2012年6月アーカイブ

  平成24年6月24日(日)、大阪市中央区道頓堀の「ニュージャパン敦煌」において関西地区末吉会が開催されました。曽於市から中山副市長、谷口議長等総勢12名で大阪まで駆けつけました。
 このふるさと会は、何と言っても総会の後の懇親会が目玉です。久しぶりに会う故郷出身者の話は昔話に花が咲き、直ぐに会場は明るく楽しい雰囲気になりました。
 また、話だけでなく、会場は歌や踊りもドンドン飛び出し、さらに豪華な賞品が当たる「お楽しみ抽選会」が行われ、会場はワクワク気分が一杯漂い、大盛況でした。
 それでは、懇親会の様子をお知らせします。

 

                     会場全体の様子(挨拶を聞いているところ)IMG_1935-1.JPG

 

 

瀬戸山さんによる三味線演奏(民謡に合わせて交通安全の替え歌も披露されました)IMG_1937-1.JPG

 

 

            故郷の同級生や近所の友達に会って気分SOO快でしたIMG_1939-1.JPG

 

 

                              私達、昔からの仲良し組ですIMG_1941-1.JPG

 

 

          お楽しみ抽選会です。賞品が続々と出され、会場はワクワク……。
          豪華な賞品が当たりますようにIMG_1943-1.JPG

 

 

                  舞台だけでなく、会場の中も踊りで賑わいましたIMG_1949-1.JPG

 

 

         歌手の「咲楽(さくら ) まつり」さんの歌に合わせて踊っている人もIMG_1950-1.JPG

 

 

                     あっちでもこっちでも踊りで盛り上がりましたIMG_1951-1.JPG

 

 

        ふるさと」の合唱が終わり、万歳三唱、これで懇親会が無事終わりました
        また、来年会いましょうIMG_1952-1.JPG

今回は後編を紹介します。

 

前編のひょっとこ踊りの続きです。ひょっとこ踊りをして頂いた「末吉ひょっとこ踊り同好会」の皆様の顔が、お面で見えませんでしたので、改めて紹介します。左端が会長の西留さんですIMG_0307-1.JPG

 

 

これから後半のゴッタンと荒武タミさんの世界に入ります。まず「荒武タミさんとゴッタンの旅」というタイトルで基礎知識を身につけました。説明は木場観光ボランティアガイドですIMG_0283-1.JPG

 

 

 次は紙芝居です。タイトルは「荒武タミ ゴッタン物語」で読み手は、伊尻観光ボランティアガイドです。荒武タミさんの一生を紹介して頂きました。
紙芝居と同時にスクリーンでも映像を映し、見易いように工夫しましたIMG_0286-1.JPG

 

 

     次は、「ふるさとを思いやるゴッタンクラブ」によるゴッタンの演奏です。
     全国でも数少ない伝統楽器ゴッタンの演奏を引き継いでいる団体ですIMG_0291-1.JPG

 

 

  ゴッタンクラブに演奏を指導して頂いている永山観光ボランティアガイドの独奏です。
  さすが指導者だけあって、音色が違います。スゴ~イIMG_0294-1.JPG

 

 

ゴッタンの演奏を聴いてから、珍しいゴッタンという楽器に触れて頂きました。
あっという間に皆さん上手になりました。因みに、右端は池田曽於市長です。左から2番目でゴッタンを体験しているのは前田霧島市長です。本当に楽しそうでしたIMG_0297-1.JPG

 

 

      ゴッタンのリズムが良かったのか、池田市長と勢原さんが踊り始めました。IMG_0299-1.JPG

 

 

ゴッタンを「チャンカチャン、チャンカチャン」とお客さんが弾いています。手拍子も入ってきましたIMG_0305-1.JPG

 

 

いつの間にかゴッタンのリズムに合わせて、本格的に踊り始めました。スケジュールにはないのに、この楽しそうな踊り、どういうことだ。ビックリです。
ということで、曽於市の魅力発見ツアーは大成功でしたIMG_0303-1.JPG

  曽於市には素晴らしいものが沢山ありますが、余り知られていないのが実状です。このため、曽於市の観光の素晴らしさを知って頂き、曽於市を好きになって頂くことを目的に、6月9日、「曽於市の魅力発見ツアー」の第1弾を曽於市財部町の「財部高齢者コミュニティセンター」で実施しました。
 なお、「曽於市の魅力発見ツアー」は、観光らしくないところもありますが、あくまでも観光ツアーであることを申し添えておきます。
  さて、第一弾は、日本ジオパークに認定された霧島ジオパークと、地域住民に受け継がれている民俗芸能であるゴッタン演奏に光を当てました。
 また、特別サービスとして、地域で楽しまれている「ひょっとこ踊り」も楽しんで頂きました。
 嬉しいことに、前田霧島市長と池田曽於市長が魅力発見ツアーに参加して下さいましたので、大変盛り上がりました。

