2012年7月アーカイブ

 曽於市観光特産開発センターは、鹿児島県旅行業協同組合と連携して、次のとおり「盛り沢山のサマー・キッズ体験」を実施しました。
    年月日   平成24年7月29日(日)
        場 所     曽於市 財部町 下財部「きたん市場」
        体験内容    ①陶芸体験    ②竹で水鉄砲作り・水遊び  ③釜でご飯炊き
                     ④がね・厚揚げ作り  ⑤作ったもので昼食  ⑥カブトムシ釣り

 

        鹿児島市から沢山の親子さん達に来て頂き、有り難うございます。
        ようこそ曽於市へ 来て下さいました。大歓迎です。
        まずは歓迎の集合写真撮影です。IMG_0366-01.JPG

 

 

 最初の体験は、陶芸体験です。松ノ下先生の説明の話を、一所懸命聞いています。IMG_0368-01.JPG

 

 

           お父さんと一緒に作っているようです。どっちが上手に出来るかな?IMG_0370-01.JPG

 

 

                 おぉー。皿が出来たようです。作るのが早かったね-。IMG_0371-01.JPG

 

 

        こちらはお母さんと作っています。どんなのが出来るか楽しみだなぁ-。IMG_0372-01.JPG

 

 

    格好いいのが出来ていますね-。親子で作るっていうのは良いものですね。IMG_0373-01.JPG

 

 

               皿と湯飲みが出来ています。皆さんとっても上手です。IMG_0375-01.JPG

 

 

                       こんな作品が出来ました。上手でしょう!!IMG_0376-01.JPG

 

 

   次回は、楽しい・楽しい「②竹で水鉄砲作り・水遊び編」です。お楽しみに。

   平成24年7月22日(日)、京セラドーム大阪で「第8回関西かごしまファンデー」が開催されました。
 鹿児島県内の特産品や農林水産物を関西に広くアピールし、郷土鹿児島の町おこしに寄与するのを目的として、鹿児島県内の業者が一同に集まり、賑やかに行われました。
 曽於市からは、11業者が参加し、特産品や観光をアピールしました。

 

 

         関西のお客様が続々集まり、広い会場はすぐ一杯になりました。
         鹿児島県の力はスゴイ!IMG_5634-01.JPG

 

 

         曽於市から出店の新屋養蜂場さんのブースです。
         国産ハチミツの説明に、自然とお客様が引き込まれていました。IMG_5640-01.JPG

 

 

              曽於市レディも最高の笑顔で曽於市のアピールです。IMG_5649-01.JPG

 

 

                    曽於市のブース前も多くの人で賑わいました。IMG_5650-01.JPG

 

 

                        広い京セラドームは、一日大盛況でした。IMG_5651-01.JPG

カノコユリ・オニユリ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 曽於市観光特産開発センターの直ぐ近くの道路脇にカノコユリとオニユリが咲いていましたので、写真を撮ってきました。
  オニユリはあちこちに咲いているので、珍しくありませんが、カノコユリの自生は珍しいです。
 崖の高いところに咲いているので、乱獲されなかったのかも分かりません。

 

                道路より高~い所に咲いているので、誰も取れません。
                この場所で、何回か写真を撮っている人を見かけました。IMG_0364-01.JPG

 

 

    カノコユリです。「鹿の子百合」と書きます。
    花弁の内側に鹿の子模様の斑(ふ)が入り、弁は強く反転し、球状に開きます。IMG_0361-01.JPG

 

 

        こんなに沢山咲いていました。
        九州、四国に自生し、花色は桃、赤、白があるそうです。IMG_0362-01.JPG

 

 

   同じ所に、自生のオニユリも咲いていました。
  オニユリは、形が大きく見事で豪快(ごうかい)に見えるから、オニがついてオニユリの名がついたといわれています。
    「鬼百合」と書きます。IMG_0363-01.JPG

 

 

      曽於市の至る所で、自生のオニユリを見ることが出来ます。
      オニユリの花弁はオレンジ色、濃褐色で暗紫色の斑点があります。
      花弁は強く反り返ります。
      種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作ります。IMG_5620-01.JPG

ゆずの実が生(な)っています

| コメント(0) | トラックバック(0)

九州一のゆず産地であります曽於市からの「ゆず情報」です。
7月17日時点におけるゆずの実です。
農家の手入れが良いので、こんなにスクスクと育っていました。

 

                        もう。こんな大きさに育っていました。IMG_5628-01.JPG

 

 

             秋に曽於市にお出かけ下さい。待っています。ゆずの実一同より。IMG_5630-01.JPG

 曽於市観光特産開発センターは、7月5日、大隅町のカラオケ・スタジオで「曽於市でSOO快に暮らSOO会」の会合を開催しました。
 本会は、曽於市外から曽於市に移住された方で、曽於市のことをもっと知りたい、仲間を増やしたい、田舎生活を楽しみたい、曽於市のために何か役に立ちたいと考えている人が一堂に会し、これらを達成するために設立しました。
 昨年20人で発足し、現在38人の会員となり、会合には21名の参加がありました。 会合では24年度の事業予定、役員の選出、勉強会等を行い、初代会長に中山賢一郎さん、副会長に吉川典雄さん、照井頼子さん、事務局長は当センターの吉川益夫所長が選出されました。
 また、24年度活動では、ゆずの栽培農家が高齢化していることから、「ゆず収穫の手伝い」をすることが決定しました。その後、自己紹介等で懇親を深め、最後にカラオケを思う存分楽しみました。
 なお、本会ではまだ会員を募集していますので、趣旨に賛同される方は曽於市観光特産開発センター(0986-28-0111)までご連絡下さい。

 

吉川所長の挨拶で会議はスタート。23年度経過報告、24年度活動予定、規約改正等を討論しました。IMG_5513-01.JPG

 

 

              中山会長の就任挨拶。会全員 力を合わせて頑張りましょう。IMG_5520 修正★-01.JPG

 

 

この会は勉強も目的としています。
特定外来生物に指定された「オオキンケイギク」、農業・農村の多面的機能(めぐみ)等について勉強しました。IMG_5529-01.JPG

 

 

   この会は楽しむことも目的としています。吉川典雄副会長の乾杯で楽しい懇親会がスタートしました。IMG_5537-01.JPG

 

 

                           女性会員も懇親会を楽しんでいますIMG_5540-01.JPG

 

 

             カラオケも楽しみました。大村さんも気持ち良く歌っています。IMG_5565-01.JPG

 

 

                寺島さんも歌いました。皆さんカラオケが上手で、ビックリ。IMG_5566-01.JPG

 

 

               照井副会長もなかなか上手です。またまたビックリ。IMG_5570-01.JPG

 

 

             本田さんも夢中で歌っています。皆様お疲れさまでした。IMG_5582-01.JPG

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • IMG_0376-01.JPG
  • IMG_0375-01.JPG
  • IMG_0373-01.JPG
  • IMG_0372-01.JPG
  • IMG_0371-01.JPG
  • IMG_0370-01.JPG
  • IMG_0368-01.JPG
  • IMG_0366-01.JPG
  • IMG_5651-01.JPG
  • IMG_5650-01.JPG

このアーカイブについて

このページには、2012年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年6月です。

次のアーカイブは2012年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。