2015年1月アーカイブ

曽於市ふるさと納税の御礼品として、ゆず製品を受け取りました。

とてもおいしかったので注文させていただきました。(J・T)

1月26日・27日、宮崎観光ホテルで「九州観光ボランティアガイド研修会 in 宮崎」が開催されましたので、「曽於市観光ボランティアガイドの会」から2名出席しました。

基調講演は、何と落語家の春風亭 昇乃進氏ではござらぬか。落語家の観点から分かりやすく話すコツを説明されました。今までと少し違う感じでしたが、落語家独特の新たなスキルを学べて参考になりました。


事例発表会は、4つの事例が発表されました。地域の魅力を伝えることで、そこに人と人とのつながりが生まれ、人づくり、町づくりにつながるとの説明等がありました。2015.01.26:1:宮崎-001.jpg

 

夕方から情報交換会です。飲食をしながら、同じガイド同士による様々な交流・意見交換が行われました。2015.01.26:2:宮崎-001.jpg

 

27日は次の4つに分かれて分科会です。また、各分科会においても、6~7人程度のグループに分かれてワークショップが活発に行われました。
①ガイド(団体)を楽しくする取り組み、 ②トラブルの解消・対応策、
③ガイド料金のあり方、 ④ガイド(団体)の現状とこれから2015.01.27:3:宮崎-001.jpg

 

今回の研修により、九州それぞれのガイドがそれぞれの地域で、今までよりも腕を上げて観光ガイドに精出されることでしょう。その結果、観光客はより一層満足されることでしょう。ガンバレ九州の観光ボランティアガイド

春を告げる花

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月25日、天気が良いので、散歩がてら花探しに出かけました。
よ~く探すと、もう咲いているではありませんか。ビックリです。
もう春はそこまで来ているようですネ。


             畑が草ボウボウです。この草は何かな?
             あの有名なナズナです。この辺ではぺんぺん草と言ってます
             ナズナは、春の七草の1つとして有名です2015.01.26-DSCF0003.JPG

 

                         畑には食用の菜の花が咲いていました2015.01.25-DSCF0004.JPG

 

庭には早くも、紅梅が咲いていました
白梅も既に開花していましたが、高いところだったので写真が撮れませんでした2015.01.25-DSCF0008.JPG

観光協会理事等の観光視察

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月21日、曽於市観光協会理事と曽於市議会文化観光議員連盟は、合同で曽於市内の観光視察を行いました。
視察場所は、大川原峡、悠久の森、桐原の滝、三連轟、溝ノ口発電所です。案内は曽於市観光特産開発センター所長で曽於市観光協会理事の吉川ガイドです。
まず、バスの中で吉川ガイドから曽於市観光特産開発センターにおける観光の取り組み状況の説明、現地では霧島ジオパークの話や植物についての説明があり、参加者は専門的なガイド付き自然散策の素晴らしさに感動されていました。
 

 大川原峡の散策後、桜のテングス病、黄色く咲いているロウバイの説明を
 聞きました
20150122-0553-001.JPG

 

 「悠久の森」の入り口で概要を聞いて、森の散策に入り、ウラジロがなぜ
 縁起の良いものか、滝の神秘性などに聞き入っていました
20150122-0554-002.JPG

 

 三連轟では「三段福岩」、「甌穴(おうけつ)」について学びました
 溝ノ口発電所では、明治43年に出来たこと、27mの落差があること等
 を学びました20150122-0562-003.JPG
 

桜島の灰が流れて来るぞ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月18日の夕方、曽於市末吉町の国道269号線を走っていたら、爆発した桜島から黒い雲(灰)が流れて来るではありませんか。
あぁ~、また灰が降るのか!
 

