2011年4月アーカイブ

 悠久の森は、植物が豊富で景観も良く全国遊歩百選の森に認定されており、また映画 「半次郎」のロケが行われたところです。大川原峡は、岩と水の織りなす美しい渓谷で、芸術的自然美が一杯です。桐原の滝は、流れ落ちるしぶきが豪快なため、気持ち良いマイナスイオンがたっぷりで、またミズノスポーツの宣伝ロケも行われたところです。
 さらに、ここは昨年認定された霧島ジオパークでもあり、地形・地質学的にも見所のあるところであるとともにパワースポットとしても知られております。
  当然、観光ガイド付きですので、新たな発見があるよ~。
皆様の参加をお待ちしております。 


 yuukyuunomori.jpg悠久の森

 

kiriharanotaki.JPG

桐原の滝

 

hanjiro.jpg

                                                 ©2010「半次郎」製作員会

榎木孝明さん主演の映画「半次郎」のワンシーン(悠久の森)

 

詳細・申込み方法等は次のとおりです。

1 開催日・時間
    5月22日(日)
2 集合場所・時間
    大川原峡キャンプ場管理事務所前に9時
    電話:0986-74-2555
3 散策地
    悠久の森・大川原峡・桐原の滝(曽於市財部町下財部)
4 料金(当日受付時に徴収)
    1,000円(保険料・弁当代・お茶代)
5 参加人数
    先着50人
6 申込み内容(様式自由)
    氏名・住所・電話番号・年齢
7 申込み方法
    電話、FAX、Eメール、郵送、直接開発センターへ提出
8 申込期限
    平成23年5月14日
9 提出先
    曽於市観光特産開発センター
      住所:曽於市末吉町深川11050-1
         (道の駅すえよし隣)
    TEL:0986-28-0111
    FAX:0986-79-1147
    E-mail:info@sookai.net
10 その他
    歩きやすい靴、服装でお願い致します。

 4月24日9時~15時、お客様に感謝して、「きたん市場創業6周年祭」が開催されました。今年は、「東北・関東大震災応援イベント」としても行われました。
 「きたん市場創業祭」では何と言っても、お店の屋根上から御菓子等を撒く「せんぐ撒き」が最も人気があり、沢山のお客さんが集まっていました。
 この他、会場において杵による餅搗きが行われ、搗きたて餅を直接販売、黒豚串焼きの実演販売、ガネも実演販売が行われ、作ったら直ぐに売り切れていました。
  今後も「きたん市場」をよろしくお願い致します。

 

まず開始前に、お店の屋根上から御菓子等を撒く「せんぐ撒き」の注意等の説明です。
既に多くのお客さんが待ち構えています。

kitanichiba1.JPG「せんぐ撒き」で撒かれた御菓子等を必死で拾っています。

kitanichiba2.JPG子供さん達のグループの「せんぐ撒き」
子供さんが怪我をしないように、グループを分けたとのことでした。

kitanichiba3.JPG直売所で販売されていた新鮮なシイタケ・野菜

kitanichiba4.JPG杵と臼による餅搗きの実演販売
70才を超えていても、いとも簡単に餅搗き行っていました。元気です。
これぞ、プロの餅搗きだと感心しました。

kitanichiba5.JPG鹿児島県の伝統料理「ガネ」の実演販売
こちらも慣れた手つきで、楽しそうに、次から次に揚げていました。

kitanichiba6.JPG「鬼わらび」という大きなワラビが販売されていました。始めて見ました。
右側が普通のワラビです。
「鬼わらび」には、「天ぷらで食べるのが超オススメ」「あく抜き不要」
との説明書きがありました。
面倒なあく抜きをしないでよいとは魅力ですね。

kitanichiba7.JPGこの時期はやはりタケノコですね。花も人気があります。

kitanichiba8.JPG端午の節句前ですので、鹿児島県ならではの「あくまき」も当然販売されていました。

kitanichiba9.JPG

 平成23年4月17日、道の駅たからべ「きらら館」がリニューアルオープンしました。
「きらら館」は、曽於市財部町の県道2号線沿いに位置しています。地採れの新鮮野菜・花卉、肉類はもとより、曽於市の原料を用いた農畜産物加工品、木工品・竹細工など豊富な商品を揃えていますので、是非お立ち寄り下さい。
 この他、レストラン「きらら」も営業しております。お薦め料理は、黒豚の軟骨味噌煮丼、チキン南蛮、黒豚丼など豊富に取り揃えておりますので、是非ご利用下さい。

      住 所:鹿児島県 曽於市 財部町 南俣 17番1
      電 話:0986-28-5666
      FAX:0986-28-5777
     直売所の営業時間:午前9時~午後7時
     レストランの営業時間:午前11時~午後4時
          ただし、予約(10名以上~約40名)は午後9時まで承ります。
 

