何という大根だとビックリしました
             足が何本あるかな? ぶら下がっているのは6本ありましたIMG_2372-01.JPG

 

 

           反対側から写真を撮りました
           ぶら下がっているのは足が5本
           下に置いてあるのは足が2本に手が2本で、おどけた人間のようでしたIMG_2373-01.JPG

何の実?

| コメント(0) | トラックバック(0)

  山でこんな実を見つけました。何の実だろう?
  小さい実は椎の実ですが、大きくて丸っこい実は始めて見ました。
  植物同好会の人に聞いたら、クヌギの実と言うことでした。

  因みに、クヌギはブナ科コナラ属の落葉高木。クヌギの実は、ドングリの仲間で、直径2cmと大型で、下半分はお椀型の殻斗(こくと)に包まれています。

 

                                椎の実とクヌギの実IMG_0808-01.JPG

曽於市の花(花オクラ)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 所長の吉川益夫です。曽於市の花シリーズです。
 近所のトミちゃんに、花オクラを植えなさいと苗を貰ったので、植えたものです。
 10月に花が一斉に咲き始めました。余りにも綺麗だったので紹介します。
  この花は食用です。味はあっさりして美味しいですが、長持ちしないのが欠点です。

 

 

                       どうですこの美しさ・大きさ。うっとりします
                      花の女王といった感じです
                      下に見えるのが蕾ですIMG_2239-01.JPG

曽於市でも彼岸花がパッと一気に咲きました。これで秋が本格的になるのではと思います。
〔9月18日撮影〕

 

        曽於市役所末吉支所の後ろの道路沿いに、真っ赤な彼岸花が咲きました
        長い距離に咲いていますので、とても綺麗ですIMG_0648-01.JPG

 

 

         彼岸花はパッと一気に咲くので、とても綺麗です
         しかし、花が一気に咲くことから、観賞出来る期間が短いですので、
         早めに見に行って下さい IMG_0649-01.JPG

9月、我が家に咲いている花を紹介します。珍しいのがありますか?

 


       オキザリスの花です
       オキザリスの名前は、ギリシア語で「酸性」を意味するオクシスに由来し、
       葉や茎にシュウ酸を含み酸っぱいとのことですIMG_2163-01.JPG

 

 

                     ハイビスカス・ローゼルの花です
                      ハイビスカスではありません。1年生ですIMG_2164-01.JPG

 

 

                百日草です
                初夏~晩秋にかけての長い期間花を咲かせ続けるところから
               「百日草( ヒャクニチソウ)」と呼ばれ、親しまれていますIMG_2162-01.JPG
 

曽於市で珍しい果実を発見

| コメント(0) | トラックバック(0)

所長の吉川益夫です。曽於市内で珍しい果実を栽培しています中丸さんから、次の果実を頂きましたので紹介します。

 

         これが珍しい果実です。何の果実だと思いますか?
         最初見た時、ムベの実だと思いましたが。違うらしい
         実は、私、この果実を岐阜県の道の駅で見たことがあります。
         珍しかったので、買って食べたことがありますIMG_2157-01.JPG

 

 

         では、割ってみましょう。中はこのようになっています
          味はクリーミーで、マンゴーに似ており、栄養価は高そうです
         それに、独特の香りがします
          日持ちしないのが欠点ですIMG_2159-01.JPG

 

 

           さて、名前は、「ポポ」又は「ポーポー」です。
           バンレイシ科に属する落葉高木で、北米原産らしいです。
           「ポポー」や「ポポーノキ」、「アケビガキ」とも言うようです。
           珍しいので、手に入りにくいかもしれませんが、探して試食されては!

9月8日、曽於市末吉町の檍(あおき)神社へ調査に行った時、白い彼岸花が咲いていました。これから、あちこちに深紅の彼岸花等が咲き、秋本番となります。

 

                 珍しい彼岸花(曼珠沙華)の白い花が咲いていましたIMG_6069-01.JPG

 

 

  9月8日、光神小学校へ調査に行った時、昔懐かしきアケビの実がなっていました。
                                   いつ頃割れるのかなIMG_6076-01.JPG

綺麗な夏の花と実

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市に咲いている綺麗な夏の花を紹介します。

 

タカサゴユリです。漢字は「高砂百合」と書きます。
曽於市の野山、庭など至る所で見られます。
タカサゴユリは、観賞用として大正時代に導入された台湾原産の帰化植物です。
テッポウユリによく似た花を咲かせるので、除草されず、広がっているとのことです。IMG_2140-01.JPG

 

 

オミナエシです。漢字は「女郎花」と書きます。
曽於市では盆花と称し、切り花を仏前に供える風習があり、栽培もされています。
しかし、今では余り仏前に上げなくなっています。IMG_2141-01.JPG

 

 

ヒャクニチソウです。漢字は「百日草」と書きます。
「百日草」の語源は、排水の良いところであれば、病虫害も少なく、7月から11月ころまで、文字通り100日以上花が楽しめることから。IMG_2143-01.JPG

 

 

サンショウの実です。漢字は「山椒」と書きます。
緑だった実が、ここまで赤く色づきました。
山椒の若葉は「木の芽」と言い、よく食べます。
実山椒は、青山椒とも言います。山椒の未熟な実で、最も香りと辛味が強いですが、曽於市で収穫している人を知りません。IMG_2142-01.JPG

ルドベキアの花です

| コメント(0) | トラックバック(0)

