2011年1月アーカイブ

霧島山の新燃岳が大噴火

| コメント(0) | トラックバック(0)

 平成23年1月26日午後、曽於市二之方の畑で仕事をしていると、霧島山の方から黒い雲が押し寄せてきた。急に雨雲が発生したのかなと思っていると、灰が降ってきた。ジャンパーは見る見るうちに灰色になり、口にも灰が入りザラザラしてきた。道路に停めていた車は、あっという間に灰が積もっている。植物の葉っぱも灰色一色になった。
 畑仕事が終わり車に乗ると、フロントガラスに灰が積もって、前は全く見えない。水を流しながらワイパーで灰を落とし、我が家に帰宅する。髪の毛の間にも灰が相当入ったようである。気持ちが悪いので、直ぐに風呂に入り、髪の毛を洗った。床を見ると、灰が沢山たまっている。
 屋根付きのウッドデッキを見ると、床にも灰が積もっている。屋根があっても効果ないようだ。ウッドデッキに干してあった、千切り大根も灰がうっすらと積もっている。ザラザラして、もう食べられないだろう。
 テレビを見たら、霧島山の新燃岳(1,421m)が噴火したと報じており、もうもうと噴煙が上がっている。しばらくは大変なことになりそうな予感がする。

 

shinmoedake1.JPG数時間で道路も一面灰色になりました

 

shinmoedake2.JPG屋根付きウッドデッキの床にもこんなに灰が積もりました
(茶色いところは物をどかしたところ)

 平成23年1月23日(日)、名古屋市の中日ビルで東海地区曽於市会の新年会が行われました。参加者は61人で、最初に北別府会長の挨拶、続いて来賓の吉川曽於市観光特産開発センター所長、新屋鹿児島県人会会長の挨拶が行われました。
 その後、懇親会がスタートし、会場は久々の再会を喜んだり、曽於市の昔話で懐かしんだり、カラオケで楽しんだりで大盛況でした。

 曽於市観光特産開発センターは、会場でバラ風呂用の新商品「カップローズ」を20個限定で試験販売したところ、東海地区曽於市会の皆様の温かい御協力で、「カップローズ」は早々に売り切れました。この他、曽於市の「特産品詰め合わせセット」のカタログ試験販売も行いました。
 また、ナンチクの商品も販売され、すべての商品が完売しました。
 東海地区曽於市会の皆様、今後とも曽於市の特産品をよろしくお願い致します。

 

toukai1.JPG北別府東海地区曽於市会会長の挨拶

 

toukai2.JPG吉川曽於市観光特産開発センター所長の挨拶

 

toukai3.JPG小雪 舞さんの歌謡ショー

 

cuprose.JPG会場で新商品の「カップローズ」を試験販売しました
浜田製茶さんの紅茶も入っていますので、風呂上がりに味わって下さい
通信販売の「そおかいネット」で「カップローズ」の販売を始めましたので、お買い求め下さい
 

バラ風呂に入ってみませんか

| コメント(0) | トラックバック(0)

   曽於市の岩切バラ園さんと浜田製茶さんが、バラと紅茶をカップに入れて試験販売を始めましたので紹介します。
 カップの中にバラ(バラと紅茶が入ったもの)が入っており、名前は「カップローズ」と言います。
 バラの色は、赤・黄・ピンク等があり、とても綺麗です。
何と言っても、同じバラを3回使えますので、バラ風呂を3回楽しむことが出来ます。
 バラ風呂以外でも、皿やコップに浮かべてバラを楽しむことが出来ます。今の時期だと1ヶ月近く楽しめます。
 毎日寒い日が続いています。こんな夜、綺麗なバラ風呂に入って体も心もリフレッシュしたあと、温かい紅茶でくつろいでみませんか。
 販売は、曽於市観光特産開発センターのネット販売「そおかいネット」で行っていますので、是非お買い求め下さい。

 

cuprose.JPGカップローズ(バラだけのものと紅茶の入ったものがあります)

 

cuprose2.JPGカップローズを上から見ると

 

cuprose3.JPG風呂に浮かべて、色とりどりのバラでリフレッシュして下さい
バラ風呂に入ると、なぜか高貴な感じになります!!

