2011年11月アーカイブ

 11月20(日)、「全国遊歩百選の森」、に指定されている曽於市財部町の悠久の森(往復7㎞)でウォーキングが開催されました。この日は天候にも恵まれ最高のウォーキング日和で、参加者1200名が気持ちの良い散策を楽しみました
 色付き始めたもみじや、珍しい植物などの説明を「森の案内人」から受けながらのウォーキング、途中では森の写真展、もみじの記念植樹、松ぼっくりなどを使ったクリスマスリース作りなどのコーナーもあり、それぞれに楽しんでいました。
 この他、龍虎太鼓、チェーンソーアート、どんぐり工作、特産品のプレゼント抽選会もあり大賑わいでした。

1120_1.JPG好天の中での開会式

 

1120_2.JPG思い思いに森のウォーキングを楽しんでいます

 

1120_3.JPG色付き始めたもみじ

 

1120_4.JPG野いちごを見つけてにっこり

 

かわいいクリスマスリースが出来上がりました

 

1120_6.JPG写真展に足をとめて見入っていました

 

1120_7.JPG

「東日本震災者の復興」を願ってのもみじ植樹

 

1120_8.JPG家族や友人達と記念のもみじを植樹

 

1120_9.JPG山の神と滝をバックに、ハイチーズ

 

1120_10.JPGかわいいどんぐり工作に夢中

 

1120_11.JPGチェーンソーによる素晴らしい作品

 

1120_12.JPG最後は抽選会で賑わいました

 今回は柚子の搾汁センターを見学した後、柚子の料理体験を行いましたので、柚子を使った料理体験をお知らせします。料理講師は、曽於市役所の栄養士で、かつ曽於市観光ボランティアガイドであります春山先生でした。
 挑戦した料理は、柚子味噌、柚子胡椒、柚子ジュース、野菜スープ(又はダゴ汁)、海の幸めしでした。

(11月5日)

kakou1.JPG柚子料理の前に、手押し柚子絞り器で果汁を絞りました。
子供達は、柚子絞り器の仕組みに感心していました。
この果汁は柚子ジュースに利用します。

 

(10月30日)

kakou2.JPG大人な女性は、得意の料理になったら元気・元気です。さすが~

 

kakou3.JPG4班に分かれて柚子味噌作りに挑戦です。

 

kakou4.JPG柚子味噌を作っています。美味しそ~

 

kakou5.JPG料理したのをみんなで頂きました

 

kakou6.JPG子供達も負けてはいません。美味しい柚子味噌が出来ました。

 

kakou7.JPG男性も女性も名コックさんです

 

kakou8.JPGダゴ汁作りに挑戦です

 

kakou9.JPG子供さんはダゴ作りを楽しんでいました

 

kakou10.JPG子供さんは何をさせても一所懸命です

 

kakou11.JPG料理したのを美味しく頂き、子供達は満足していました。

 

(11月6日)

kakou12.JPG柚子の皮の部分を下ろしているところです。
下ろした柚子は、柚子胡椒にします。

 

kakou13.JPG大人も子供も柚子の皮を懸命に下ろしています。

 

kakou14.JPG食事タイムです。手前にあるのが柚子ジュースで、大好評でした。

 

来年も10月末、11月上旬に「ゆずの収穫加工体験」を行いますので、是非参加下さい。なお、今年は定員に直ぐに達しましたので、早めにお申し込み下さい。

第2回掲載は、ゆず搾汁センターの見学状況をお知らせします。
 

②ゆず搾汁センターの見学(10月30日、11月5・6日)


(10月30日)

kouzyou1.JPGゆず搾汁センターに運ばれた「ゆず」を見学
曽於市はゆずの生産量が九州一ということにもビックリされていました

 

kouzyou2.JPG親子連れは「ゆず」を見て楽しそう

 

kouzyou3.JPG皆さん「ゆず」の多さにビックリです

 

kouzyou4.JPG「ゆず」搾汁センターの概要説明をしている藤田工場長

 

kouzyou5.JPG絞ったゆずの果汁や絞った後の皮を出荷している所を見学

 

(11月5日) 

kouzyou6.JPG子供達は、農家の人が運んできた沢山の「ゆず」を手に取って見ています
ゆず搾汁センターは、ゆずの香りで気持ち良かったです

 

kouzyou7.JPG子供達も「ゆず」の多さにビックリです

 