 我が家の庭で黄色くて綺麗な花が咲いています。名前はルドベキアと言います。
北アメリカ原産の草花で、真夏の炎天下でも花を咲かせる気丈な植物ですので、とても育てやすいです。とにかく綺麗な花ですのでご覧下さい。

 

             黄色い花で、庭を明るくしてくれます。
          ヒマワリとは違いますが、まるで太陽のようです。IMG_2111-01.JPG

なすの花、赤ピーマン

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市野菜の花シリーズです。
 私(吉川)は家庭菜園で白なすを4本栽培をしています。遅く植えたせいか、今頃花が咲いていましたので紹介します。

 

                           淡い紫の花が綺麗でしょう。
           漢字は「白茄子」、別名「白なすび」とも言います。
          「親の意見と茄子の花は千に一つの無駄がない」と言いますが!!IMG_2118-01.JPG

 

 

花ではありませんが、近くの畑で栽培されている赤ピーマンが余りにも綺麗だったので、紹介します。パプリカではありませんので!!IMG_2116-01.JPG

 所長の吉川です。今回の曽於市の野菜の花は、オクラ、タラの木、キンゴマの花です。
 タラの木の花はあまり綺麗ではありませんが、珍しいですので篤とご覧下さい。
  オクラとキンゴマはとっても綺麗ですので、心を癒して下さい。

 

                      オクラの花です。心が和む花です。
                      アオイ科の一年草で、熱帯アジア原産です。IMG_2107-01.JPG

 

 

         これがタラの木の花です。若芽・若葉は山菜(タラノメ)として食用にします。
         花を見たことがありますか。私も今年始めて見ました。IMG_2110-01.JPG

 

 

                  普通の胡麻ではなく、金胡麻です。上品な花でしょう。
                  胡麻には白胡麻、黒胡麻、茶胡麻もあります。IMG_2102-01.JPG

ヘチマとニガウリの花

| コメント(0) | トラックバック(0)

 所長の吉川です。曽於市における野菜の花便りをお届けします。
  ヘチマとニガウリの花を知っていますか。
 美しい花の写真を見て、そしてヘチマとニガウリを食べて、暑~い夏を吹き飛ばして下さい。

 

   家の近くの畑にヘチマの花が咲いていました。鮮やかな黄色でとても綺麗です。
   曽於市ではヘチマの実は野菜の一つです。私は、油で炒めたのが一番好きです。IMG_2046-01.JPG

 

 

  ニガウリの花です。ヘチマの花より少し小さいですが、上品な花です。
  ニガウリの実は、夏の本格的野菜です。私は、豚肉と一緒に油炒めしたのが最も好きです。IMG_2047-01.JPG

カノコユリ・オニユリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターの直ぐ近くの道路脇にカノコユリとオニユリが咲いていましたので、写真を撮ってきました。
  オニユリはあちこちに咲いているので、珍しくありませんが、カノコユリの自生は珍しいです。
 崖の高いところに咲いているので、乱獲されなかったのかも分かりません。

 

                道路より高~い所に咲いているので、誰も取れません。
                この場所で、何回か写真を撮っている人を見かけました。IMG_0364-01.JPG

 

 

    カノコユリです。「鹿の子百合」と書きます。
    花弁の内側に鹿の子模様の斑(ふ)が入り、弁は強く反転し、球状に開きます。IMG_0361-01.JPG

 

 

        こんなに沢山咲いていました。
        九州、四国に自生し、花色は桃、赤、白があるそうです。IMG_0362-01.JPG

 

 

   同じ所に、自生のオニユリも咲いていました。
  オニユリは、形が大きく見事で豪快(ごうかい)に見えるから、オニがついてオニユリの名がついたといわれています。
    「鬼百合」と書きます。IMG_0363-01.JPG

 

 

      曽於市の至る所で、自生のオニユリを見ることが出来ます。
      オニユリの花弁はオレンジ色、濃褐色で暗紫色の斑点があります。
      花弁は強く反り返ります。
      種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作ります。IMG_5620-01.JPG

 6月7日、南日本新聞に珍しいメラレウカの花が紹介されましたので、早速、曽於市末吉町諏訪方の高良博夫さん宅に行ってきました。
メラレウカはオーストラリア原産の高木常緑樹で、真っ白な雪のような花を咲かせていました。このため、夏の雪ということから「スノーインサマー」とも呼ばれています。
 また、オーストラリアのアボリジニの人達は、万能薬として使用していたハーブ(香木)でもあるようです。特に、葉からハーブティーが作られることから「ティーツリー」の別名もあります。
 

 

            これがメラレウカの花です
            毎年、梅雨入り前後ぐらいの時期に一週間ほど咲くそうですIMG_0240-1.JPG

 

 

              花の匂いを嗅がせて頂いたら甘い香りがしましたIMG_5304-1.JPG

 

 

            真っ白な綿毛のような花で、まるで雪が積もっているようでした
            是非一度見に行かれたらどうですか
            末吉高校前のファミリーマートから見えますIMG_0243-1.JPG

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 20170928-4231-0005.JPG
  • 20170928-4219-0004.JPG
  • 20170928-4230-0003.JPG
  • 20170928-4216-0002.JPG
  • 20170928-4214-0001.JPG
  • manngo-20170713-001.JPG
  • 20170611-0006.JPG
  • 20170611-0005.JPG
  • 20170611-0004.JPG
  • 20170611-0003.JPG

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち植物紹介カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは曽於市情報です。

次のカテゴリは特産品情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。