そば打ち講習会の参加者募集

| コメント(0) | トラックバック(0)

   曽於市観光特産開発センターは、今人気の「そば打ちの講習会」を企画いたしました。 
  つなぎなしの細くて長いそば打ちを体験してみたい方、そば好きの方、挑戦してみませんか。ご自分で打ったそばは、お持ち帰り出来ます。
皆様の参加をお待ちしています。

            お問い合わせ・申込先  
                                曽於市観光特産開発センター
                    電 話:0986-28-0111
                                             FAX:0986-79-1147

                                        
     1.日 時     2月6日(火)10時~13時 
     2.場 所    曽於市大隅農産加工センター
              電話 099-482-5928
     3.内 容        つなぎなしの10割そば打ち
     4.昼 食    ①手作りそば(食べかたは当日のお楽しみ)
   5.料 金        1,500円/人(昼食・保険等)
   6.定 員        先着20人(事前申し込み必要)
   7.主 催        曽於市観光特産開発センター
            
   8.集合場所   曽於市大隅農産加工センター
             (大隅町の昭南病院の近く)
   9.集合時間   9時45分
  10.申込先        曽於市観光特産開発センター                 
  11.準備するもの  三角巾・エプロン

2017.6.17-2018.01.08-001.JPG

「幸運の財大吉」神社巡りツアー を実施しました

| コメント(0) | トラックバック(0)

  1月2日(火)「幸運の財大吉」神社巡りツアーに鹿児島市内より 18名が参加されました。曽於市内の旧3町(財部町・大隅町・末吉町)より一文字をとると「財大吉」となり、幸運に恵まれるということで、新春に旧3町にある六神社を巡るツアーを企画しました。
スタートは大隅町からで末吉町・財部町というルートで神社巡りをしました。
 参加者の皆さんは、宮司さんや、ガイドさんから神社の歴史や特徴の説明を受けた後、それぞれ思いを込めて、熱心に参拝されました。
 

  最初の投谷八幡宮(鹿児島神宮の別宮)では、牧之瀬ガイドの説明を受けた後
 参拝し、保存会の皆さんからの振る舞いがありました20180102-4627-0001.JPG

 

   岩川八幡神社(毎年11月3日に県下三大祭りと称される弥五郎どん
   祭りがある)では、弥五郎太鼓の奉納です20180102-4636-0002.JPG

 

     後藤宮司さんから御祭神や由来等の説明がありました2010102-4643-003.JPG

 

 毎年1月7日に鬼追い祭り(この他、ライトアップされた奇人太鼓の奉納、
   ひょとこ踊りの奉納、豆まきもある)のある、末吉町熊野神社で参拝です
20180102-4646-004.JPG
 

   財部町三社の一つ澤田神社(霧島山四門のうち南門とされる)で参拝です20180102-4651-005.JPG

 旧3町より二カ所合計六カ所の神社を巡り、当センターより名前の入った認定証と、獅子舞の絵柄のどら焼きをプレゼントし、大変喜ばれました 。

都城市と合同で霧島ジオパークトレッキングを開催しました

| コメント(0) | トラックバック(0)

  曽於市観光特産開発センターと都城観光協会が連携した「霧島ジオパークトレッキング」が12月10日(土)に開催されました。
霧島ジオパークとしての曽於市の大川原峡から都城市の関之尾の滝までの12㎞を、観光ガイドと一緒に地質や植物を観察しながら、スタッフも含め86名が都城市と曽於市から参加し散策しました。
 

 

               開会式の様子2017.12.15-4502-0001.JPG

 

 

        桜の木にできるテングス病について説明です20171215-4513-0002.JPG

 

 

          桐原の滝でジオの説明です20171215-4519-0003.JPG

 

 

     三連轟の駐車場でコーヒータイムです。
    かじかんだ手に暖かいコーヒー・紅茶を皆さん喜んで頂きました  20171215-4529-0004.JPG

 

 

           天気が怪しくなってきました
           急ぎ足で歩きながらガイドによる説明です20171215-4538-0005.JPG

 

 この後、小雨が降り始めましたが溝ノ口洞穴を見学し、中谷小学校での昼食に向かいました。中谷小学校では、竹の子会の皆様によるあったかい豚汁と田舎弁当を頂き、体を温めて全員で最終目的地の「滝の駅せきの」おに向かいました。関之尾では加久藤火砕流による甌穴群や滝をガイドから説明を聞きジオについて学びました。
 

絵手紙友の会(魅旅)一行様が曽於市に来られました

| コメント(0) | トラックバック(0)

  10月24日鹿児島市より「絵手紙友の会」の一行20名様が曽於市に来て頂き、収穫体験、絵手紙、ゆず三昧調理、ゴッタン演奏・体験 等で楽しいひとときを過ごして頂きました。
 

 

  お昼には、ゆず三昧料理をご賞味頂いた後に、ゴッタン演奏鑑賞です20171031-0001.JPG

 

 

        ゆずについて農家さんの説明です(西留農園)20171031-0002.JPG

 

 

     柚子の収穫体験後、それぞれに絵手紙や和紙へ書いてます

201710-0003.JPG

 

20171031-0003.JPG

 

この後、「道の駅すえよし」で買い物をして、帰路に着かれました

彼岸花

| コメント(0) | トラックバック(0)

  道路脇や田んぼの畦道にきれいに彼岸花(別名:曼珠沙華)が咲いています。
彼岸花は、花を咲かせている時は、葉がないのも特徴で冬になってから葉を茂らせ、春に光合成をして、球根に栄養を蓄えるという。そして夏を迎える頃に葉を枯らせて休眠期に入り、かつ秋のお彼岸の頃に開花する。一般的な植物の成長サイクルと違うという点でも、不思議な花なのですね。..
 

    大隅町平木の田んぼの畦道、満開です(撮影日:9月25日)20170928-4214-0001.JPG

 

 

     大隅町竹山の道路沿い黄色い彼岸花です(撮影日:9月25日)20170928-4216-0002.JPG

 

 

   花びらのかたちがちょっと違いますね(撮影日:9月25日)20170928-4230-0003.JPG

 

20170928-4219-0004.JPG

 

 

      曽於市二之方(市役所近く)道路沿いですが、満開をちょつと
    過ぎていました(撮影日:9月25日)
20170928-4231-0005.JPG

    彼岸花の花言葉は色々ありました
     ・ 独立•情熱 ・ 再開・あきらめ ・ 悲しい思い出 ・ 想うはあなた一人
     ・ また合う日を楽しみに・・・・etc
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

最近のコメント

ショップに戻る
商品ラインアップ 黒豚 黒牛 ゆず フルーツ お茶 焼酎 お菓子 はちみつ 麺類 健康食品 バラ

アイテム

  • 2017.6.17-2018.01.08-001.JPG
  • 20180102-4651-005.JPG
  • 20180102-4646-004.JPG
  • 2010102-4643-003.JPG
  • 20180102-4636-0002.JPG
  • 20180102-4627-0001.JPG
  • 20171215-4538-0005.JPG
  • 20171215-4529-0004.JPG
  • 20171215-4519-0003.JPG
  • 20171215-4513-0002.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。