(11月6日)

kouzyou8.JPG藤田工場長の説明を真面目に聞いている参加者の皆さん

 

kouzyou9.JPG絞ったゆずの果汁と絞った後の皮の使い道を説明している藤田工場長

 曽於市観光特産開発センターは、曽於市が九州一のゆず生産地であることから、ゆずの生産実態・特長・料理方法等を知って頂くため、10月30日、11月5日・6日の3回「ゆずの収穫・加工体験」を実施しました。
  体験内容は、①ゆず畑で収穫体験(採った分はお土産)、②ゆず搾汁工場の見学、③手押しゆず絞り器でゆず絞り体験、④ゆずを使った料理体験、⑤ご飯・スープ作りと幅広い体験でした。
  また、ゆずの原産地、生産量の多い県、ゆずの効用(例えば、ビタミンCはリンゴの40倍)、ビタミンC等は果実の内側より果皮に多いこと等も勉強しました。
  最後は、作った料理で昼食、そしてゆずジュースを飲んで、料理したゆず味噌等は土産に持って帰りました。
 「ゆずの収穫・加工体験」は大好評で、募集後直ぐに定員一杯となり、キャンセル待ちが出る状況でした。来年は早めにお申し込み下さい。

 

①ゆず畑で収穫体験(11月5日)

2011yuzu1.JPG

生産農家の西留さんからゆずについて説明
4・5年後は曽於市が日本一の生産量になるとのことでした

 

2011yuzu2.JPGゆずの収穫を楽しむ女の子

 

2011yuzu3.JPGゆずの収穫を楽しむ男の子

 

2011yuzu4.JPGトゲが鋭いので怪我しないように

 

2011yuzu5.JPG仲良し3人組、しっかり採ってね

 

2011yuzu6.JPG生産農家(西留さん)の説明を聞いている体験者

 

2011yuzu7.JPG楽しそうにゆずを採っています

 

2011yuzu8.JPGこちらも楽しそうにゆずを採っています

 

2011yuzu9.JPG親子で記念撮影。良い記念になったよ

 

2011yuzu10.JPGお父さん上手に採ってね

 

2011yuzu11.JPGゆず娘です

 

2011yuzu12.JPGゆず4人娘です

 11月3日(木)、曽於市大隅町の岩川八幡神社周辺で、県下三大祭りの一つである「弥五郎どん祭り」が行われました。
 「弥五郎どん祭り」は900年以上の伝統を持ち、県の無形民俗文化財にも指定されています。
 今年は、社務所が70年ぶりに改築されたとともに、弥五郎どんの大傘が15年ぶりに補修され、また、巫女舞(みこまい)も初披露されました。
 そして何と言っても、一番の見どころはやはり「弥五郎どんの浜下り」で、八幡神社を出発した身の丈4m85㎝の大男が、元気な太鼓に先導され3時間近くをかけて市街地を練り歩きました。
 その他にも、弥五郎太鼓の奉納や、武道大会、市中パレード、各種展示や特産品の販売などが行われ、岩川の町は約10万人の人で賑わいました。
 

20111103_1.JPG弥五郎どんの前で奉納された弥五郎太鼓
周りの空気や地面までが呼応しているような不思議な感覚に

 

1106_1.JPG奉納された弥五郎太鼓
弥五郎どんは、静かに浜下りを待っています

 

20111103_8.JPG曽於市観光特産センターは「曽於市物産展」を同時開催

 

20111103_21.JPG今年は「曽於市がねコンテスト」の優勝チームも「曽於市物産展」に参加

 

20111103_14.JPG岩川小学校の校庭では各種武道大会が行われました
気合の入った選手と訪れたお客さんで会場は熱気に包まれていました

 

20111103_13.JPG板割の実演
気迫が伝わってきます

 

1106_2.JPG踊りも花を添えていました

 

1106_3.JPG弥五郎どんの回りは見物客でいっぱいです

 

20111103_17.JPG弥五郎どんは電線にも届きそうです

 

1106_4.JPG岩川小学校に着いた弥五郎どん
後ろには15mの弥五郎どんの銅像が見えます

 

20111103_10.JPG神社まで一気に駆け上って行く弥五郎どんは、物凄い迫力

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 1120_12.JPG
  • 1120_11.JPG
  • 1120_10.JPG
  • 1120_9.JPG
  • 1120_8.JPG
  • 1120_7.JPG
  • 1120_6.JPG
  • 1120_4.JPG
  • 1120_3.JPG

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。