  今回は、前半の「霧島ジオパーク」と「ひょっとこ踊り」を紹介します。

 

         霧島市の中村主幹による霧島ジオパークの講演ですIMG_0266-1.JPG

 

 

  霧島ジオパーク内にある大川原峡の散策。寺島観光ガイドが大川原峡の岩石が
  34万年前の加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩であること等について説明IMG_0270-1.JPG

 

 

     写真パネルを使って、桐原の滝、三連轟や都城市の関之尾の滝も
     同じ加久藤火砕流で出来た溶結凝灰岩であることを説明IMG_0272-1.JPG

 

 

     大川原峡に下りて、現物を見ながら甌穴等について詳細に説明IMG_0274-1.JPG

 

 

    前日までの雨のため、大川原峡は滑りやすくなっていましたので、
    早めに散策を切り上げ、特別に「ひょっとこ踊り」を見学して頂きましたIMG_0276-1.JPG

 

 

   「ひょっとこ踊り」は、曽於市内の「末吉ひょっとこ踊り同好会」が
   地域の活性化のためと多くの人に楽しんで頂くために、日夜練習をしています
    観客席を回りながら踊り始めました。もぅ、皆さん大喜びですIMG_0280-1.JPG

 6月7日、南日本新聞に珍しいメラレウカの花が紹介されましたので、早速、曽於市末吉町諏訪方の高良博夫さん宅に行ってきました。
メラレウカはオーストラリア原産の高木常緑樹で、真っ白な雪のような花を咲かせていました。このため、夏の雪ということから「スノーインサマー」とも呼ばれています。
 また、オーストラリアのアボリジニの人達は、万能薬として使用していたハーブ(香木)でもあるようです。特に、葉からハーブティーが作られることから「ティーツリー」の別名もあります。
 

 

            これがメラレウカの花です
            毎年、梅雨入り前後ぐらいの時期に一週間ほど咲くそうですIMG_0240-1.JPG

 

 

              花の匂いを嗅がせて頂いたら甘い香りがしましたIMG_5304-1.JPG

 

 

            真っ白な綿毛のような花で、まるで雪が積もっているようでした
            是非一度見に行かれたらどうですか
            末吉高校前のファミリーマートから見えますIMG_0243-1.JPG

 平成24年5月27日(日)午後3時から、曽於市大隅町岩川の菅牟田地区で第13回「ホタルと水車の夕べ」が開催されました。
  今回は後半を紹介します。

          イベント会場では、子供達によるエアロビクスが可愛いでしたIMG_5256-1.JPG

 

 

           少し大きなおねえ(姉)さんによるエアロビクス
           若々しく、元気があって、イベントがドンドン盛り上がりましたIMG_5259-1.JPG

 

 

            塗れていたブルーシートを拭いて、少しずつ座り始めましたIMG_5263-1.JPG

 

 

               大人によるエアロビクス
                   貫禄があって見応え十分IMG_5266-1.JPG

 

 

               全員で踊りました。イベントは最高潮ですIMG_5272-1.JPG

 

 

          アンコールの声がかかり、踊り手も観客も盛り上がりましたIMG_5277-1.JPG

 

 

    菅牟田校区公民館長の池之上さん(左)と菅牟田小学校の柿木教頭先生(右)
                      イベントの準備・お世話など、お疲れさまでしたIMG_5279-1.JPG

 

 

        ほほえましい家族がいらっしゃったので、写真を撮らせて頂きましたIMG_5280-1.JPG

 

 

  ホタルの説明を平川会長から聞きましたので、ポイントを紹介します
◎菅牟田のホタルは、ゲンジボタル
◎水は、農業用水として浅井の堰(前川)から取水
◎以前は農業用水として、夏場だけ堰から取水していたが、防火用水としても利用
   することになり、年間通水を始めたら、ホタルが増え始めた
◎ホタルの幼虫は、3月中・下旬、水路のコンクリートの壁を登る
◎幼虫も光る
◎ホタルは、一生のほとんどを、水や土の中で過ごす
◎成虫は、2週間くらいの命で、交尾をし、卵を生んで一生を終える
◎ホタルの一生
  卵 →→ 幼虫(水の中でカワニナを食べる) →→ 幼虫が上陸 
  →→ 幼虫が土の中に潜る →→ さなぎ(土の中) 
  →→ 羽化して成虫(水のみで生きる) →→ 交尾 →→ 産卵

