2014年1月アーカイブ

奇習 鬼追い祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

1月7日、曽於市末吉町深川の熊野神社で「鬼追い祭り」が開催されました。
夜の行事であるにもかかわらず、怖いもの見たさか、観客、マスコミ関係、それに鹿児島中央駅発着の観光ツアー客も来られ大賑わいでした。
今年見ることが出来なかった人は、是非来年見に来て下さい。


地元の皆様は、境内でワラで作った馬、鬼の手、大豆を販売されていました。
あぁー、正月だなぁ-!
大変な人気で、特にワラで作った馬は直ぐに売り切れていました。2014.1.7-002-01.JPG

 

 

当開発センターは、今年初めて境内で特産品販売を行いました。
「鬼追いかるかん」、「鬼追いそまげ」、ゆべし、「幸運の財(たから)大吉ようかん」、ぶるーベリージャム、野菜味噌などを販売し、大変喜ばれました。
また、勝目製茶園は、お茶の試飲とお茶の販売をされ、特にお茶のサービスは喜ばれていました。2014.1.7-008-01.JPG

 

 

鹿児島県旅行業業同組合の「鬼追いツアー」客に、迫ボランティアガイドが熊野神社や鬼追いについて説明2014.1.7-014-01.JPG

 

 

観光ツアー客は、北部青少年館で地元のおもてなし、地元の鬼づくし料理、鬼追い焼酎で夕食を満喫して頂きました。2014.1.7-029-01.JPG

 

 

境内では、鬼福ゲーム(ビンゴ)、ひょっとこ踊りの奉納、鬼神太鼓の奉納があり、観客は大満足でした。特に、ライトアップされた鬼神太鼓は、見て良し・聞いて良しで、大感動でした2014.1.7-040-01.JPG

 

 

そして、期待の鬼追いが行われました。
暗闇の中を3匹の鬼が走って来て、棒で叩くので怖い・怖い!
しかし、多くの観客に囲まれると、鬼も動きが取れなくなり、必死に暴れます。
もう喧嘩になりそうです。
怖いけど、やみつきになりそう!2014.1.7-50-01.JPG

 

 

鬼が鬼堂に引き上げると、観客に煎り豆が配られます。
豆をもらう多くの人で、ごった返しです。
この豆を食べて、1年間が無病息災、招福間違いなし。
今年1年が皆様にとって、最高の年になりますようお祈り致します

    新年明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
本年も曽於市観光特産開発センターを、お引き立てのほどよろしくお願い致します。
 
 さて、2日から5日まで、「道の駅すえよし」の外で、当開発センターと勝目製茶園、日本有機は連携して、地域特産品の新春販売を行っています。
安いお値段となっていますので、ぜひお越し下さい。


 曽於市観光特産開発センターは、縁起が良い「幸運の財(たから)大吉ようかん」「野菜味噌」「トマト」「そまげ(ゴッタンまんじゅう)」を販売しています。

 

   縁起が良い「幸運の財(たから)大吉ようかん」、甘~い「トマト」002-000001.JPG

 

 人気の料理屋さんが作った「野菜味噌」、懐かしの「そまげ(ゴッタンまんじゅう)004-002.JPG

 

勝目製茶園は「茶もみの実演」と販売を行っています。試飲もたくさんありますのでお試し下さい。009-003-01.JPG

012-004.JPG

 

日本有機は合鴨の炭火焼きを行っています。こりこりしてとても美味しく、酒の肴に最高です。013-005.JPG

015-006.JPG

 

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 2014.1.7-50-01.JPG
  • 2014.1.7-040-01.JPG
  • 2014.1.7-029-01.JPG
  • 2014.1.7-014-01.JPG
  • 2014.1.7-008-01.JPG
  • 2014.1.7-002-01.JPG
  • 002-000001.JPG
  • 002-00001.JPG
  • 002.JPG
  • 009-003-01.JPG

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。