 

cuprose4.JPGガラスの器にバラを浮かべて楽しむことも出来ます

 1月7日の夜、曽於市末吉町の熊野神社で県の無形民俗文化財に指定されています伝統行事「奇習 鬼追い」が行われました。
 この祭りは、年頭に五穀豊穣と天下泰平を祈願する修正会(しゅしょうえ)を起源とする祭りで、1250年来の伝統を持つと言われています。
 熊野神社の鬼追いに登場する鬼は、「日本一さつまの暴れ鬼」言われ、招福除災(しょうふくじょさい)の善鬼で、民衆に福をもたらす珍しいものです。
 鬼は、無数の御幣(ごへい)※を身にまとった男鬼(おおに)、女鬼(めおに)、子鬼の3匹で、25歳厄年の青年が扮します。それぞれの鬼には両サイドに「付け」(付添役)がおり、縦横無尽に駆け回り、力いっぱい観衆をたたき散らかします。この付けにたたかれると1年間健康であると言われていますので、たたかれても喜んでいます。来年は是非、奇習鬼追いを膚で感じて頂ければと思います。
 ※御幣は鬼1匹につき、障子紙を約2,000枚ほど使用するとのことです。

まず、当日は朝6時過ぎから熊野神社で神事が行われ、その後鬼火焚きが行われます。
 onioi1_2.JPG

神社から虚無僧、神主さん、そして松明を持った稚児たちが川沿いにある
鬼火焚きの会場へ向かって行きます。

 

onioi2-2.JPG

鬼火焚きの竹櫓(やぐら)の前で神事が行われます。

 

onioi3.JPG

 この鬼火焚きに使用した竹は御利益があることから、倒れてきた竹の笹を参加者は一目散に奪い合います。

 

 稚児が神社から持ってきた松明で竹櫓に火を付けると一気に燃え上がりました。
朝の暗い中、竹がパンパンと弾け、それが木霊(こだま)しているのは何とも言えない世界でした。

onioi4.JPG

倒れてきた竹と笹を取り、今年1年の健康を願いました。

 

 次は、夕方5時頃から北部青少年館では「鬼」にちなんだ料理の振る舞いや境内ではビンゴゲームなどが行われます。

onioi5.JPG

料理は「鬼」にかけて「オニそば」「オニぎり」「オニしめ」などが振る舞われます。
これがとっても美味しい!!


 

 そして、夜7時から幻想的にライトアップされた境内の山林で、末吉鬼神太鼓による太鼓演奏が行われます。

onioi6.JPG

幻想的な雰囲気の中で行われた「末吉鬼神太鼓」の演奏。
迫力ある演奏に多くの観衆が聞き入っていました。

 

 さぁー、午後8時です。いよいよ鬼追いのスタートです。熊野神社から飛び出した鬼と付けが、100mほど離れた神社の門前にある仁王堂で、鬼火焚きで使用した孟宗竹に入った御神酒を飲んだ鬼が観衆目がけて暴れ出すと、鬼に叩かれないように、また鬼の御幣を取ろうと観衆も必死です。
 鬼が身にまとった御幣を取るのは、1年間の無病息災が得られると言われているからです。

onioi7.JPG

暴れたたき回る鬼と付け。

 

onioi8.JPG

暴れ鬼がどこから出現するか分からないので、観衆はたたかれないよう警戒しています。

 

 鬼が暴れ回って30~40分も経つと、鬼は御幣を引き散切られてその姿はみずぼらしくなるとともに元気も無くなり、神社へ引き上げて鬼追いは終了です。

そして、最後は境内で豆まきが行われます。

onioi9.JPG豆を貰おうとたくさんの観衆が押し寄せ、境内はごった返します。

 

 今年の「鬼追い」は、南日本放送(MBC)が「ダイドードリンコ 日本の祭り」の撮影のため、カメラ13台を動員していましたので一段と熱が入っていました。
 テレビ放送は、2月6日(日)の16時~16時54分にありますので、是非ご覧下さい。