開館式:「メセナ末吉」の花房社長の挨拶

kirara1.JPG続いて、曽於市長挨拶(代理末廣副市長)、大津曽於市議会議長挨拶が行われました。

開館式:お客様が沢山詰めかけています。

kirara2.JPG開館式:三枝支配人から「きらら館」の概要説明が行われました。

kirara3.JPG続いて、テープカットが行われました。
左から、小倉出荷者協議会長、末廣副市長、大津議長、花房社長

kirara4.JPG開館前には沢山のお客様で一杯です。これからもよろしくお願い致します。

kirara5.JPG開館しました。もう直売所は多くのお客様でごった返しです。

kirara6.JPGレジには長い行列が出来ました。長いことお待たせ致しまして申し訳ありません。 

kirara11.JPG

 

kirara7.JPG身動き取れないほどの混雑さです。切り花を持っているお客様が多いです。

kirara8.JPGレジには東日本大震災の募金箱もありました。皆様募金をお願いします。

kirara9.JPG木工品や竹細工が安いよと言われたので、見に行ったら売約済みの札が付いていました。

kirara10.JPG

溝ノ口岩穴祭り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 溝ノ口岩穴祭りは、4月10日の11時から溝ノ口洞穴で行われました。
 お祭りでは、子供の奴踊りと刀踊り(棒踊りと刀踊りは隔年奉納)が奉納されました。士気を鼓舞する姿が勇壮です。現在は郷土教育の一環として財部の中谷小学校児童によって継承されています。 
 これらの踊りは、島津藩が戦勝祝いとして始められたのが発祥とされ、士気を鼓舞する姿が勇壮です。奴踊りは、現在、郷土教育の一環として財部の中谷小学校児童によって継承されています。一方、刀踊りは、溝ノ口集落の踊り保存会によって継承されています。
 また、これら踊りは、溝ノ口洞穴だけで奉納されるのではなく、中谷集落の
 馬頭観音が祀られている杉林でも奉納されています。この他、中谷小学校等でも奉納されるそうです。 


mizonokuti1.JPG 神秘的な溝ノ口洞穴では、早くから準備が始まっていました。

 

mizonokuti2.JPG奉納前に集合してくれたかわいい踊り子達。

 

mizonokuti3.JPG中谷小学校の児童(12名)による奴踊りが11時から開始されました。

 

mizonokuti4.JPG

神秘的な中での踊り、鮮やかな色の衣装をまとった子供達の踊りは厳かでもありました。 

 mizonokuti5.JPG

  数え歌は、三味線、太鼓、唄で行われます。
 数え唄は10番まであるとのことですが、本日は7番までの踊りが披露されました。
  歌い手の話では、子供たちは覚えるのが大変なのによく覚えてくれるとのことでした。

 

mizonokuti6.JPG奉納前の刀踊りの若い踊り手。

 

mizonokuti7.JPG奉納前に溝ノ口集落の踊り保存会の皆様に集まって頂きました。

 

mizonokuti8.JPG溝ノ口集落の踊り保存会による刀踊りが始まりました。
2人の歌い手による唄だけで踊ります。

 

mizonokuti9.JPG 刀踊りは勇壮でもあり、物静かな踊りでもありました。

 

mizonokuti10.JPG溝ノ口洞穴での奉納が終わったら、中谷集落の馬頭観音の祀ってある杉林に移動です。

 

mizonokuti11.JPG神秘的な杉林の中の馬頭観音

 

mizonokuti12.JPG杉林からこぼれる光を浴び、鮮やかな衣装がとっても映えていました。

 

mizonokuti13.JPG神秘的な杉林の中の踊りは幻想的でした。

 

mizonokuti14.JPG鮮やかな衣装と素晴らしく息の合った踊りが素晴らしかったです。

 

mizonokuti15.JPG刀踊りは躍動的でもあり、かつ声が森に響き渡って神秘的でした。

 花見(桜)ツアーの最終の紹介です。曽於市には桜の名所がこんなにあったのかとビックリされたでしょう。探せば沢山あるものですね。
 曽於市には、今回の桜の名所以外もありますので、来年をお楽しみに。
 では第3部(最終回)の桜をジックリお楽しみ下さい。
 

st3_1.JPG

⑥財部児童公園では、吉元ガイドから桜の木の「ひこばえ」について勉強しました。

 

st3_2.JPG⑥財部児童公園の桜は、本数が少ないけど人気があります。

 

st3_3.JPG

⑥財部児童公園では、「桜湯」について勉強しました。

 

st3_4.JPG

⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_5.JPG

⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_6.JPG⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_7.JPG⑦財部温泉に隣接する横市川堤防の桜を散策しました。

 

st3_8.JPG⑦財部温泉に隣接するいきいき親水公園の桜を散策しました。

 

st3_9.JPG⑧高之峯の桜を見学しました。

 

st3_10.JPG⑧高之峯の桜と菜の花のコントラストが綺麗でした。

 

st3_11.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_12.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_13.JPG⑧高之峯の桜と花園の花(芝桜・菜の花等)とのコントラストが綺麗でした。

 

st3_14.JPG⑧高之峯の桜と菜の花が綺麗でした。

 

st3_15.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_16.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_17.JPG⑨旧末吉駅周辺(マインドロード)を散策しました。