 

       不気味な黒い雲(灰)が末吉町に流れてきます
       もう、灰はこりごりだ~2015.1.1.18sakurazima-001.jpg
 

 1月16日、柚子畑にツアー客受け入れ準備の調査に行ったら、春を告げるかのようにホトケノザが咲いていました。
ホトケノザという名前は、茎の周りを取り囲むように生えている葉の様子が、仏様の座るハスの花のように見えることからつけられたようです。
別名はサンガイグサ(三階草)で、茎が段々につくことからだそうです。IMG_3673-270118-001.JPG

 

 このホトケノザは、シソ科の一年草あるいは越年草で、もう1つホトケノザ
 という植物があります。
 春の七草の一つに「ホトケノザ」がありますが、この植物は春の七草ではな
 く、コオニタビラコというキク科のホトケノザが春の七草でありますので注
 意して下さい。
 なお、このホトケノザは、食用ではないことも知っておいて下さい。IMG_3672-270118-002.JPG

 

鬼追いツアー(後編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 最終回は、境内の山林でライトアップされた「鬼神太鼓」が奉納されました。夜、山で行われた幻想的な太鼓は、観客を釘付けにする素晴らしいものでした。
  そして最後は、本番の恐~い「鬼追い」です。暗くて、恐くて、動きが速くてなかなか鬼の姿を確認することが出来ません。だから恐いのです。

 

     夜7時になると、ライトアップされた「鬼神太鼓」の奉納が始まりました2015.1.12-IMG_3633.JPG

 

                        境内の山の中での演奏、もう最高でした2015.1.12-IMG_3634.JPG

 

                     鬼に扮した「鬼神太鼓」は、お客様を魅了しました2015.1.12-IMG_3646.JPG

 

          夜8時になり、本番の恐~い「鬼追い」です
          日本一の暴れ鬼が登場です
          暗くて良く分かりません。この暗さが恐ろしさを倍増するのです2015.1.12-IMG_3654.JPG

 

鬼に棒で叩かれるかも分からないのに、今年もこんなに沢山の人が来て下さいました
鬼に叩かれたら1年間健康であるとのことですから、思い切って鬼の御幣を取りに行こう2015.1.12-IMG_3652.JPG

 

鬼追いのアナウンスをしている名物・吉永さんです
何が面白いかというと、方言丸出しの言葉が
「どっちから鬼が出っくいか分からんど~」、「ほら 叩け叩け 叩かんか~」、「もちっと暴れんか~」、「叩かれてん 自己責任じゃっど」などと、大きな声で鬼をけしかけるのです2015.1.12-IMG_3670.JPG

 

    今年も怪我人が出たようで、いつものごとく救急車が来ました
    この他、叩かれたり、吹っ飛ばされたりして怪我人が多く出たようです
    日本一の暴れ鬼ですので、怪我人が出ないと鬼追いらしくないのです
    離れたところで見ていると安全ですので、是非来年はお越し下さい2015.1.12-IMG_3662.JPG

 

この後「豆まき」です。この豆を食べて1年間無病息災ということです。
豆まきと言っても、紙に包んだ豆を手渡しで全員に差し上げますので、来年は是非お越し下さい。

観光客は、様々な催しと荒々しい鬼追いに感動して帰られました。この鬼追いツアーは今年で3回目ですが、2回目という人、3回目というリピーターが沢山おられました。というのは、地元との交流、鬼追いづくしの鬼料理、ひょうきんなひょっとこ踊り、幻想的な鬼神太鼓、荒々しい鬼追い、豆まき等飽きさせないのが魅力的だったのではないかと思います。観光客の皆様、夜遅くまで有り難うございました。

鬼追いツアー(前編)

| コメント(0) | トラックバック(0)

   曽於市観光特産開発センターは、1月7日、鹿児島県旅行業協同組合、鬼追い実行委員会と連携して「鬼追いツアー」を開催しました。
冬の寒い、そして暗い夜、その上鬼に叩かれるかも分からないのに、遠い鹿児島市等から27名が参加して下さいました。また、リピーターが沢山おられたということは、何か引きつけるのがあるのだということです。そのツアーの紹介をしますのでご覧下さい。

 

   熊野神社、五輪塔、仁王像を高木ガイドから説明を受け、納得
   その後、山中貞則顕彰館の見学をしました IMG_3616-270110-001.JPG

 

    北部地区青少年館で地元の人と交流しながら「鬼づくし料理」
    「鬼追い焼酎」を味わい、満足
IMG_1224-270110-002.JPG

 