 平成23年1月8日、曽於市役所玄関前の特設会場で、ダイドードリンコ株式会社主催のひとことパフォーマンスの録画撮りがありました。
  この時期は寒いことから、参加者も少ないと思っていましたが、MBCテレビで放映されるということもあり、沢山の人が順番を待っていました。
  参加者は、ユニークな人やユニフォーム姿で活動団体のPRをする人などで賑やかでした。また、ほとんどの人がパフォーマンスを修正され、かつ何回もやり直しをさせられ、取材していても結構楽しいものでした。
 今回は録画撮りの一場面を紹介しますが、MBC南日本放送で、2月6日(日)の16時~16時54分にテレビ放映されますので、是非ご覧下さい。
 なお、このテレビ放映では、1月7日、曽於市末吉町深川の熊野神社で行われた「奇習 鬼追い」が同時放映されますので、絶対見て下さい。


dydo1.JPG

最初のパフォーマンスは曽於市の中山副市長が曽於市のPR
一番バッターお疲れ様でした!!

 

dydo2.JPG

人形の動きが面白くて大受け(人形は30kgの重量で重いとか)
60代なのに半袖・短パンで元気な人でした。見てる方が寒くなりました

 

dydo3.JPG

そお市レディはお上品に曽於市をPR

 

dydo4.JPG

昨日は鬼追い祭りで活躍した「鬼追いの里」の皆様
昨日は「鬼火たき」「豆煎り」「鬼追い」など、早朝から夜遅くまでお疲れ様でした!

 

dydo5.JPG

メセナ楽団のメンバーはやっぱり楽器演奏でPR

 

dydo6.JPG

ロックダンス好きな兄弟は、服装をバッチリ決めてPR

 

dydo7.JPG

こちらの女性もダンスでPR
ジャンパー脱がされて鼻水が出ていました

 

dydo8.JPG

鬼追いの里にある迫道場の少林寺流空手道錬心舘の少年達
本番ではTシャツも靴も脱がされて寒そうにしていました。寒さも鍛えて!

 

dydo9.JPG

深川バレーボールチームの可愛い少女達
スタッフが心配そうにアドバイスしていました

 

dydo10.JPG

牛の銅像の前に、誰か子牛を連れて来てPR始めたぞ!
子牛まで連れてくるとは、取材スタッフもビックリ!      
さすが畜産の町だ!

 

dydo11.JPGセレソン末吉のサッカー少年団
パフォーマンスの仕方を変更されて悩んでいます

新年の挨拶

| コメント(0) | トラックバック(0)

 新年明けましてお目出とうございます。 
 曽於市観光特産開発センターの所長をしています吉川と申します。
 昨年は、隣接する宮崎県の口蹄疫、曽於市では大雨による大災害等色々あり、苦難の年でしたが、皆様方の温かい御協力により、何とか新しい年を迎えることができました。御協力頂きました皆様方に心より御礼を申し上げます。
 本年も曽於市観光特産開発センターは、曽於市活性化のため職員一同精一杯頑張って参りますので、よろしくお願い申し上げます。
 また、本年が皆様方にとって、最高に素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

 

syogatu.JPG

明けましてお目出とうございます。本年もよろしくお願い致します。

曽於市も大雪でした

| コメント(0) | トラックバック(0)

平成22年12月31日、曽於市も大雪でした
朝起きて窓を開けたら一面真っ白だったのでビックリ 
曽於市では珍しい雪景色の中、東の空に朝日が登ろうとしており、雪と朝日によるコントラストが美しい 
写真だ。とにかく写真を撮らねば。
素早く着替えて、景観スポットに出かけた。
手袋をしていないので、手が相当冷たい。
凍えるような銀世界の中、平成22年最後の朝日を撮影しました 

 ※鹿児島市は25cmの積雪で最高記録だったとか

 

ooyuki1.JPG

薄暗い雪景色の中、平成22年最後の日の出です

 

ooyuki2.JPG

平成22年最後の日の出は、美しい銀世界を照らし始めました

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • shinmoedake2.JPG
  • shinmoedake1.JPG
  • toukai3.JPG
  • toukai2.JPG
  • toukai1.JPG
  • cuprose.JPG
  • cuprose4.JPG
  • cuprose3.JPG
  • cuprose2.JPG
  • onioi9.JPG

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。