 

st3_18.JPG⑩旧末吉駅隣の駐車場(マインドロード)で閉会をしました。
  長い時間お疲れ様でした。
  来年も花見(桜)ツアーを行いますので、沢山の参加をお待ちしています。

平成23年4月3日に行った花見(桜)ツアーの第2部を紹介します。
まだまだ花見(桜)ツアーは続きます。次回の第3部もお楽しみ下さい。st2_1.JPG④大隅総合運動公園の桜は見事でした。ツアー参加者も桜に見入っていました。

 

st2_2.JPG④大隅総合運動公園の桜は、ご覧のとおり樹齢も古く見事でした。

 

st2_3.JPG④大隅総合運動公園の桜は、若い木もありましたが綺麗でした。

 

st2_4.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、バス1号車の参加者全員で記念撮影。

 

st2_5.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、写真をパチリ。子供さんも嬉しそうです。

 

st2_6.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、スタッフの野村はお客さんに写真を撮って貰いました。

 

st2_7.JPG④大隅総合運動公園の桜の前で、バス2号車の参加者全員で記念撮影。

 

st2_8.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里でやっと昼食だ。
               沢山歩きペコペコだよ~。あぁー弁当が美味しかった。

 

st2_9.JPG

⑤おおすみ弥五郎伝説の里で昼食。みんな満足した顔でしょう。

 

st2_10.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。ゆっくりお楽しみ下さい。

 

st2_11.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。とにかく面積が広いのです。

 

st2_12.JPG⑤おおすみ弥五郎伝説の里の桜です。弥五郎どんも気持ち良さそうです。

   平成23年4月3日(9時30分~16時)、当開発センターは曽於市で初めての花見(桜)ミステリーツアーを行いました。当初は先着25名で企画しましたが、申込み者が多く総数52名の花見ツアーとなりました。見学場所は、車内からの見学を含めると13か所と桜づくしのツアーでした。

 この企画は、曽於市の木が「桜」であること、曽於市には知られていない桜の名所が多数あること、桜の名所を新たな観光資源としたいこと等から実施したものです。

 ツアーに参加された人は、「曽於市にこんな素晴らしい桜の名所が沢山あるとは知らなかった」「桜の勉強が出来て楽しかった」「桜以外の菜の花、モモ、レンギョウ、モクレン、野の花等もダブルで楽しめて良かった」と大好評でした。

 それでは花見(桜)ツアーの前半を紹介しますので、一緒に曽於市の花を楽しんで下さい。

 

st1.JPG曽於市役所(末吉)隣の向江公園で主催者の挨拶と留意事項等を説明

 

st2.JPG曽於市役所(末吉)隣の向江公園で主催者の挨拶と留意事項等を説明

 

st3.JPG①:最初は向江公園を見学(桜は奥の方にあります。)

 

st4.JPG②-1:住吉神社の桜を見学(流鏑馬のスタート地点です。
    吉元観光ボランティアガイドによる説明が行われています)

 

st5.JPG②-2:住吉神社の桜を見学(スタート地点を出発です)

 

st6.JPG②-3:住吉神社の桜を見学(この辺は山桜が多い所で、もう葉が出ていました)

 

st7.JPG②-4:住吉神社の桜を見学(茶色の葉っぱは山桜です)

 

st8.JPG②-5:住吉神社の桜を見学

 

 st9.JPG

③-1:千本桜の森を見学(これから急傾斜の道に挑戦です)

 

st10.JPG③-2:千本桜の森を見学(まだ登り口で元気です)

 

st11.JPG③-3:千本桜の森を見学(沢山の品種がありました)
        高岡ボランティアガイドによる説明に聞き入っています。

 

st12.JPG③-4:千本桜の森を見学(品種は伊豆吉野だったかな!

 

st13.JPG③-5:千本桜の森を見学(大島桜だったかな!)

 

st14.JPG③-6:千本桜の森を見学(疲れたー。お父さん手を引っ張ってー)

 

 st15.JPG

③-7:千本桜の森を見学(坂道で疲れたヨー。折り返し地点で休憩)

 

st16.JPG③-8:千本桜の森を見学(山桜です。若葉の時は葉が茶色です。)

 

st17.JPG③ー9:千本桜の森を見学(綺麗な八重桜もありました)

 

st18.JPG③ー10:千本桜の森を見学(こんなに綺麗な花が咲いていました。山リンドウです)

 

st19.JPG③ー11:千本桜の森を見学(こんなに可憐なスミレがありました)

 

st20.JPG③-12:千本桜の森を見学(野いちごの種類だと思うのですが!)

 

st21.JPG③ー13:千本桜の森を見学(鮮やかなタンポポの花が咲いていました)

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • hanjiro.jpg
  • kiriharanotaki.JPG
  • yuukyuunomori.jpg
  • kitanichiba9.JPG
  • kitanichiba8.JPG
  • kitanichiba7.JPG
  • kitanichiba6.JPG
  • kitanichiba5.JPG
  • kitanichiba4.JPG
  • kitanichiba3.JPG

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。