  地元ガイドからの説明を受けながらの夕食で、気分も乗ってきました
IMG_1228-270110-003.JPG

 

   料理は、「鬼そば」「鬼しめ(お煮染め)」「鬼ぎり(おにぎり)」
   「鬼おんがね(オニオンがね)」「地鶏の刺身」「鬼ゆべし」
   「薩摩鴨の炭火焼き」「フルーツの柿」に満足IMG_1232-270110-004.JPG

 

  焼酎は綺麗な赤色の「赤鬼焼酎」を飲み、続いて鬼火焚きで使った
  「竹とっくり」と「竹おちょこ」で芋焼酎を頂き、ほろ酔いIMG_1236-270110-005.JPG

 

  気持ちが良くなった夕食後、「鬼福ゲーム(ビンゴ)」で商品券を
  ゲットし、それでお土産を買い、ニコニコ
  次は、ひょっとこ踊りの奉納を見て、愉快にIMG_3626-270110-006.JPG

 

      今日は天気が良いのに寒くなく、絶好の日和です
     その上満月も見られました
IMG_3628-270110-007.JPG

  鬼追いツアー(後編)は、ライトアップされた「鬼神太鼓」と本番の「鬼追い」ですのでお楽しみに。

もう水仙が咲いていました

| コメント(0) | トラックバック(0)

 1月4日、曽於市末吉町に早くも水仙の花が咲いていましたのでご覧下さい。

 

何と、まだ1月4日だというのに水仙が咲いていました
咲き始めたのは12月下旬ではなかったのだろうか?
別名を、雪の中でも春の訪れを告げるので「雪中花(せっちゅうか)」というそうですsuisen-27-0106-001.JPG

 

 春を告げる草花として有名な水仙。この可憐さ、本当に綺麗ですね
 彼岸花(ひがんばな)科で、新種によっては12月中旬頃から咲くそうです
 我が家の庭では、遅咲きなのか水仙の芽が出始めていましたsuisen-270106-002-330.JPG

 

 曽於の奇習 鬼追い祭りが、1月7日(水)午後5時より曽於市末吉町の熊野神社で行われます。
この鬼追いは、鹿児島県指定無形民俗文化財で、日本一の暴れ鬼として有名です。
御利益として、暴れ鬼の御弊をもぎ取れば、1年間健康であると言われています。また、鬼に叩かれても1年間健康であると言われています。
見所は、次の6点です。
 ①鬼そば等のおもてなし 
   ②鬼福ゲーム
 ③ひょうきんなひょっとこ踊り
 ④ライトアップされた幻想的な鬼神太鼓
 ⑤大迫力の鬼追い
 ⑥豆まき(豆をもらって健康に)
 
 又、曽於市観光特産開発センターは、午後3時半より境内で曽於市の特産品、温かいゆず茶の飲み物の販売を行っていますので、是非お立ち寄り下さい。お待ちしています。
 

 

onioi-270104-0001.JPG


   謹んで新春のお喜びを申し上げます
お陰様で昨年も観光・特産品関係で、多くのお客様に喜んで頂くとともに、曽於市の活性化に貢献することが出来ました。
このため、職員一同清々しい気持ちで新年を迎えることができました。
これもお客様・関係者のご厚情の賜物と深く感謝いたしております。
本年もお客様のご期待に添えるよう、かつ曽於市の発展のため、関係者と力を合わせ全力を尽くす所存ですので、今年も変わらぬご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

     平成27年 元旦

                                曽於市観光特産開発センター
                                      所 長  吉川 益夫
                                      職 員  仮屋・児玉・田中・大石

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 2015.01.27:3:宮崎-001.jpg
  • 2015.01.26:2:宮崎-001.jpg
  • 2015.01.26:1:宮崎-001.jpg
  • 2015.01.25-DSCF0008.JPG
  • 2015.01.25-DSCF0004.JPG
  • 2015.01.26-DSCF0003.JPG
  • 20150122-0562-003.JPG
  • 20150122-0554-002.JPG
  • 20150122-0553-001.JPG
  • 2015.1.1.18sakurazima-001.jpg

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。