    

 

     残念ながら、写真技術が未熟でホタルが飛んでいる写真を
     撮ることが出来ませんでした
     水路沿いの植物の葉に留まって、柔らかい光を放っていました
         ホタルの光が見えなくて申し訳ありませんIMG_5282-1.JPG

 

 

    写真が撮れませんでしたので、南日本新聞社の「373news.com」の写真を
     掲載しました。ごめんなさい20120523D00-IMAG2012052342537_imo_09[1]-1.jpg

 

 

           水路沿いの柵に留まって、幻想的な光を放っていました
                          ゲンジボタルはこんな姿をしていますIMG_5284-1.JPG

 平成24年5月27日(日)午後3時から、曽於市大隅町岩川の菅牟田地区で第13回「ホタルと水車の夕べ」が開催されました。
  2年間は宮崎県の口蹄疫、台風で開催できず、今年は3年ぶりの開催ということで、地区の皆様の力の要れ用は大変なものだったことでしょう。
  当日、私(吉川)は鹿児島市から来られた観光客の案内で走り回っていましたので、菅牟田のイベント会場に着くのが遅くなりました。このため、後半部分しか紹介できませんことをお許し下さい。
  菅牟田公園の会場に着いた時、雨が降っており、屋外では催しが出来ない状況でした。しかし、菅牟田地区の皆さんは頑張っていました。テントの中で「NIIちゃんBAND」 が演奏しています。「NIIちゃんBAND」が演奏している間に、幸いにも小雨になり、そのうち雨も止みましたので、屋外のステージでフラダンス、コーラス、ソオルマン、民舞、エアロビクスと行われ、会場も盛り上がりました。
  また、会場では出店もあり、私は地元のソバを頂きました。このソバはとても美味しかったです。
  さて、本番のホタル観察会です。場所はサコン太郎広場で、ホタルについて平川会長から説明がありました。さぁー、暗くなったのでホタルの観賞です。久しぶりにホタルを見たので、ホタルの幽玄さに大感激でした。
  それでは「ホタルと水車の夕べ」の前半を紹介します。

 

                  イベント会場に着いた時、あいにくの雨でした
                   3年ぶりのイベントだぞ。雨よ止んでくれーIMG_5240-1.JPG

 

                  菅牟田小学校PTAの皆さんによる販売IMG_5241-1.JPG
                  「NIIちゃんBAND」は雨の中、テント内での演奏
                   おぉー。「NIIちゃんBAND」が雨を吹き飛ばしてくれたぞIMG_5239-1.JPG

 

                    雨も上がり、屋外のステージでフラダンスが踊られましたIMG_5244-1.JPG

 

   鮮やかなムームーを着たフラダンスが山あいの菅牟田地区を明るくしていましたIMG_5245-1.JPG

 

            ソオルマンによる「いかのおすし」に子供達は大喜び              「ソオルマン」とは? 語源は「曽於るまん」で、レッド・ブルー・イエローのローカル戦隊です
           曽於市商工会青年部が2007年に結成したようですIMG_5252-1.JPG

 

    ソオルマンによる「いかのおすし」に登場したコワァーイ(恐い)悪役達
   「いかのおすし」を知っていますか?
   「いかのおすし」は防犯標語です。因みに、東京都教育庁と警視庁少年育成課で
  考えたもので、語源は次のとおりです
         ☆「いか」… いかない(知らない人についていかない)
         ☆「の」 … のらない(知らない人の車に乗らない)
         ☆「お」 … おおきな声で呼ぶ
         ☆「す」 … すぐ逃げる
         ☆「し」 … しらせる(何かあったらすぐ知らせる)IMG_5247-1.JPG

 

                        ホタル会による民舞ですIMG_5254-1.JPG

 

 今回は第1部でここまでの紹介です。第2部(最終)はエアロビクスとホタルを紹介しますので、楽しみにお待ち下さい。

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • IMG_1952-1.JPG
  • IMG_1951-1.JPG
  • IMG_1950-1.JPG
  • IMG_1949-1.JPG
  • IMG_1943-1.JPG
  • IMG_1941-1.JPG
  • IMG_1939-1.JPG
  • IMG_1937-1.JPG
  • IMG_1935-1.JPG
  • IMG_0303-1.JPG

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。